ふりかけ論争

●TBのお題から

「好きな動物は何ですか?」

犬とか猫とか。

ごく普通ですね。

リアルに触れ合う/飼う可能性がある(かもしれない)動物の範囲で。

子供のころ飼っていたせいか、コリー犬にはいつも反応します。

でっかい賢い犬が好き。


ああ、そういえば。

昔むかーし、「明るい青少年のための恋愛」というマンガがあったなあ。

BLなのかBLじゃないのか、その境界線にあった少女マンガ。

あれには「でっかい洋犬を飼うのが夢」という黒髪の主人公がいた。

ワケアリの根暗タイプ。

で、その “洋犬” に(結果的に)なったのが、金髪碧眼の美青年?だった。

タダシっていう名前の日本人だけど。

恋愛のような友情なのか、友情のような恋愛なのか。

つかず離れず、だけどお互いが運命の相手。

そういうスタンスは、まあ、「摩利と新吾」に通じるものがあったかも。

絵柄は正直あまり趣味じゃないけど、作品は好きだった。

ある意味ウマヘタ。

いや、あれはあれで完成されてたから、うまいんだと思う。

マンガ家としては非常にレベルが高い、そういう作家さんだった。

実際にお会いしたこともある。

(彼女に関して書きたいことはいろいろあるけど、それはまた別の機会に。)

今にして思うとこれ、『春抱き』のプロトタイプ的要素がありますね。

うむむ。

香藤くん=大型犬の連想は、それとは関係ないんだけどなあ。


動物の話題に戻ります。

見てるのが楽しいとか、意匠として好きとかいう意味なら、ペンギンやパンダ。

これもありがちか(笑)。

動画で見るレベルでいいなら、レッサーパンダやコツメカワウソもかわいいね。

クマは、どうだろう?

ぬいぐるみとしては可愛いと思うけど、実物に興味はないなあ。

野生動物のテレビ番組は昔も今も好きです。

テレビないからめったに見られないけど、「ダーウィンが来た!」はNHKの至宝かもしれない。

(あ、「世界ネコ歩き」も好きよ。)

以上。

・・・なんか、あまり面白くないですね(汗)。







●まさかの

ふりかけ殺人事件(未遂)があったと、ニュースで読みました。

ご飯にふりかけをかけるかかけないかで母子がもめて、包丁を振り回す騒ぎになったとか。

内容的には、depressingなものでした。

子供にとってあまりよい家庭環境ではないようです。

虐待が疑われる案件のようなので、ちゃかしていいものじゃない。

それを読みながら、ふと

「そういえば・・・」

一般論ですが、ふりかけが嫌い、というか許せない人っているよなあ、と思いました。

せっかくおかずをつくったのに、って。

なんで立派なおかずがあるのに、ご飯をふりかけで食べようとするのかって。

「このおかずが不満なのか」
「私のつくった料理にケチをつけるのか」

みたいに感じる・・・らしい。

これがね、わたしはまるでわからない。

ふりかけ、好きなんですよ(笑)。

料理をするのも好きだし、白いご飯をふりかけで食べるのも好き。

この二つは容易に両立するはずなので、なぜ

ふりかけを欲しがる=おかず(料理した人の苦労)の否定になるのか、皆目わからん。

ふりかけが許せない人は、梅干しやお新香もダメなの?

わたし的には、おおまかに全部おなじくくりだけど、違うのでしょうか。

そりゃ、かけるべきではないときにふりかけに執着するなら、ダメなのもわかります。

カレーライスとか、お寿司とか。

そういうときは通常、ふりかけは要らないから。

あるいは、塩分の摂りすぎがよくないっていう理由なら、それもわかります。

ふりかけやお茶漬けの素って、たしかに味が濃いものね。

(わが実家には、母のお手製のふりかけやゆかりがあったけど。塩分ひかえめ。)

でも、それ以外ならいいと思うけどなあ。

というか、何が悪いのかわからない。

ご飯と、汁物と、おかずと、副菜と・・・って、食卓に並ぶとしましょう。

おかずや副菜を食べながら、バランスよくご飯も食べる。

汁物も飲む。

おかずの種類によっては、白飯がすすむものもある。

(ひとによって違うだろうけど、焼き魚とか、餃子とか、豚肉の生姜焼きとか。)

そういうときは、おかずとご飯がジャストのタイミングでなくなったりする。

ふりかけ、出番なし。

逆に、白飯があまり減らないおかず、ってのもあると思うのです。

おでんとか、肉じゃがとか、ちょっと甘い系のものとか。

コロッケみたいに、ソースで食べるものも。

これもきっと個人差があるんだろうなあ。

※おでんや肉じゃがはおかずじゃない、という人もいると思いますが、わたし的にはおかずなので(笑)。

そういうときも、ご飯と一緒には食べてるのよ。

食べてるけど、でもご飯がすすむ・・・ってほどじゃないんだよなあ。

おかずが美味しいかどうか、は関係ない。

おいしいに決まってる。

そこは誰も問題にしてない。

純粋に、ご飯がすすむおかずかどうかの話。

おかずだけ先になくなる時もある、それだけ。

で、白いご飯が残ると、それはそれでウキウキします(笑)。

ふりかけの出番じゃんか、って思うから。

(お新香だったり、梅干しだったりすることもある。)

ご飯タイム終盤のおたのしみですね。

最後に味が変わる。

それはそれで楽しい。

こういう状況でも、ふりかけ=おかずの否定、になるんでしょうかね・・・?

まるっきり次元が違うと思うのですが、さて。


ああ、そうか。

今ふと思ったけど、ふりかけが許せない人は、

“食事を味わう前から、いきなりご飯にふりかけをかける行為”

にカチンと来るのかもしれない。

まずはおかずで食べろよ、って。

なんで最初っから問答無用でふりかけなんだよ、って。

そういうことなら、そのイライラはわかります。

たとえば、おかずに箸もつけないうちから、醤油だのラー油だのをぶっかける人がいるよね。

味も見ずに、いきなりドバー。

「おいおい!」

ちゃんと調味してあるんだよ、それ。

つくった人に失礼では、って思う、それと同じような感覚なのかもしれません。

それなら、ふりかけが許せなくても当然だわ。

―――って。

なんとなく、勝手に自己解決したような・・・(汗)。







●今日も

暑い

明日もたぶん暑い

でも、なんとか生きよう。

最後に、まーくん苦悩。

がんばれ。

錦織くんスゴイ。

やっぱりこの人はすげー。

そして、なんだこの怪物。

15歳?16歳?の清宮くん。

「え、清宮? ワセダの清宮って、あれ? ええ!?」

ラグビー好きなら、反応する名前だ(笑)。

期待と注目につぶされないことを祈る。

では、またね。。。


【10/08/2015 22:23】 スポーツ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム