静かにはなったけど

●まったくもって

非常な一日でした。

本当に異様だった。

みなさまはご無事だったでしょうか。



茨城・鬼怒川で堤防決壊 広い範囲に大きな被害

栃木 鹿沼 土砂崩れ現場で人を発見 救出急ぐ

電柱につかまり救出の男性「俺ももうダメかと」 鬼怒川

鬼怒川決壊…9人不明、住宅多数が流される



WS000941.jpg


WS000942.jpg


WS000943.jpg



あらためて見て、いかに大規模な災害なのか。

どれほどの命や財産が失われたのか。

戦慄するしかありません。

が降る。

―――という、ごくふつうの自然現象。

それがときにこれほどの脅威をもたらす怖さを、あらためて実感しました。

(去年の広島の大による土砂災害のときも、似たようなことを考えたかも。)

広範囲におよぶ水の被害。

それをライブ中継で、リアルタイムに目撃してしまうという意味では、震災のときに酷似している。

ひたひたと迫る津波を、それが街ごと呑み込む様子を、ただただ画面で見ていた。

いやでも思い出してしまった。

わりと本気で怖かったのだと思います。



地元の避難指示と勧告は、夕方も遅くなってようやく徐々に解除されました。

急斜面の土砂災害リスク自体はそのまま、のようです。

いつの間にか、も上がった。

虫の声の聞こえる静かな夜に戻っています。

さんざんブログにあれこれ書いたせいで、心配してくださった皆様。

ありがとうございました。

お騒がせしてごめんなさい。

町内にはたしかに大きな川も水門も崖もあるけど、うちは幸い危険エリアではありません。

(同じ自治体の中には、床上浸水など深刻な被害が出た町もあるようです。)

ものすごい量でしたけど、それだけ。

実際に差し迫った危険は(おそらく)ありませんでした。

と、今なら言える。

幸運だと思わなくてはいけないですね。

栃木や茨城には親戚が―――遠戚というべきか―――ありまして。

子供の頃はつきあいが濃かったため、少し過敏になっていたかもしれません。

耳慣れた地名がニュースで聞こえてくるたびに、肝を冷やしました。



今回、こわいと感じたこと。

「あり得ないくらいのどしゃ降り」は実際にはあり得る、ということ。

普通そんなに降るわけがない、という思い込みは何の役にも立たないこと。

震災のあと、一生懸命になって用意した避難用リュック。

その中身をずいぶん長いことチェックしていなかったので、今回いざ

「え、もしかして、真夜中に避難するの・・・?」

という可能性が浮上した際に、多少うろたえてしまったこと。

油断というか、単にアホですよね。

非常持ち出しバッグを常にアップデートしていなければ、まるで何の意味もない。

「常に」不安なくさっと持ち出せないなら、あっても無駄です。

震災の直後は、夏と冬とで着替えを入れ換え、食糧や水も消費期限をチェックしてたのに。

いつの間にかほったらかしていた。

震災後の危機意識が薄れてしまっていたのだと、あらためて反省しました。



ああ、もうひとつ。

今回の大の怖さね。

台風が来たわけじゃないのに、それでもこれだけの甚大な災害を引き起こしたこと。

台風の影響なのはわかる。

でもそれは、間接的な印象です。

台風そのものは、関東には来てないから。

ふたつの台風が日本を目指していたけど、ひとつは大きく東に逸れた。

もうひとつは近畿~中部に上陸したあと、北上して日本海に抜けた。

関東地方は直接かすってもいない。

多少の風はあったけど、本気で心配するような事態はなかった。

台風、来なかったねえ」

温帯低気圧に変わって、北のどっかに去っていた。

やれやれ終わったと思った、そのあとで豪雨がはじまった。

そこがなんとも不気味に感じました。

「栃木? 埼玉? 茨城?」

素人の感覚でいうと、なんでそこで降るの、というか。

予想できない事態が起き、あまつさえ急速に悪化した。

それが怖かった。


WS000959.jpg


WS000940.jpg


WS000944.jpg



終わった、と思ったのは浅はかでした。

首都圏ではようやく嵐がすぎたけど、単に雨雲が移動しただけだった。

http://www3.nhk.or.jp/news/live/

今は東北が大変なことになっているようです。

宮城に大雨特別警報とか、氾濫の情報があるとか。

ひどいことにならなければいいのですが。



最後に>>

災害救助の人たちも本当に命がけですね。

警察も消防も、自衛隊も海上保安庁も。

(ヘリでの救助、一部では深夜も行われているとか。)

めったに表には出て来ないけど、県や市の職員も徹夜で対応に追われていることでしょう。

彼らだって家族が心配でしょうに、それどころじゃないよね。

気象庁も国土交通省も担当者は詰めっきりだ。

みんな無事に、何事もありませんように。







●では、

またね。。。

【11/09/2015 03:43】 気象・自然 | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム