RSA 18-20 NZL

●ひい

昨夜遅くから、ごーごービシビシがたがた。

断続的に、けっこう風がつよく吹いています。

とまったかな、と思うとまた始まる。

なんかの拍子に、建物が揺れるときも。

「あれ・・・?」

荒れる天気だなんて予報、あったっけ。

調べてみると、強風波浪注意報が出ていました。

北北西の風が5メートル、ずっと昼すぎまで。

うむむ。

朝の冷えはこれが原因か。

明日は、かなーり寒くなるようです。

ぐへえ。







●そして

にわかラグビーファン(?)ではあるけど、やはり。

「日本は敗退したけど、ワールドカップが終わったわけじゃないし!」

というか、むしろ佳境はこれから(のはず)だし。

―――と自分に言い聞かせて、昨夜もゲームを見ました。







準決勝の、南アフリカとニュージーランドの試合。

ランキングでいうと、世界3位と1位ですね。

これが決勝だとしても、まったく遜色のない取り合わせ。

普段はどちらかというと、オールブラックス(ニュージーランド代表)が好きなわたしですが、

(若干ユニフォーム萌えの気色あり。)

「これはぜひとも、南アに勝ってもらいたい!」

今回はそう思ってました。

だってそうなれば、

①日本はチャンピオンに唯一、土をつけたチームになるし、

南アの傷ついたプライドも多少は癒えるはず。

まさにウィンウィン!(笑)

・・・と思ってたけど。

やはり相手がNZでは、そう都合よく行きませんでしたね。



WS000987.jpg



オールブラックスが負けるのも想像できなかったから、とくに驚きはない。

ないけど、ちょっとだけ残念。

(ちなみに主審は、南アと日本の試合をさばいたジェローム・ガルセスでした。)


それにしても、あれだ。

「チームは生き物だ」

ってごろーまるくんが言ってたけど、本当ですね。

準々決勝で、フランスを文字通りかるーく蹴散らしたオールブラックス

サクサク走り、どこからでも点が取れる。

なんとも気持ち良く勝った、あの勢いはまるで感じられなかった。

華やかで余裕のあるプレイは、ほとんどなし。

悪天候とか、いろいろ事情はあるのでしょうが、意外でした。

フランス戦のオールブラックスは、見ていてちびるほどコワかった(笑)。

「ひい~ナニコレ、おっかない! こんなん次元が違うやん・・・!」

真っ向からぶつかって勝てるチームなんか、この世にないだろー。

そのくらい迫力と破壊力があったけど、今日の試合では湿ってたなあ。

終始、エンジンがかかりそうでかからない感じ。

もっとも、これは悪口ではありません。

調子のよくないときも強い、というか負けない。

数すくないチャンスをきっちりモノにして、最終的には逃げ勝つ。

本当につよいチームってそうですよね。

横綱相撲、ってことかもしれません。


対する南アは・・・うむむ。

素人目には、日本戦のときとそんなに違うようには見えなかったなあ。

あのときほど緩慢ではなかったし、ミスも減っていたけど、根本的には変わらない。

(いちばんイケメンだった、日本戦のときの主将がケガで出場してないのが残念。・・・ん?)

ものすごーく素人っぽい、大それたことを言うと、

南アがこんな感じのプレイで、それで準決勝まで来られるなら、日本にも可能性はあったんじゃないか」

そしてさらにもうひとつ、無茶なことをいうと、

「その南アがオールブラックスとこんなふうに互角の勝負ができるなら、日本にだってできるかもしれない」

・・・わはは。

夢想に近いですけどね。

ものすごーく調子のいい日本が、ものすごーく不調のオールブラックスと対戦したら。

なんてことを考えても、意味がないわね。







●そういえば

ごろーまるちゃんのネタふたつ。

(は! いつの間にごろーまる「ちゃん」に。)

昨日の福岡ドームでの日本シリーズ初戦、始球式に登場しました。

福岡、彼の地元だもんね。

いかにも「故郷に錦を飾る」感じで、ほほえましく思った。

ムッキムキの筋肉を披露してて(笑)、それもよかった。

(下はスラックス+革靴のままですが、それはOKだと思うの。あそこでユニフォーム=短パン穿くのはイヤでしょう。)

そこまではよかったんだけど、でもさー。

この投球はどうなのよ・・・(笑)。

GIF動画>>

http://blog-imgs-84.fc2.com/k/y/o/kyosukelove/goro-a86bcc2f.gif

子供のころからラグビーとサッカーの両刀使い。

高校からはひたすらラグビー・・・という、たしかに、野球とは縁のない生活だけどさ。

それにしても、派手なすっぽ抜けですね(笑)。

ブルペンで練習して、ピッチャーに投げ方おしえてもらってこれかーい。

このクソボールをジャンプして捕球したキャッチャーの運動神経の良さに、感動しました。

すごいね、このひと。

(調べたら、高谷裕亮という選手だそうな。)

座った状態から、ジャンプでななめに跳び上がって伸ばした左手のミットにぎりぎり。

プロの投手みたいな球速ではないとはいえ、すばらしい反射神経だ(笑)。

ごろーちゃんの始球式後インタビューはこちら>>

http://www.ustream.tv/recorded/76136194

ラグビー五郎丸選手、始球式は「一生の思い出」

声だけはカッコいいのがむかつく。


そうだ>>

動画ついでに。

あまり視聴されてないけど、ヤマハの公式です。

(ヤマハ発動機ジュビロというのは、ごろーまる選手の所属するチームね。)





ふつうのオッサンというか、オトナというか、まっとうな社会人に見えるよね。

しかし声がいいなあ。



もうひとつのネタ。

スーパーラグビー(SR)のオーストラリアのチームに参加するのでは、という報道です。

微妙な表現ですが、これは「移籍」ではないらしい。

詳しいルールはよくわからないんだけど、

「シーズンが決まっていて重複しないので、ヤマハに所属しつつSRにも出る」

ということが可能だそうです。

(たとえばマイケル・リーチもSRのチーフスと東芝、どっちにも在籍してるし。)

半年間の長期海外出張みたいなもの???

いずれにしても、キッカー不足で悩んでいるチームらしいので、確実に出番はある。

世界最高峰といわれるリーグでプレイするのは、ごろーちゃんにとってもいいことでしょう。

本音では行きたいだろうから、応援したいなあ。

(この手のオファーは、世界的にも顔の広いエディー・ジョーンズHC経由でいろいろあるようです。)

とはいえ、あれだ。

実は日本も今度、新チームを結成してSRに参加するんですよね。

いわば日本代表チームに近い顔ぶれで、つねにプレイするような感じ。

そこに当然、ごろうまるくんも加わるはずだった。

というより、彼はどう考えても中心メンバー。

いなくなるのは、観客動員という意味でも、日本チーム&日本ラグビー協会にはかなりの痛手ですね。

それを考えると、判断はむずかしい。

でも、29歳という年齢で、海外からのオファーが来るのは滅多にない。

(ラグビーは消耗の激しいスポーツだし、若い選手ほど海外でのチャンスも巡って来やすい。)

いいオファーなら、是非とも受けてほしいところ。

どうなるのか気になります。







●では、

またね。。。



【25/10/2015 14:02】 スポーツ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム