すべては・・・になる(笑)

●ふう・・・

寒いですね。

晴れるのはいいけど、さっぷいや。

お布団から出るのがつらい。





11月11日=ちょっとだけ狙ってた。

ゾロ目好きな人っているよね。

11月22日=いい夫婦の日、は忘れてたなあ。

いくらでもネタはあったのに、残念(笑)。

11月23日=勤労感謝の日、そうでしたね(汗)。

そちらも若干ネタありだったので、チャンスを逃した気分。

11月27日=なんか見覚えがある数字の並び。

はて。

しばし熟考して、岩城さんの誕生日の10か月後だと気がついた。

だから何だって言われると困りますが。

しいていえば、もうじき再び彼の誕生日がめぐって来る、ということぐらい?

いったい何歳になるんだ(笑)。

11月29日=トリの日・・・ではないよね。

なんかあったっけ。

思いつくより先に、ネットスーパー(複数)から届くメルマガで知りました。

いい肉の日。

あー、さいですか。

じゃあお肉、買いに行くかな・・・(笑)。


語呂合わせって、日本語の妙のひとつですね。

電話番号や歴史的な日付なんかを覚えるのに、語呂合わせは欠かせない。

考えついた人は本当に頭がいいと思う。

外国語ではどうなのか・・・?

わたし自身の知識ではありませんが、韓国語や中国語には、日本語と同種の語呂合わせがあるらしい。

単語に含まれるひとつひとつの文字(音)を、それぞれ数字に変えられるってことでしょう。

英語では・・・日本語と同じやり方はないなあ。

言語の仕組みがちがうから、しょうがない。

記憶テクはありますが、日本人から見ると面倒に感じるんじゃないかしら。

数字を文字に置き換えたり、単語の頭文字だけをとって並べたり。

文章を丸暗記させて、それぞれの単語の文字数を数字に置換してみたり。

詳しくは、ウィキ先生で>> mnemonic

ね、めんどくさいでしょ?(笑)

日本語の便利さを再認識してしまいます。





昨日の羽生くん、凄かったねえ。

ド素人のわたしでもわかる 「別次元」 ぶりでした。

NHKの公式サイトで、映像はぜんぶ見られます。

ほっそり優しげだから誤魔化される人も多いと思うけど、あの人はあれだ。

ものすごく根性の据わった、怜悧だけど気のつよい性格なんだろうと思います。

荒々しい、といっていいくらいの。

男くさい、ぐらいの。

なんだろう。

小鳥さんいわく、

「どう見てもバリタチっしょ」

・・・あは、は・・・(笑)。

そういう意味ではないけど、たしかにそういう感じです。

下世話な意図はありませんよ。

あくまで精神的なあり方というか、気質の話。

この微妙なニュアンス、わかってくださると嬉しい。

「でも、女子力が高いってネットで揶揄されてるのはホントだよね?」
「うん(笑)」

女子力のものすごく高いバリタチ。

「なんじゃそりゃ(笑)」

ありえねー。

ヾ(´▽`;)ゝ

大笑いしようとして、はたと気づきました。

「・・・いるじゃん!」

あり得なくない。

あり得なくないわ。

わたしたち、そういう人をよーく、実によく知っています。

「香藤洋二か・・・!」

ヽ( ゜□ ゜;)ノ

うむむ。

まさにそうだ。

香藤くん、たしかに 「女子力の高いバリタチ」 だよなあ。

(彼の場合バリタチの「バリ」度は99%くらいだけど、そこはまあスルーで。)

まさか香藤洋二とあのオリンピック・ゴールドメダリストに、そんな共通点があろうとは。

※方向性はかなりちがうけど。

「すごい・・・」

香藤洋二、おそるべし。

って、あらら。

結局、『春抱き』ネタかい!(笑)


ちなみに>>

「それじゃあ、岩城さんはどうなの?」

あの人に女子力は・・・期待できないよなあ。

「でも、乙女なのは間違いない(笑)」
「たしかに」

女子力は低いけど乙女ではある。

変なお人だ(笑)。

(´∀`σ)σ

「じゃあ・・・」

とっても乙女な箱入りオジサン。

(´∀`σ)σ

・・・そんな感じでしょうか(笑)。







同性婚ネタ

続報ふたつ。

ひとつめ>>

同性婚に「賛成」51% 研究チームが初の全国調査

同性婚「賛成」過半数も抵抗感 初の意識調査

同性婚法制化 男性「反対」、女性「賛成」多数 文科省研究グループ、LGBT意識調査

一連の報道を見て、

「ああ、コップに水が半分入ってる・・・ってやつか」

と思いました(笑)。

コップ半分の水を 「こんなにある」 と思うか、あるいは 「もうこれしかない」 と思うか。

記者の立ち位置によって報道のニュアンスが変わる、典型例ですね。

個人的には、どちらかというと「こんなにある」派です(笑)。

全体的に、男性の44.8%、女性の56.7%が同性婚の法制化に賛成。

男性は反対のほうが多い(50%)けど、正直にいって、これほど拮抗したことが意外でした。

議論も啓蒙活動も、ほとんどない時点でこの数字なら、むしろ抵抗感は薄いほうじゃないかと思う。

クリスチャン的価値観と結びついた保守層(の一部)が、断固反対して決して譲ることのない欧米。

そういう勢力とは、反対の基盤が性質的にかなり違うのだろうと想像します。

年齢が高くなればなるほど抵抗感が増す。

自分の身近の問題になればなるほど抵抗感が増す。

―――このふたつについては、まあ自然な感情だよね。

女性は全般的にやや柔軟な考えの人が多いけど、それだって

「うちの息子がゲイ?」

となったら、抵抗を感じる人が多いのは不思議じゃない。

(イヤだと感じるのと、実際に受け入れを拒むのとは別ですが。)

管理職の男性が、職場にそういう傾向の人がいたらイヤだと感じるのは、これも想像ですが、

「めんどくさい」

のが、原因のひとつじゃないかと思う。

単なる嫌悪感も、もちろんあるでしょう。

それと同時に、

「ただでさえセクハラだのマタハラだの、正規・非正規雇用だの、ブラック企業だの・・・」

配慮しなくちゃいけない実務的な問題が山ほどあるのに、さらにLGBT問題が加わる。

ひと昔前はこんな煩雑なあれこれ、気にしなくても済んだのになあ。

「地雷が多すぎ。カンベンして」

・・・そんなぼやきが聞こえてきそうですが、さて。


ふたつ>>

海老名市議がTwitterで差別発言「同性愛者は異常動物」

海老名市議会議員が同性愛者を「異常動物」と表現し、謝罪する事態に

発言は削除されたらしいけど、ツイートのスクリーンショットはこちら

アホやね。

政治家として、言っていいことと悪いことがあるでしょうに。

「受け容れがたいと感じる人もいる」

ぐらいなら、許されたかもしれない。

マスコミ批判をしたいなら、

「反対する人の意見も載せなければフェアじゃないでしょう」

みたいなさ。

そういういい方ならば、たぶんここまで批判されていなかったでしょう。

少し考えようよ。

何がカッコ悪いって、

①政治家として、(思ってても)言っちゃいけないことがわかってない。
(多分、ツイッターが全世界に向けての発信だという認識が薄かったと思われる。)

②批判されて、「表現は悪かったけど趣旨は撤回しない」と強気に出る。

③さらに批判されて、結局は謝罪しツイートを消す。

という、ありがちなダメダメをやっちゃったこと。

自分の発言には最後まで責任を持てよ。

責任を持てないなら、最初から放言なんかするな。

結局びびって謝って逃げるくらいなら、最初から何もいうな。

ねえ。

同性愛に関する嫌悪感というだけなら、あれです。

頭の固い高齢者だからしょうがないね、ぐらいで済んだかもしれない。

(この議員の世代では、そういう考えのほうがマジョリティなので。)

でも、それでも。

ダメだな、とやっぱり思います。

海老名市にだって、あたりまえですがゲイはいるわけですよ。

彼の選挙区にも当然いる。

彼に投票した人の中にもいる可能性は高い。

それどころか彼の親戚縁者、子供や孫や甥姪の中にも、いるかもしれない。

そういう人が、彼の発言を知ってどう思うか。

そういう人が怒っても傷ついても、彼はなんとも思わないのか。

支持者や親族に面と向かって、

「おまえは異常生物だ」

と言えますか・・・?

言えないだろうね。

端的に、LGBTは他人事ではない。

対岸の火事でもなければ、TVの中にだけ存在している珍獣でもない。

あなたの周囲にもいる。

誰の周囲にもいる。

それが理解できないから、こんなことが言えるのだと思います。







●では、

またね。。。


【29/11/2015 17:18】 社会・時事ニュース | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム