アオサギに出逢う

●TBのお題から

「シルバーウィークは何をして過ごしましたか?」

若干のお散歩と、過剰なダラダラ。

・・・を、吹き飛ばすほどの大事件(深夜の水漏れ騒動)。

これ、当分は忘れられないっしょ(苦笑)。

どう考えてみても、あんまりやで。

人生ながーく生きてればいろいろある。

とは思うものの、こんな経験はしなくて済めばそのほうがいいよ(汗)。

唯一ポジティブなことがあったとすれば、人間かなあ。

騒動を通して知り合った/近しくなった人たち。

月並みな表現ですが、みなさん本当にいい方たちでした。

ほかの住人も、大家さんも、給湯管を直してくれた職人さんもね。

復旧プロセスでいやな思いをしなかっただけで、本当に救われます。

なお>>

お見舞い激励慰労その他いろいろ、本当にありがとうございました。

まだ完全に元通りではないにせよ、おおむね問題なし。

この程度で済んでよかった。

そう思っています。

いつか笑い話になりますように。







●中の名月は

空振りしました。

雲がおおくてダメだったよ。

明日に賭けよう・・・!







●代わりに?

シルバーウィーク中でいっちばん晴れた日の写真を。

ちょっとだけ。



P9222919ssff.jpg


散歩に出かけたら、思いがけず遭遇した巨木。

木の種類にはうといので、何なのか不明(汗)。

・・・しらべておきます。



P9222926ssff.jpg


雲ひとつない、清々しく晴れた日でした。

汗ばむほどの陽気。



P9222946ssff.jpg


P9222949ssff.jpg


ですからね。

曼珠沙華があっちこっちに。

この花の写真は、また別の機会に。



P9222960ssff.jpg


気づけは、柿の実もなっていました。

梨はほとんど終わっていた(収穫の後)。

本当にだなあ。



P9222979ssff1.jpg


P9222979ssff2.jpg


いつもの自然公園に来ました。

いつもの・・・といっても、夏の間は来なかったので久しぶり。

「お!」
「お?」

珍しくも、小鳥さんが真っ先に見つけました。

「とり!」

百日紅の樹の下。

わかりますか?



P9222980m1ssff.jpg


P9222980m2ssff.jpg


「おお、アオサギだね」

自信たっぷりのわたし(笑)。

この大きな公園で鳥の写真を撮るようになって以来、サギとカモには詳しいもんね。

(と書くとえらそうですが、もともとサギの種類はあまり多くない。全部すぐに覚えられるくらい。)

「詐欺とカモとか、縁起でもない。犯罪者かよ」

いやいや。

そういう意味じゃないから(汗)。

「詐欺」 じゃなくて 「鷺」 だから。

サギの仲間を見つけよう

うーん。

犯罪グループでもつくるんかい・・・(汗)。



P9222982ssff.jpg


P9222985ssff.jpg


ああ、ホントにアオサギだ。

でも、全体的にくすんだ灰色。

アオサギの特徴である黒い冠羽がない(目立たない)。

アオサギは白い羽と黒い羽のコントラストに加え、灰色がかった青い羽を持っている。)

おそらく子供、なんですね。

ヒナではないけど、まだ若い個体。

調べてみると、巣立った若いアオサギが完全な大人のカラダになるまで、2年~3年かかるらしい。

この子はまだその途上なんだろうと思います。

がんばれ。



P9222995ssff.jpg


え、青くないのになぜアオサギか?

うむむ。

画像検索をするとわかりますが、羽を広げるとね、青く見えなくもないよ(笑)。

けっこうきれいです。

ブルーというより、くすんだ灰色がかった青。

「蒼」という感じですが。

ブルーグレーの万年筆のインク、あんな感じ。

ほかのサギと比べて、いろんな色を持っていてお洒落に見えます(笑)。

そして、でかい。

羽を大きく広げたら、ゆうに1メートルはあるんじゃないかな。

その姿は優美で美しい。



P9222995ssff2.jpg


この日は望遠レンズを持っていなかったため、これが限界。

(これでもトリミングしすぎて画質が粗いけど。)

エサを取ったはいいけど、四苦八苦していました。

食べにくかったようです。

ズームのもっと効くレンズなら、かなり肉薄できたのになあ。

残念。

この日、この広い公園のほかの場所でも、アオサギを見かけました。

別の個体ね。

もうちょっと寒くなると、オオサギあたりも見かけるようになります。

大型のサギが街中に飛んでくるなんて、けっこうスゴイことかも。

(オオサギ、アオサギは、白鳥と同じぐらいのサイズです。)

・・・と思ったけど、あれだ。

上野や亀戸天神でもサギは見るから、都会にも案外いるものなのかも。







●では、

またね。。。


【28/09/2015 05:19】 写真☆カメラ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム