案外いける

●なんだか

連休、やばいです(汗)。

すっかり気が抜けて、ダラダラと無軌道にすごしている感じ。

これではいかん。

なんか少しでも建設的なことを。

・・・というわけで、明日は出かけよう。

うん。

ちゃんと。

と決めて、カメラを充電しました。

おし!(笑)

小鳥さんはやや気が乗らないご様子ですが、たぶんついてくる。

しょうがなく来てくれる、はず。

なんでも主治医に、もうちょっとまともに運動しないと老後に困るよ、と。

本気でおどかされたそうです。

軽くていいから、継続的な運動。

彼女は超スリムだし、とくに健康上の問題はないみたいですが、やはりね。

年齢なりの疲労とか、体力低下とか、あるじゃない。

だからってゴロゴロ寝てばかりでは、(だれでも)退化するばかり。

今後はよりいっそう、基礎体力が大事になるね・・・(汗)。

うぐぐ。

なんか、そういう理由で出かけるんかい!

ヾ(´▽`;)ゝ

がんばろう。







●今さらかも

しれませんが、広告ブロックソフト。

日常使いのブラウザに入れてみました。

Firefoxのアドオン機能に追加してみた、というべきか。

(ほかのブラウザにも似たようなアプリがあるはず。まず無料だし。)

最近どこの商用サイトも、有名ブログも、派手な広告が多すぎるでしょう?

キラキラ、ちかちか、ピカピカ目にうるさい。

スライドショー、うざい。

勝手に映像や音声が始まったり、いきなり全画面にポップアップしたり、拡張したり。

「おいおい・・・!」

あわてたりムカつくこと、一度や二度ではありません。

広告そのものを嫌うつもりはない。

広告主がいるからこそ、無償で提供されているサービスは多い。

でも、あの手この手で目を引こうとして、ピカピカちかちか、ひどすぎる。

迷惑以外の何ものでもなく、逆に視聴者の反発を招いてると思うの。

なんで、あんなにセンスが悪いかね・・・(汗)。

で、とりあえずアドブロックを入れてみました。

するとあら不思議、メジャーなサイトのうるさい広告がほぼ消えてる!(笑)

勝手に始まるフラッシュ動画や音声もない。

目にやさしい。

「意外といけるんじゃ・・・」

すっきりして、ちょっと嬉しい。

ただし、あんまりブロックしすぎて、ページのレイアウトが崩れてしまったり。

見たい(見てもいい)映像まで消えてしまって、焦ることもあります(笑)。

そのあたりはサイトごとに、何をどこまで許可するか、個別指定するしかない。

つまりカスタマイズね。

そこが少々、めんどくさいのは事実です。

とはいえ、便利なソフトではある。

何種類もあるので、それぞれの使用感を試してみるのもいいかも。

ポータルサイトやニュースサイト、まとめサイトの派手な広告。

それにイライラしてる方は、広告ブロックソフト、入れてみる価値はあるかも。







ラグビー

ワールドカップ

すっかり大興奮で、申し訳ないです(汗)。

今日、あたらしい世界ランキングが発表されました。

3位だった南ア、いきなり6位に転落。

13位だった日本、一躍まさかの11位に。

(テストマッチのポイントの集計なので、先日の試合だけが理由ではないと思う。)

日本と同じプール(予選リーグ)にいるチームに限ってみると、

スコットランド 12位
サモア 10位
アメリカ 16位

・・・なんだってさ。

わお。

ランキングがすべてじゃないのは100も承知だけど、この数字だけ見ると、

「日本、本当に予選リーグを突破できるのでは・・・」

などと、大それた希望を持ってしまう。

スコットランドより上位にいるとか、ちょっと信じられません。

ひょええ。

次の試合は、グロスターで対スコットランド。

スコットランドはこれが初陣。

南ア戦から数日しか経ってない日本は、疲れが問題になりますね。

ただしそれは、あの大一番を制した興奮&自信と抱き合わせだ。

勢いに乗ってる上に、地元ファンはほぼ100%日本を応援するでしょう。

グロスターってのは、イングランドの心臓部みたいなもん。

スコットランドにとってはアウェイもアウェイ、完全なる敵地なのです。

先日ブライトンで世界のラグビーファンのハートを掴んだ日本を、かなり熱心に応援するんじゃないかな。



※解説

このあたり、歴史をもろに反映した 「イングランド vs スコットランド」 のながーい確執があります。

イングランド、スコットランド、ウェールズ、アイルランド。

実際には「イギリス」を構成するこの国々が、なぜサッカーとラグビーに関しては

“完全に別の国”

の扱いなのか。

他の国から見ると、理解不能だろうと思います。

というか、サッカーワールドカップのときもそうだけど、

「同じひとつの国(イギリス)から、地区予選に3チームも4チームも出場するって卑怯!」

そう感じる人は多いと思う。

ずるいと思わない人でも、ちょっとでも脳みそがあれば、

「それぞれの国のトップ選手をかき集めたら、もっと強い “イギリス代表チーム” が出来るのに」

過去を引きずって反目し合って、バカじゃないの?

―――って。

理性的に考えれば、まさにその通りなんですよね。

でも、これはねえ。

如何ともしがたい、本当にどうしようもない問題なんだわ。

武力によって圧倒され、無理やり併合された国家のプライド。

征服者と被征服者の対立。

根本的すぎて、うやむやにできない。

「俺たちはイングリッシュじゃねえ」

という自意識を変えるのは、不可能だと思う。

一応いっておくと、普段いつもそうやっていがみ合ってるわけじゃないのよ(笑)。

日常生活はごく普通に、穏やかに、ほぼ人種の差など気にせずにやってる。

国境なんかないに等しい。

利便性、経済活動を優先させる合理性をちゃんと持ってるの。

近代教育の賜物ですね。

(だからこそ、スコットランド独立の可否を問う国民投票でも、最終的には独立反対派が勝つわけだ。)

いざ自分の生活がかかってると、みんなやっぱり現実を見る。

そう言ってもいいかも。

だが、しかし。

それがスポーツの世界になると、ガラリと様相が変わります。

サッカーしかり、ラグビーしかり。

(ちなみにイギリスでの呼び方はそれぞれ、フットボールとラグビーフットボールね。)

ふだんは理性と教養で抑制している、反イングランドのパッション。

それが溢れ出し、愛国心によって増幅され、一気に爆発します。

イングランド対スコットランド。

このカードには、いつ暴動が起き、血を見てもおかしくないほどの緊張感がただよいます。

今でも、ええ。

(実際、低レベルの暴力沙汰はよくある。パブでのケンカとか。その程度で済めばいいって感じで。)

一種のガス抜き、うっぷん晴らしでもあるのかもね。

とてもじゃないけど、外野には理解できないほどのテンションです。

この執念、あっさりした日本人にはついていけないかも。

「確執はわかるけど、昔の話じゃん・・・」

そう思うイギリス人も、もちろんいるんですけどね。

過去は水に流す・・・という発想は、あんまりないよ。

これにクラス(階級)と宗教がからむと、さらにめんどくさいことになります(汗)。

ラグビーは中流階級(以上)のスポーツ。

サッカーは労働者階級のスポーツ。

そういうイメージ、今でもある程度あるからなあ。

(タブーというか、普段それが口に出されることはないけど。)

と、まあ。

そういうわけで、元の話題に戻りましょう(笑)。

日本がスコットランドと対戦する場所が、超イングランドな土地。

Gloucesterと書いて、グロスターね。

(ちなみに有名な大聖堂があり、ハリー・ポッター映画の撮影にも使われたりした。)

スコットランドのサポーターも大勢いるだろうけど、観衆はイングリッシュのほうが多いでしょう。

どっちを応援したくなるか。

そりゃもう、火を見るよりも明らかです。



※補足

アイルランドについて。

イギリス連合王国を構成するのは、北アイルランドのみ。

南のアイルランド共和国は、もちろん別の独立国です。

ですが、サッカーなどでは、「全アイルランド」で代表選手が選ばれる。

つまり北アイルランドは、南の =まったく別の国である= アイルランドと組むわけですね。

政治上の国境よりも、民族としてのアイリッシュが優先される。

これも特異な歴史に根差した、ある意味ねじれ現象なのかも。







●あれ

なんか、イギリスの歴史の話になってしまった(汗)。

このあたり、語り出すとわたしはエンドレスなので、この辺でやめておきます。

では、またね。。。


【22/09/2015 04:16】 PC・デジタル関連 | Comments (1)
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2015/09/30 01:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム