わお・・・ 主将すごい (追記あり)

●とんだ

贅沢な望みだとは知りながら。

それはわかってるけど、でも

「惜しい・・・!」

思ってしまったよ。







ラグビーワールドカップ

サモア 5-26 日本

見ましたよ。

気合たっぷり、かつ規律あるいい試合でした。

サモアに勝つってだけで、大したもんなのに。

(これで対戦成績はやっと日本の4勝11敗。)

快勝なのに、なんか・・・ね?

微妙にもやもやが残るのは、どういうことだ(笑)。

ボーナスポイントが欲しかった。

それより何より、もうちょいトライが見たかったからかも。

いや、贅沢なんだけど。

でも、こうさ、なんていうの?

トライにしかない 「突破した!!」 爽快感を、もう少し味わいたかったというか。

このチームならもっといけたはずだ、みたいに。

そう思っちゃうからかもしれません。

うぐぐ。

点差でもポゼッションでも勝ってるのに、なーんか押されてた感があるからか。

後半の失速感・・・?

(ひとつを除いて)相手のトライを阻止はしたものの、ひやりとする場面があったからか。

サモアをこてんぱんに倒したというより、サモアがミスで自滅したみたいだからか。

(むろんミスを誘うのも、自らをきびしく律するのも、日本チームのチカラなんですけど。)

よくわからん。

※せっかくの勝ちに文句をつけてるわけじゃないです。



rugbyworldcup2015-poolB.jpg



いや、でもスゴイ。

エディーのチームはすごい。

3試合を終えて、2勝1敗で暫定2位。

日本の下に南アがいるという、信じられない順位表です。

実況中継&解説のイギリスのおっさんたちが、

「いや、これマジで、日本がベストエイトに行ってもおかしくないよね」

「日本の大躍進を見る限り、その権利はあるように思う」

「いっそ行くべき」

と、興奮気味にいう程度にはスゴイ。

実際にどうなるかは、まだわからないけど。



そしてもうひとつ。

マイケル・リーチという主将。

この人、本当に凄い人だとしみじみ思うようになりました。

まだ26歳!だそうだけど、なんつうか、素直に尊敬する。

敬意を表するに足る、というより余りある人物だと思います。

すげえ。

勝利への執念も気合も根性も忍耐も献身も、頭脳も寛容さも視野の広さもみんな持ってる。

(気がする。)

もっと年配の選手も多いなか、彼が主将に選ばれたのがわかる。

(気がする。)

誰よりも身体を張って、誰よりもしんどい仕事をし、誰よりも勝とうとしてる。

こんな凄い人が中心になってチームをまとめたからこその、今の日本代表の強さなんだろうな。

日本チームが「ガイジンだらけ」とか言ってるアホは、彼の闘いっぷりを見ればいいと思うよ。

バカなこと言えなくなると思う。

そのくらい圧倒的にすげえ。







●ともあれ

今日はこれから、スコットランドと南アの試合があります。

本来なら、プールBの天王山。

南アが初戦で日本に敗れたことで、この試合の意味は大きく変わったと思います。

スコットランドが勝てば、3戦全勝でたぶんベストエイト決定だよね。

南アが勝つと、日本とスコットランドと南アがみんな2勝1敗で並ぶことになる。

・・・けど、そんな単純じゃないか。

どっちにしても日本には、自力ベストエイトはない、らしい。

次のアメリカ戦に勝つこと。

それも、ボーナスポイントをゲットして勝つこと。

そこまで達成してはじめて、なんとかベストエイトの可能性があるかも、だって。

(あるかもというのは、スコットランドと南アの試合結果いかんだから。)

きびしいやね。

仮に3勝してもなお決勝トーナメントに出られないって、けっこうキツイ。

そういうルールだからしょうがないけど。

うぐぐ。







●というわけで

では、また。。。








☆追記☆


①データ

公式記録から。

今回のワールドカップの、今までの全試合の記録です。


WS000973.jpg

WS000974.jpg

WS000975.jpg

WS000976.jpg


おわかりでしょうか。

あくまで現時点での集計ですが、日本の選手がトップにいます。

全勝のチームや、すでにベストエイト入りを決めたチームもある。

それなのに、決勝トーナメント進出も微妙なチームの選手がこれだけいる。

凄いことだと思います。

五郎丸くんのキック精度に感嘆してるのは、日本人だけじゃない。

トップではなくて3位だけど、ルーク・トンプソンのタックル数もすごい。

そして、馬車馬のようにひたすら前に進むキャプテンの活躍、こんなところで見えてきます。

軽量で不利といわれる日本が、いかにうまく機動力を使っているのか。

そしてそれを支える、フォワードの渾身の推進力。

データの上からはっきり見える気がします。

エディジャパンの勲章ですね。




②あうう・・・

想像してた通りだったけど、あーあ。

南アはスコットランドを撃破。

これで日本を含めて3チームが2勝1敗。

ポイントでは日本がいちばん不利です。

1点、2点が大事になってくるので、今までいちどもボーナスポイントをもらってない日本には痛い。

日本だけの観点でいえば、スコットランドが全勝で勝ち上がってくれたほうがよかった。

が、そんなん、南アが許すわけないよなあ。

ここで負けたら予選敗退(たぶん)という、背水の陣だったから。

うーん。

あとは日本の強運を信じるしかないか。




③そして・・・

イングランドは本拠地トゥイッケナムで、オーストラリアに敗戦。

それも 13-33 という惨敗です。

開催国ですが、これで予選敗退が決まってしまいました。

ベストエイト進出を決めたのはオーストラリアとウェールズ。

どよよん。

暗い。

プールAはもともと強豪ぞろいで、死のプールとか言われてました。

オーストラリア、ウェールズ、イングランド、ウルグアイ、フィジー。

とはいえ、勝つ気まんまんだったのよね。

オーストラリアはともかく、ウェールズに後塵を拝するとは思ってなかった。

それが、この結果だもんなあ。

(直接対決で、僅差で敗れています。)

さっきオーストラリア戦を見たけど、なんだろう。

途中までは食い下がってたんだけど、最後はボロボロだった。

集中力が途切れてミスを連発。

相手にペナルティを何度も献上して、あえなく自滅した印象でした。

「これじゃ勝てないよ・・・」

イングランドびいきのわたしですが、乾いた笑いしか出なかったわ。

かなしい。







●というわけで

では、またね。。。


【04/10/2015 06:31】 スポーツ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム