しみじみと感じる

●今日は

炒飯をつくった。

いや、日本風(というか昭和風?)に 「焼き飯」 というべきかも(笑)。

タマネギとニンジンとピーマンをこまかーく刻んで。

トントン、トントントントン・・・・

※みじん切りは未だに苦手である。

手順としては超!基本だし、なにも変わったことはしてない。

その他の食材はテキトーに卵とか、お肉のカケラとか。

(お肉=理想は豚ひき肉か、美味しいソーセージか、前夜の鶏のから揚げの残り。理想はね。)

ほぼ解凍した冷凍ごはんを、さくさくとバターで炒めて。

シャー、ジュウジュウ。

最後に醤油をたらーり。

・・・まあ、ごくふつうのやりかたです。

出来上がりも、実にふつう(笑)。

でも、なんか思ったのですよ。

「きのう何食べた?」のシロさんが、おでんの準備をしながら、

「おでんってちゃんとした料理だよなあ」

と、しみじみ呟くシーンがあります。

それと同じような気持ちに、焼き飯をつくりながらなりました(笑)。

たかがチャーハン、されどチャーハン。

ごちそうでも何でもなく、特別なご飯のつもりもない。

だけど昔ながらのつくりかたをしようとすると、案外めんどくさい!(笑)

「冷凍のミックスベジタブルもあるんだけど・・・」

在庫もあったんですけど、ねー。

そのほうがずっと簡単キレイ、かもしれないけどねー。

どういうわけか、変なやる気を出してしまった。

地道な包丁しごと。

えらくしんどかった。

アホか(笑)。

「ちょっと野菜を刻んだぐらいで威張るなよ・・・」

といわれたら、立つ瀬もありませんが(汗)。

子供のころは、母親がよくつくってくれてたよなあ。

休日のお昼か、いやむしろ、夕食前のスナック扱いだったかも・・・(汗)。

10代の超☆食欲魔人だったころ。

(むろんわたしと、ふたつ年下の弟のことです。)

母がおそらく四六時中、ティーンエイジャーの果てしない食欲と戦っていた頃です(笑)。

野菜をトントン大量に刻んで、卵を多めの油を引いた中華鍋に落として。

黙々とつくってくれてたけど、大変だったろうなあ。

今になっておもうと、ほんとうにありがたい。

やりかたを教わって、いちおう自分でもつくれはしたけど、

「お母さんがつくったチャーハンのほうが美味しい!」

もうね、まるっきり敵いません(笑)。

あのころはまだ、傍若無人に親に甘えておりました。

それが当然だと思ってました。

今になってみると、ありがたいやら申し訳ないやら。

本当に、いろいろと敵いません。



あれ、脱線してますね(汗)。

ちなみに、ちゃーはん。

本当はデミグラソースのハンバーグと合わせる予定でした。

ハンバーグと炒飯。

・・・いかにも王道ふう、子供のころのごちそうっぽいから。

ですが残念ながら、実現せず。

食材の宅配便が、来るのがやけに遅れてね・・・(笑)。

予定が狂ってしまった。

あまりご飯の時間をずらすわけにいかないので、急遽べつの惣菜で間に合わせました。

うむむ。

無念。







●なるほど

暑がり寒がりって、科学できるのか。

おもしろい。

寒さに強い人と弱い人の違いとは

暑さ寒さに強い人と弱い人の差をつくる要因

きっちり根拠があるなら、改善できるってことだよなあ。

ほお。







●話題の映画

もとの話はたまたま知っていました。

が、こうやって映像で見ると全然ちがう。

迫力がちがう。

このひねくれたオバチャンが、予告編の映像だけで涙ぽろぽろ。

泣いたわ・・・(汗)。

なんかもう、涙腺が崩壊し放題。

というわけで、(涙もろい人は)閲覧注意、かも。







公式サイト>> http://www.kainan1890.jp/

こんなに見に行きたいと思った映画は久しぶり。

が、きっと泣くよなあ。

うるうるしっぱなしだろうなあ。

そう思うと、ちょい辛くもあります(苦笑)。







●では、

またね。。。


【07/12/2015 03:30】 オペラ・演劇・映画 | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム