Companion plants (be-boy GOLD2015年12月号) ゆす茶会レポ

●さて

簡単に、お茶会のレポートを。

開催は10月31日。

偶然ですが、ハロウィン当日でした。




DSCF0994ssff.jpg



わはは。

かぼちゃ祭り、今みると本当に 「今さら?」 感がありますね(汗)。

季節感って大事だ。

おそろしいことに、お茶会からもう半月も経ってしまった。

ついこの間のような気もしつつ、ひどく前のような感覚もあって、ちょっと複雑。



ところで>>

日本ではいつの間にか、ハロウィン=仮装パーティの日、みたいになってません?

気のせい?(笑)

いや別に、楽しいイベントの口実にケチをつける気はないんです。

前にも書いたと思いますが、本来の意義がどうの、と煩く言いたいわけじゃない。

でも、いつからコスプレ祭りになったのか(笑)。

いつから渋谷の交差点で騒いだり、それを見越して警察が出動するような夜になったんだろう。

記憶がないので、ほんの少し気になります。




DSCF0986ssff.jpg



いつもの都内某所。

鈍色(にびいろ)の空が広がっていました。

暑くもなく寒くもない、という意味ではちょうどよかったのかな。




DSCF0989ssff.jpg



そうそう、これ♪

期待していたとおり、いかにも!なハロウィンのディスプレイがありました。

(いちおう)名の通ったインターナショナルなホテルのロビーですもの。

凝ったハロウィン飾り、絶対にあると思ってたんだ。

撮れてよかった。




DSCF1005ssff.jpg



DSCF1013ssff.jpg



この手の被写体を撮るときは、邪心だらけです。

無心にカメラを構えているといいたいけど、脳内フル回転状態。

ブログに載せるだけじゃなくて、あれに使えるとか、これにしようとか。

(加工してウェブ素材にするとかね。)

・・・いや、どうでもいいわね(汗)。


「あれ?」

しばらく夢中で撮っていると、あれ。

一緒に来たはずの小鳥さんと、地下鉄のホームではち合わせたお仲間Sさまがいない。

「どこ?」

周りを見渡すと、ちょっと離れたところでおしゃべり中でした。

きゃらきゃらと楽しそうに。

いつも、そうなんだよなあ。

カメラを持ってるわたしはだいたい放置され、さりげなく距離を置かれます。

ぐう。

(そ、そ、そんなにみっともない真似はしてないはず・・・?)




DSCF1014ssff.jpg



ともあれ、ハロウィン気分をたっぷり味わいました。

ブログのトップ画像にしようとか、思ってるうちに11月になったけど。




DSCF1018ssff.jpg



DSCF1026ssff.jpg



やがて丁度いい時間になったので、お茶会の会場へ。

会場というのは、要するに個室カラオケです。

名称はパーティールームですけど、ね。

スタッフのみなさんとはとうに顔なじみなので、

「○○さま、どうぞこちらへ」

なんてね、顔を出すだけでにっこり案内してくれます。

そらもう、見事なサービス。




DSCF1029ssff.jpg



そつのないマネージャーさんのスムーズな対応も、ホント申し分ない。

“顔パス” 状態で、いい気分にさせてくれるのよね(笑)。

本当によくしてくれるので、ありがたいと思っています。

ええ、もうね。




DSCF1034ssff.jpg



そういうわけで安心感がありますが、ふと、思う。

「この人たちは、定期的にやってくるわたしたちを、どういう集まりだと思ってるんだろう・・・?」

わくわく幸せそうな顔つきのオバチャンがいっぱい(笑)。

※お嬢さんも若干名。

部屋に5時間こもりっきりでおしゃべり三昧。

みんな、なんか変な雑誌を持ってる。

(スタッフがフードを持って入ってくるとバタバタ隠そうとしてるの、絶対にばれてると思うの。)

ホテル自慢のカラオケ設備は、いちどたりとも使ってない。

・・・ねえ(笑)。

「ちょっとした趣味の集まりですの、おほほのほ♪」

と説明してはいますが、どんなもんでしょう。

“女子会” プランですし、事実そのとおり。

(女子と呼ぶのにとくだん年齢制限がないと仮定して、の話だけど。)

でもきっと、アヤシイと思われてるんだろうなあ。

腐だとばれているかどうかは不明。

(と思いたいだけかも?)

オタクだというのは、たぶん・・・(汗)。

隠そうとしてもムダな気がする。

まあ、ね。

だから困るってわけじゃないけど。

(このへんの開き直りがおばちゃんクオリティ。想像するだけで恥ずかしくて死にそう、なんてことにはならない。)


ちなみに>>

あてがわれるパーティールームは毎回おなじです。

指定せずとも、人数が少なめでも同じ部屋。

10人がゆったり入れるいちばん奥まったお部屋で、優遇されてると思ってます。

はい。

え、隔離?

決して、そんな意図はない・・・はず・・・(汗)。




DSCF1056decossff.jpg



恒例の記念写真です。

今回は9人ほどが集まりました。

IWハーパーのぶっかけページを広げて、ご機嫌でチーズ♪




DSCF1036ssff.jpg



DSCF1042ssff.jpg



香藤くんにはバーボンが似合う。

というのは、ほぼ全員の一致した感想でした。

IWハーパーのチョイスも、妥当。

「じゃあ、岩城さんは・・・?」

同じウィスキーで選ぶなら、スコッチだよねえ。

スモーキーなシングルモルト。

といってもあんまりとんがった味ではなくて、まろやかに熟成されたお酒がいいな。

グレンモーレンジ。

マッカラン。

ザ・バルヴェニーのダブルウッド。

国産なら山崎か。

そのあたりが正統派ではないか、と思います。

変化球として、ものすごくクセがあるけど、アイル・オブ・ジュラやタリスカーとか。

・・・なんて、どうでもいい妄想に花が咲きました。


香藤くんはハイボールでぐいっと、岩城さんならロックでちびちび。

って、感じでしょうか?

岩城さんなら日本酒だろう、という説もあり。)


ちなみに>>

わたしはスコッチにやたら詳しいですが、ウィスキーはほぼ飲めません(汗)。

なぜか昔からテイスティングはできる。

ちびちびと舐めて味や香りをチェックはできても、それ以上は飲めない/飲まない。

ひとには、損な性分だと言われます。

そうかなあ。

酒にお金を遣わないので、得だと思ってるんですが(笑)。




DSCF1049ssff.jpg



↑これ↑ は美味しかったなあ。

シーフードの・・・なんでしょう(笑)。

アクアパッツァのはずですが、どちらかというとロースト系だったような。

名前はよくわからないけど、この日いちばんのごちそうでした。




DSCF1059deco2ssff.jpg



つい表紙の香藤くんがかっこいいので、こんなポーズに(笑)。

「おお、カサブランカ・ダンディーだ!」

と思った方が多数で、正直わらってしまいました。

そう。

おおむね、そういう世代なのよね・・・(汗)。

「え、なんのこと?」

と焦った若干名は、もちろん、まだお若いかたでした。

とほほ。


ところで、今回の『春抱き』談義。

あまりこのレポに書いてないような気がしますが、それはねー。

おもしろかった内容を、すでに『コンパニオン・プランツ』のレビューに書いちゃったからです。

銀座ライムの話とか、翔くんの描かれ方とか。

小野塚くんのキャラ変遷とか。

お寿司屋さんのツッコミとか、持宗監督の髪型とか。

ネタ、れびゅーにいただきました(笑)。


ああ、ひとつ思い出した。

金子さんが今回いきなり老けた・・・というか、線が太くなったというか。

なんだろう。

今までと印象がちがっている気がして、みんな反応してましたね(笑)。

「眉毛のせいか・・・?」

とも思ったけど、のちに調べてみると、あの眉毛は以前もあったようです。

うむむ。

岩城さん香藤くんがそれなりに年齢を重ねている以上、彼だって比例して老けなくてはおかしい。

そういうことかな、と納得しています。

(たぶん香藤くんより何歳か年上。ってことは、彼も40歳を超えてるはずよね。)


ただお茶会では、ときにアホな方向に話が転がるんだよね・・・(笑)。

“ぶっとい眉毛” (の印象)というだけで、どういうわけかゴルゴ13へと繋がりました。

連想、妄想、言葉あそび。

(なぜだと問われても、そのへんはおしゃべりの流れとしか。説明するのも野暮ってことで。)

もしも金子さんがスナイパーだったら・・・?

しょうもない話ですが、それならカバあたりは一発でやられちゃうね。

でっかい銃を構えて、ビルの屋上からカバの額に照準を合わせるゴルゴ金子。

ぷすっ!

(サイレンサーつきなので、その程度の音しかしない。)

さっくり任務完了。

トラブルはすべて一瞬で片づいていいね、みたいな(笑)。

・・・あああ。

ネタをまじめに書いても、つまんないですね(汗)。

すんません。




DSCF1065ssfff.jpg



このホテルの名物(?)、ミートソース。

いかにもなパーティーフードですが、美味しいので毎回リクエストしています。

※ホントはリクエストなんかできないのですが、そこは阿吽の呼吸で(笑)。

食後にいつも料理の感想を求められるので、

「○○、とても美味しかったです。また食べたい」

「みんな、○○を楽しみに集まるんですよー」

なんて大げさに言っておくと、再登場してくれたりします。




DSCF1068ssfff.jpg



DSCF1087ssfff.jpg



「女子会プラン」なので、いつもデザートはお洒落な感じ。

4~5種類のスイーツが出るのですが、毎回ちょっとずつ違う。

キラキラかわいい。

「常連のお客様には同じものをお出ししないように、過去の記録をチェックして」

工夫しているんだそうです。

ベリー系ジュレ+ブランマンジェ(?)、梨のムース。

アーモンド地のモンブラン風に、パンプキンのケーキ。

今回は日にちが日にちなので、カボチャが出るだろうな、とは思ってました。

予想がついたのはそのくらい(笑)。

ちいさいけどどれも凝っていて、とても美味でした。


以上、あっという間の5時間あまり。

春抱き』仲間との時間はおそろしく早く過ぎ去ります。

しゃべり足りないと思うのはいつものことですが、まあ、きっとそれでいいんだろうなー。




DSCF1101ssfff.jpg



帰りしなに、この日も結婚式のカップルを見かけました。

花嫁さんがびっじん!(笑)

「おめでとーございまーす」

誰ともなく、そう言いながら脇を通りすぎました。

お幸せに!




DSCF1111mssfff.jpg



最後に、かぼちゃのディスプレイの前で記念撮影。

もちろん、フツーの(全員がこちらを向いている)写真も撮りましたよ。

だけど、

「じゃあ写真をとりまーす!」

っていうと、みんなくるっと背中を向ける(笑)。

いつの間にか、それが当然になっているようです。

ロビーにいた人たちはたぶん、怪訝に思っただろうね。

(^~^;)




DSCF1113mssfff.jpg



S0041130mssfff.jpg



夜の東京タワー。

なかなか綺麗ですね。

イルミネーションと一緒に撮った渾身の一枚。

二枚。

三枚・・・目はないや(汗)。

最後の写真はほぼ修正なしですが、手前の照明がくどい(笑)。

見た目まんま、なんですけどね。







●というわけで

どうにも散漫ですが、お茶会レポでした。

では、またね。。。


【16/11/2015 12:00】 春を抱いていた | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム