そういえば・・・

●この雑誌

売れに売れてるみたいですね。

時の勢いってオソロシイ。

今日、うちにもやっと届きました。



number-img_770f3b243f1q2228dr425.jpg



※購入したのは小鳥さん。

※購入したのは小鳥さん。

※購入したのは小鳥さん。


Number特別増刊「桜の凱歌 エディー・ジャパンW杯戦記」 4刷決定! 20万部に。

わりと薄い、緊急発売の特別号で20万部。

(そもそも450円だし。このお手軽さもヒットの原因かな。)

さらに増える可能性もないとは言えないのかな。

調べてみると、Numberの通常の発行部数は16万~17万部くらい、らしい。

すげえ。

・・・なんかもう、素直に感心しました。


で、中身。

わりといいです。

Numberはもともと、スポーツ雑誌として面白いほうだと思うの。

今回も、読むところがいっぱい(笑)。

一次リーグの4試合を振り返ったり、勝因をしつこく探求したり。

監督や主要選手のインタビューがあったり。

これぞスポーツ写真、的な臨場感あふれる写真もいっぱい。

つまり、わりとオーソドックスなつくりですね。

読者の期待に応えてると思いました。

それから、一部の選手の背景というか、日常というか。

要するにサイドストーリーですが、これがなかなか面白かった。

マイケル・リーチ主将の日本留学物語なんか、ほのぼのとキュートで、もうねー(笑)。

若くてほっそい彼の姿も愛らしくて(いやマジで)、なかなか読ませます。

個人的には、

①縁の下の力持ち的なLOのルーク・トンプソン(や他のFW陣)の献身について、

②爆発的な突破力で一気に世界の注目をあつめたアマナキ・レレイ・マフィについて、

③監督だけじゃなくて、とても優秀なコーチ陣について、

しっかり描かれていたのが嬉しいなあ。

うん。

エディもごろーちゃんもマイケルも好きだけど、でもさ。

彼らがスター扱いなのも、もちろんわかるけどさ。

でも、ラグビーは献身のスポーツじゃん。

15人全員がやるべきことをやって、やる必要のない辛いことまでやって。

俺が犠牲になるから、ボールを繋ぐから、だれかトライを決めてくれって。

そういうスポーツですよね。

ダーッとひとりが走って走ってトライを決めて、華やかな祝福を受ける、その裏で。

その彼を走らせるために、身体を張る選手がいる。

その彼を守るために、ダミーになってディフェンスを引きつける選手もいる。

その彼から出るか出ないかわからないパスのために、全力で走る選手がいる。

そういうのを見て、ああ、なるほどなあって。

最多トライ数とか、最多得点とか。

そういう記録はたしかに凄いんだけど、本来は “個人の” 記録じゃないよなあって。

そう気づくあたりで、ラグビーの醍醐味に気づく気がします(笑)。

・・・って。

いやまあ、ド素人が何をいってもね・・・(汗)。



ちなみに>>

アマナキ・レレイ・マフィがどれだけ可愛いか。

笑顔がどんだけキュートか。

ここ数週間ずっと小鳥さんに力説してるのですが、まったく通じません(汗)。

「どこが?」

うむむ。

なんでわかってもらえないんだろう(汗)。

ほら、こんなにカワイイ!

ね、でしょでしょ?

・・・という画像が、いまいち探せない(笑)。

おっかしいなあ。







この公式動画の、1:40~あたり。

スクラムからトライを決めたマフィが、祝福するSOにキスするシーンがありますよね。

ちらっとコドモみたいに笑って、すんごくカワイイと思うんだけどなあ。

南ア戦のあとのセレブレーションでも、ぴょんぴょん跳び回ってたし。

わからん。

なんで彼の人気が爆発しないのかがわからん(笑)。

奇妙にマイナーなところに目をつける、変わった女だと自分が思われているのも解せないわ。

ふん。







●というわけで

世間的には、あれよね。

「ごろうまるさん、かっこいいですよねー♪」

くらいにとどめておくのが、いっちばん無難。

今さらながら悟りました。

間違っても、

「タテカワくんの推進力の切れ味ときたら・・・」

「マイケル・ブロードハーストだって・・・」

とか、語ってはいけません。

ちえ。

では、またね。。。



【22/10/2015 23:43】 スポーツ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム