秋霖 (と永青文庫ツアーのお知らせ)

●それにしても

ホントよく降るなあ。

秋の長ってのは、こういうのをいうのか。

秋の村(むらさめ)、秋霖(しゅうりん)とも。

俳句の季語としてはきれいだし、雰囲気もあって好きなんだけどねえ。



WS000884.jpg



このところずっとばっかり。

うーんざり。

じめじめに、木曜日は気温もやや復活。

そのせいで鬱陶しい一日でした。

予報によれば、金曜日から土曜日にかけては晴れ。

からりと晴れてほしいものです。

(残暑のぶり返しはナシで。)

その後はでも、ふたたびの毎日・・・らしい。

ぐえ。



WS000886.jpg



いやあ、へんな天気図だ(笑)。

まともに晴れる気がしないや。


このところ、本当に日の暮れるのが早くなりました。

天気が悪いせいもあるけど、さすがは秋だ。

つるべ落としだ。

「夏も終わりだねえ・・・」

うっかり感傷に浸ってしまいます(汗)。

秋の夜長を今ひとつ実感できないのは、夜のが多いからか。


すすきや曼珠沙華、月を撮りに行きたいものです。

そろそろ、いいはず。







●そういえば

永青文庫の春画展

http://www.eiseibunko.com/shunga/

いよいよ、これも開幕です。

公式サイト、ちゃんと更新されててよかった。

今のところ不穏な騒ぎは聞かないので、つつがなく開催されるものと信じたい。


なお>>

既報のとおり、9月末~10月初めごろの鑑賞ツアーを企画しています。

土日しか行けない仲間が多いことを考えると、

9月26日、27日、

10月3日、4日、

あたりが候補になりますね。

この4日でどうしても調整がつかない場合は、11月に延期します。

※お茶会は10月31日。

ツアー詳細は未定ですが、

現地集合 → 展覧会鑑賞 → 優雅なランチかお茶 → 解散 (有志は夜あり)

という感じだろうと思います。

参加をご希望の方は、

①9月6日までに、参加の意思を表明してね。

②折り返しスケジュール管理サイトのURLを送りますので、参加可能日を書き込んでね。

よろしくお願いします。

なお、チケット購入は個々で事前にすませておいて下さいね。

当日券は1500円。

前売り券だと1300円、あるいはペア券2500円です。

前売り券の発売は9月18日までなので、お早めに。

「ペア券買っておくから、誰か半分こにしない?」

という参加者がいらしたら、わたしがしゃしゃり出てよければ調整します。

先着順で、○○さんと△△さんがペアね、みたいな。

声をかけてください。

わたし抜きでペアをつくるな、とか言ってるわけじゃないよ、もちろん!

どんどん直接交渉してください(笑)。







●では、

またね。。。


【04/09/2015 03:37】 気象・自然 | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム