初冬の散歩道

●最近の

写真から。



PC073429ssff.jpg



今年の紅葉がいまいちだったと、ニュースにもなりました。

夏の終わりから天候不順で、そのくせ再びあたたかくなったりしたから。

本当にそうだと思う。

変な天気だった。

・・・ってのは、ロクな写真が撮れなかった言い訳かもね(汗)。




PC073439ssff.jpg


って、いきなり食べ物かい(笑)。

これはね、手前がたっぷり野菜のチーズカレーパン。

ふわっふわのデニッシュっぽい生地のパンがおいしい。

奥がジャージー牛乳をつかったたっぷりカスタードクリーム入りのパン。

カロリーがどうとか、そういうツッコミは勘弁して・・・(汗)。

わたしの大好きな菓子パンである。

大正義。

うむむ。




PC073287ssff.jpg


椿じゃなくて、山茶花です。

この時期どこでも見かけますが、うまく撮るのはむずかしいね。




PC073291ssff.jpg



PC073292ssff.jpg



PC073297ssff.jpg


で、今年の紅葉

なんかもう、こんな感じなんですよね(汗)。

色づくのが遅かったせいもあって、撮ったのはわりと最近です。

やる気をなくすたたずまいなので、いい加減に撮ったのは認める。

フォーカスが雑。

それは認めるけど、それにしてもさびしい。

むなしいモミジたちです。

後に ↓下↓ で、もうちょっとましな紅葉あり。




PC073299ssff.jpg


これも山茶花ですね。

真っ白がきれい。




PC073308ssff.jpg


木立の一部、ちょうど紅葉の部分に日が当たっていました。

赤い葉っぱが太陽の光でちょっと透けていた。

それを・・・うーん。

撮ったつもりだったのですが、ダメですね。




PC073311ssff.jpg


これは昨年も撮ったと思います。

(花の蜜をメジロが吸っていた。)

マホニア・チャリティ。

小さいけどあざやかな黄色い花がびっしり。

ツンツンと空にむかって放射状に伸びていて、ものすごく目を引きます。

なんとなく、熱帯の植物みたいに見える(笑)。




PC073325ssff.jpg



PC073322ssff.jpg


の真っ赤な葉っぱというと、まずはモミジ(カエデ)。

ほかにドウダンツツジとか、ハナミズキとか、サクラとか、いろいろありますよね。

で、この木もそのひとつだと思います。

ハゼノキ。

漢字で書くと「櫨の木」。

(ちなみに俳句では櫨紅葉=はぜもみじ、はの季語です。)

つるんと長ほそい葉っぱがきれいに並んでいる。

やわらかな赤、というか朱色。

緑と赤の葉っぱが混在する。

庭木や生け垣などでよく見かけるけど、実は名前を知らないって人も多いかも。

ちなみに、ウルシ科。

ゆえに稀にですが、かぶれる人もいるそうです。




PC073359mssfff.jpg


さて、ここからは由緒ある神社のもみじ。

※神社については後日また。

つい最近のこと。

こちらも、あまりいい状態ではありませんでした。

でもここでは、なんとかきれいに撮ろうと努力してるのが見える(笑)。

(あくまで自社比。)




PC073355ssff.jpg



PC073361ssff.jpg


この2枚はほとんど同じ構図です。

微妙に立ち位置を変え、ズーム倍率を変えてフレームをちょっと広めに。

より陽光を取り入れられるアングルに。

そうして2枚目のほうがやや明るく、紅葉があざやかになりました。

(どっちも大したことない、という説もあるけど。)

一歩さがってみたり、ズームをいじってみたり。

カメラを縦に、横に構えてみたり。

そんな些細な工夫で、写真がよくなることもある。

やってみたもん勝ち。

カメラって奥が深いなあ、と思うわ(笑)。




PC073364ssfff.jpg



PC073375ssff.jpg


これはわざと色合いを濃い目にしています。

傷のついた(きたない)葉っぱも、撮りかた次第ではアクセントになる。

・・・かもしれない。

もみじの全体像が冴えない場合は、あえて寄って、一部のみを撮る。

(周囲にウツクシクない障害物がある場合も。)

カメラを構えてその場に立ち尽くすのではなく、前後に、左右につねに動いてみる。

それから、もみじを綺麗に撮るコツはもうひとつ。

実は背景が、光と同じくらい重要です。

樹木や建物、地面の土でもいい。

できる限り黒っぽい背景になるように、アングルを工夫します。

(使用するレンズにもよるけど、どっちにしろ背景はボケてはっきりは見えません。)

暗い背景であればあるほど、紅葉の色が引き立ちます。




PC073376ssff.jpg


これは陰影が少々きつすぎる、かもしれない。

でもこういうの、好きなのよね。

このへんは好みの問題なので、正解はないのかもしれません。




PC073383m1ssff.jpg


これは編集の時にクロスプロセスをかけています。

たまには、こういう加工もありかも。




PC073351ssff.jpg


ドウダンツツジの紅葉。

・・・はいいけど、なんだこれ(汗)。

変なアングルですね。

何がしたかったのか、自分でもわからん。




PC073393ssfff.jpg


山茶花じゃなくて、これは椿

これからシーズンに入ります。




PC073414ssfff.jpg


たぶん真弓(まゆみ)、ですね。

漢字では「檀」と書くことも。

光の当たり具合とボケのせいで、なんか前衛的に見える(笑)。

小さな赤い実がかわいらしい。

真弓の紅葉もなかなかきれいです。







●というわけで、

では、またね。。。


【19/12/2015 01:22】 写真☆カメラ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム