隙あらば

●TBのお題から

「事件の現場を目撃したことありますか?」

マイナーな交通事故なら。

あまり気分のよいものではありませんね。







●本日の

隙あらばごろーちゃん。

【JC】五郎丸「買っていなかった」

競馬ジャパンカップのプレゼンターとして登場したそうです。

なんで競馬に???

ラグビーとはなんの関係もないのに???

・・・と思ったけど、どうやらこのレース。

毎年プレゼンターに、その時々の話題の人を選んで依頼するらしいですね。

去年はヤンキーズのまーくんだったと聞いて、ちょっと納得しました。

もう忘れてる人もいるかもしれないけど>>

メガ契約でメジャーに行ったまーくん、昨年はたしかに「時の人」だったのよ(笑)。

うん。

(もっとも、まーくんファンは知ってるけど、彼は競馬好きなんだよね。だから妥当な人選だったと思う。)

で、今年はごろーちゃん。

競馬とはご縁がなかったみたいだけど、9月以降はたしかに、話題は彼ばかりだ。

優勝した騎手さんと並んで彼がどーん!と大きく見えるのは、まあ、当然のことです。

その図には特におどろかない。

だけど実はこの日もうひとり、ゲストのプレゼンターがいました。

それが、テニスアンドレ・アガシ

往年の大スター・・・なんていうまでもなく、みなさんきっとご存知でしょう。

「わお、ごろーちゃんがアガシと並んでる!」

※写真つきのニュース記事が見つからないので、画像検索しました。

どういう取り合わせだ(笑)。

変すぎる。

てかどっちも、日本の競馬と関係ないやん・・・(笑)。

二人が並ぶと、ごろーちゃんのほうがひと回り大きかった。

アガシって結構デカイというか、ガチムチ体型のイメージだったのよね。

だからいい勝負かなと思ってたけど、ちょっとちがった。

なんというか、ごろーまるくんのみなぎる筋肉が圧倒的でした・・・(笑)。

ボディの迫力というか、圧迫感がちがう(笑)。

「おお・・・」

どっちも一流のアスリート。

だけど現役バリバリのラガーマン(29歳)と、とうにツアーから引退してるテニス選手(45歳)。

差があって当然だ。

アガシの全盛期と比べてないんだから、フェアじゃないですね(汗)。



ちなみに>>

ごろーちゃん、なんかやっぱり「持ってる」のかもしれない。

そう思ったのは、今日の競馬で勝った馬の枠番が「15」だったから。

(ちなみにショウナンパンドラという牝馬。お父さんがディープインパクトだって。)

15番といえば、ラグビーでいえばフルバック。

つまり、ごろうまるくんの背番号です(笑)。

「(馬券を)買っておけばよかった」

と言ったそうですが、たしかにそうだ。

単勝で920円。

100円を賭けていたら、920円になっていたということです。

これも時の運か。

こういうの、おもしろいですね。



ついでに>>

ラグビートップリーグ

なんだかんだ気になるので、ちゃんと結果は追いかけてますよ(笑)。

ごろーちゃんの所属するヤマハは、今のところ全戦全勝。

彼のキックの精度もなかなかです。

(1試合に1本くらいは外すものの、残りの6~7本は入れてる感じ。)

週末の試合はそこそこお客が入ったようですが、まだまだみたいね。

5万人を収容できるスタジアムで試合をして、せいぜい3割~4割の席が埋まる程度。

満席にはほど遠い。

それでも当日券は500枚ほどしかなかったらしいから、どうなっているんだか・・・?

文句をいいつつ、ふと思う。

「自分も行ってないじゃん・・・(汗)」

ええ、すみません。

だって寒いからさ・・・(汗)。







●なるほど

盲点、なのか。

<東京>ぽっちゃり男性向け ファッション誌創刊

「ぽっちゃり女子」向けの雑誌があるんだもの。

男性向けがあってもいい、よね・・・?

うむむ。







●では、

またね。。。


【30/11/2015 04:11】 スポーツ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム