いろいろ

●TBのお題から

幼馴染みいますか?」

うん、いるよー。

たぶん。

たぶん・・・(笑)。

「子供のころからの友達で、今もつき合いが続いてる人」

って感じでいいんだよね?

(いくら竹馬の友がいても、現在までつきあいが続いていなければ意味がないと思うんですが、どうでしょう。)

たぶん、というのは、彼女と知り合ったのが12歳のときだからです。

中学一年生。

おなじ部活、ちがうクラス。

そのまま高校まで6年ずっと、一度も同じクラスにならなかったなあ。

ごく親しい数人のともだちのひとり。

今でもつきあいのある友人たちのうち、いっちばん長く知ってる相手です。

―――で、アレだ。

中一というのが、ミソなのです。

幼馴染み」というと、もうちょっと小さい頃に知りあったイメージですよね。

わりと一般的に。

中学からのつきあいを、はたして「幼馴染み」と呼ぶんだろうか?

疑問がないではないけど、でもいいじゃないの(笑)。

考えてもみてください。

12歳とか13歳って、今の自分たちから見れば完全にコドモです。

ガキです。

ええもう、オコチャマもいいところ。

初恋の相手がどうとか、クラスの誰くんやだれ先輩がカッコいいとか。

どの先生が好きとかどの先生が嫌いとか。

そういう話が、世界でいちばん重要かつ深刻な話題だったころからの知り合いです。

親兄弟も含めて、おたがい全員知ってる。

交換日記もしたし、旅行もした。

一緒にいろんな「はじめて」を体験した。

インターネットや携帯電話が普及する前までは、それこそ何十通、何百通の手紙のやりとりもあった。

(大学から先は進路も職業もまるで違ったので、遠距離ベースのつきあいが多かった。)

そういう時代を経て、ゆうに30年以上でしょう?

そんだけ長いことつきあってて、幼馴染み以外の何だというの(笑)。

ほかに呼びようがない、と思います。



不思議なことに、じゃあ親友かっていうと、それも微妙にちがう。

そういう認識とはちがうんだなあ。

いや、中高時代は親友でした。

あるいは、親友のひとりだった。

でもそれ以降は、気の置けない友だちのひとり。

旧友とよび、幼馴染みと呼ぶ唯一の相手。

「格下げ」ではなくて、もともとそういう性質のつきあいだったような気もします。

ベタベタした近すぎるつきあいは、意図的に避けていたような。

なんというか、めちゃくちゃに気安いのね。

一緒にいるとほっとする。

見栄を張ったりカッコつけずに済む、まるで気負わなくていい相手。

本音はいったり、言わなかったり。

ときどき会ってそれで満足。

・・・ま、そういう感じです。



ちなみに、幼稚園の頃からの知り合いがひとり。

豊中にいます。

池田では、同じ幼稚園に通っていました。

今でも、まあ、ケータイの連絡先ぐらいは知ってる。

歴史(=何十年前に知り合ったか)だけでいえば、ダントツのナンバーワン。

しかし、どうなんだろう。

昔からの知り合いではあるし、好きか嫌いかでいえば、もちろん嫌いじゃないよ。

信頼してないわけでもない。

でも、友だちとしてのつきあいは、とうの昔に絶えてしまった。

気持ちの上では、そこは終了しているんですよね。

ケンカしたとかじゃなくて、単なるフェイドアウト。

(一緒にいたのが小学校2年生までなので、しょうがないかと思う。)

本当に、年賀状だけのつきあいになってるから。

彼女とわたしが今も(かろうじて)繋がっているのは、母親同士が友だちだからです。

不思議というか、皮肉というか。

要は、彼女の母親とわたしの母が、今でいう「ママ友」だったわけです(笑)。

ママ友づきあいがたまたま上手くいって、やがて本当の友達になったんでしょう。

交流が何十年も続いています。

今では、お互いの母親に付き添って、たまーに会う感じ。

旧交を温めるきっかけが、親。

巡り合わせっておもしろい。







●あ、

お茶会のご案内は昨日の記事にあります。

よかったらチェックしてね。

では、

またね。。。


【19/10/2015 21:22】 雑談☆日々のあれこれ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム