ダンボーと散歩

●今日は

日中の気温が30度まで行ったか行かなかったか、くらい。

「涼しい」

なんて言わない(笑)けど、そこそこ過ごしやすかった。

身体への負担はだいぶちがう気がします。

キッチンでの滝汗リスクは、以前より低め。

シャワー後のドライヤーの恐怖も、若干やわらぎました。

それだけでほっとする(笑)。

夜の気温がすこーし下がりつつあるのもいいですね。

それでも25度あれば 「熱帯夜」 なんだけど。

いっちばん辛い時期は去った・・・のかな???

いや、まだ安心するには早いか。

油断大敵。



DSCF0752mssf.jpg



DSCF0778ssf.jpg



DSCF0789ssf.jpg


お盆前後、つまりここ数日の空です。

秋の空・・・には、まだ早い。

でも、真夏の空ともちがうように見えました。

今後はひと雨ごとに、秋の気配が濃くなっていくのでしょう。

ふふふ。

楽しみ。







写真

ダンボー、その他。



DSCF0722sssf.jpg


しかし、かわいい・・・(笑)。

ぽかーん。

なーんも考えてない、頼りなげな感じがかわええ。

愛い奴じゃ。




DSCF0733mssf.jpg



DSCF0737msssf.jpg


※よいこは線路に入ってはいけません。




DSCF0741msssf.jpg


このダンボーは身長が10センチ。

小さくて手のひらに隠れてしまうので、持ち歩いてもあまり邪魔にならないのがミソです。




DSCF0755sssf.jpg


置いて行かないで、みたいな感じ。

この写真を撮っているとき、近くに幼児がいました。

2歳くらいかなあ。

わたしがベンチにダンボーを置き、カメラを構えて数歩ほど下がる。

何枚かパシャパシャ撮る。

と、その子がためらいがちに、ぽてぽてと近づいてきました。

ダンボーに興味をひかれたんでしょう。

(親の姿が見えなかったけど、あたりの個人商店で買い物でもしてたのかも。)

咄嗟にダンボーをつかみ、わたしは退避しました。

「ばいばい!」

イジワルだったね、ごめんね。

って、ジェスチャーだけで。

その子はあれれ、みたいな顔つき。

一瞬のことだったので、状況が呑み込めなかったのかもしれません。

きょとん。

可哀相だったかもなあ、とは思う。

子供は好きなので、事情が許せば遊んでもいいんだけどな、というのが本音。

貸して(触らせて)あげてもよかったんだけど、なんとなく、リスク回避に走ってしまった。

過剰な反応だった?

一旦さわらせて、すんなり返してくれるかどうかわからない。

親がどこにいるのか、どんな人間かもわからない。

モンスター・ペアレントとか、噂には聞きますものね。

万が一そういうタイプにあたって、不審者あつかいされたらいやだ。

(親の目を盗んでおもちゃで幼児を釣ろうとした、みたいな。)

・・・考えすぎかもしれないけど、でも、このご時世。

余計なことまで考えちゃうわけです。

複数のカメラを持って歩いてるのも、時と場合によってはアヤシイとか言われかねないし(汗)。

これって、すでに

“ネットで流布する根拠のないネタばなし”

に影響されてる、ってことなんだろうか?

こういうとき、どういう判断がふつうなのか。

自分のリスク感覚が過剰なのか、そうでないのか。

正直よくわからなくて、悩むことがあります。

カメラとおもちゃを持ち、買い物用のリュックを背負った徒歩のオバチャン。

調べてはじめてわかることではあるけど、オタク属性あり。

・・・ねえ。

一般的に見て、どのくらい 「アヤシイ存在」 としてのポテンシャルを秘めてるんでしょう。

世間からあやしいと思われるかもしれない、と考えること自体がオカシイのか?

わからないよなあ。

(わたしが男性だったら、不審者とみなされるリスクは一気に上がると思うけど。そういう点ではたしかに、男はつらい。)

たぶんその場にたくさんの目があったら、もうちょっと安心したかもしれない。

知り合いも多い地元だったら、また意識がちがったかもしれない。

たまたま人通りもなく(だからこそダンボーの撮影ができるわけですが)、親の姿も見えない。

お盆やすみの最中の、白昼の死角?みたいな感じ。

知らない(見たこともない)幼児と、偶然ながら二人きり。

(迷子ならそれはそれで、まったく別の対応をするけど、そういう状況には見えなかった。)

うむむ。

反省点を挙げるとすれば、

「最初からその子供の存在に気づいていたら、ダンボーを出さなかったのに」

ぐらいでしょうか。

なんか、いろいろむずかしい。







●そういえば

Google、「Android 6.0 Marshmallow」を発表 ファイナルSDKもダウンロード可能に

ましゅまろ・・・(笑)。







●では、

またね。。。


【18/08/2015 23:56】 写真☆カメラ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム