今さらですが、春画展に行ったので その2

●ひい

寒いですねえ。

ホントにもう。

(^~^;)







●昨日の

続きです。



DSCF1446ssss.jpg



永青文庫で開催中の 『春画展』 レポ。

※12月23日まで。

公式サイト>>  http://www.eiseibunko.com/shunga/



スタート地点はここです。

目白駅。

池袋のとなりの駅なのに、漂うのどかな郊外感・・・(笑)。

いや、目白。

むろん都心ですし、すごくいいところなんですけどね。

文京区といえば、なんといっても学習院。

それから椿山荘と、鳩山会館

わたしのイメージはそんな感じだなあ。




DSCF1353ssss.jpg



日曜日の朝9時に、目白で待ち合わせ。

気合が入りすぎていたせいか、15分はやく着きました。

普段なら昼まで寝てるのに、謎のやる気(笑)。

さっむーい朝でした。

おつき合いくださった某さまにも、心から感謝。




DSCF1359ssss.jpg



目白台三丁目のバス停で降りて、さっさと永青文庫へ。

※アクセスに関しては昨日のブログをご参照ください。

徒歩でほんの数分です。

このあたりはいかにも、という感じのお屋敷町。

閑静な住宅街です。

朝の太陽に映えるモミジがきれいでした。



なお>>

このあたり一帯は、元は細川家の下屋敷(しもやしき)の敷地だったそうです。

春画展の入場を待つ間に、永青文庫の職員が説明をしてくれました。)

※永青文庫はそもそも、細川家所有の美術品や史料を収蔵する美術館です。

こんだけ広くて、下屋敷。

「ってことはつまり、上屋敷(かみやしき)や中屋敷(なかやしき)もあったわけで・・・(汗)」

ひょええ。

大名家ってすごい。

いや、これは肥後熊本藩細川家がすごい、というべきか。

(現在の当主はご存知、元首相の細川護熙氏。細川幽斎から数えて18代目だそうな。)

あとになって、調べてみました。

熊本藩細川家の江戸藩邸の場所。

上屋敷があったのは、現在の丸の内。

丸の内OAZOの建ってるあたり。

さすが江戸城に近いですね。

中屋敷があった場所は、今でいうと港区高輪。

旧高松宮邸や東宮御所のあるあたり、ですって。

しゅごい。

今でいう超一等地ばっかりですね。




DSCF1441ssss.jpg



永青文庫に到着したのは、開場時間の9時半よりも10分~15分ほど前。

すでに数十人、門扉の外に並んでいました。

男女よりどり、みんななごやかな雰囲気。

この、なんというか、雰囲気ってありますよね。

どういったらいいのかな。

同好の志の醸し出すオーラというか、存在感。

それをひしひし感じました(笑)。

目白の駅で人待ちの間に、中年女性のグループを幾つか見かけました。

同じような背格好の人たちはバスの中にもいたし、同じ停留所で降りた人たちも数人あった。

それがね、なんというか、見ただけでわかるんだ(笑)。

ああ、この人たちもたぶん春画展に行くんだろうなって。

オタクっぽいとか、スケベっぽいとか、そういう意味じゃないですよ。

断じてちがう(笑)。

コミケに向かう無言の人の群れの中に多い、男性オタクほど “いかにも” でもない。

一見ごくごくフツーの、ちょっと身ぎれいなお姉さん/おばさん。

服装もお化粧も、とりたてて目立つところがあるわけじゃない。

でも、わかるんだなあ。

春抱き』がご縁でリアルにお会いしたお仲間たち、今まできっと数十人以上。

もしかしたら、そろそろ3ケタに届くかもしれない。

その彼女たち、つまり自分をも含めた母集団ですが、大雑把に同じ雰囲気なのです。

不思議といえば不思議、かな・・・?

どこか似てる。

というよりも、同じものに反応する特殊なレーダーを積んでいる者同士、かな。

おもしろいですよね。

そのせいか、ものすごく気分が楽でした。

なんてことない、ホームグラウンドみたいなもの(笑)。

わはは(汗)。




DSCF1370ssss.jpg



DSCF1366ssss.jpg



DSCF1369ssss.jpg



9時半の開場と同時に、列が少しずつ動きました。

砂利道を進んで、永青文庫の敷地内へ。

朝のやわらかな白い日差しがね、斜め上から差しこんで来るでしょう?

背の高い木々の合間から。

それが庭の樹木を照らすのです。

スポットライトみたいに、名残りの紅葉を輝かせる。

それはそれは美しくて、寒さにしびれそうになりながら、写真を撮り続けました。

外で並ぶのはキツイけど、光の紅葉の共演はごちそうでした。




DSCF1378ssss.jpg



DSCF1398saaa.jpg



ちなみに、この展示会の垂れ幕。

「春画」と毛筆で書かれているのですが、これは細川護熙氏の揮毫(きごう)です。

ものすごくいい字だと思う。

しかし、「揮毫」ってあんまり使わない言葉だね・・・(笑)。




DSCF1383ssss.jpg



DSCF1379ssss.jpg



ところで、この建物。

昭和の初め頃、旧細川侯爵家の事務所として建築されたそうです。

外観の写真しか撮れませんが、なるほどレトロ。

どこか大正ロマンっぽい雰囲気でした。

オリジナルのガラス窓もいくつか残っているそうです。

ちょっと軽井沢の旧三笠ホテルとか、そういう雰囲気の内観。

殿様が住むわけじゃなくて、あくまで事務所ですから、そこは質素ですけどね。







さて、玄関の前で列をつくって並ぶこと、だいだい10~20分くらい。

(晴れてたとはいえ日陰で寒かったので、防寒対策は必須です。)

順番に誘導されて、しずしずと建物に入りました。

あたりまえですが、ここから先は撮影禁止。

スマホの着信音を鳴らしてるアホもいたけど、電話ももちろんダメです。

※チケットを持っていてもいなくても、列は同じです。

※身分証の確認はさすがになかった(笑)。

(18歳未満に見えるかもしれない、とおごっていたわけではない。よ。)


コインロッカーやトイレなど、ひととおり揃っているらしい。

幸い職員はたくさんいるので、必要なら聞いてみてね。


ギシギシきしむ木製の階段をのぼって、まずは4階で行きます。

最初はふつうの板張り。

途中から緋毛氈が敷いてありました。

「あは、この感じって・・・」

かつての歌舞伎座で、4階の幕見席まで延々と階段を上らされたときと似てる・・・(笑)。

階段の幅はもちろん、劇場みたいに広くないけど。

なんかなつかしい。

・・・ふう。

汗をかきつつ、最初の展示室に到着。


今回の春画展では、

①第一展示室(4階)に、肉筆の春画。

②第二展示室(3階)に、版画の春画。

③第三展示室(2階)には、豆版や細川家所蔵の春画コレクション。

という展示構成になっています。

展示スペースはさして大きくはない。

その意味では、全部じっくり見てもそこまで疲れない・・・って、いいたいところだけど。

たしかに、歩く距離でいえば大したことない。

でも、とにかく疲れました(笑)。

途中で足が棒になるかと思ったぐらい、へとへとになったわ(笑)。

たぶんね、かなーり熱心に見たからだと思う。

展示品ひとつひとつは、あまり大きくないわけです。

巻き物にせよ、版画にせよ、サイズは限られている。

ぎっしり詰まった人の群れがスローに、超スローに進んでいく。

それを、ただひたすら待つ。

自分がその展示品の真ん前、最前列に来るまで待つ。

その繰り返し。

根性を入れて、というか気長に待たないと、何も見られません(笑)。


肉筆の春画。

これがもうね、すさまじいクオリティなのです。

圧倒的な美しさ。

かなり古いものから、近世までいろいろ。

(ちなみに春画の歴史は、はるか平安時代までさかのぼるらしいよ。日本スゴイ。)

なにしろ、描いてる人たちが超一流の絵師ばかり。

鳥居清信、歌川国貞、丸山応挙、狩野派、菱川派。

絵師不詳も多い。

素人目にもわかるほど、保存状態がいい。

上等な紙や布、上等な絵具。

表装も豪華絢爛。

金箔や銀箔がほどこされているものも珍しくなく、とにかくお金がかかっています。

春画が上流(貴族や武家)階級のものであったこと。

長いこと大事に、だいじにされ続けてきたであろうこと。

名のある絵師が注文を受けて、気合を入れて描きあげた傑作であること。

その事実に、まず打たれます。


優美な色合いの美しいこと。

着物の模様から織りから、背景の建物の様子、それこそ畳やすだれの目ひとつひとつ。

実に丁寧に、あますところなく描写されているのがすごい。


で、やることやってる(笑)。

そりゃもう、モロに。

過度のデフォルメ。

夢想や理想も入ってるんだろうけど、まぐなむ様は軒並みフランスパンのサイズ(笑)。

「・・・うっそお・・・」

んなわけあるかい。


男女関係は、おもしろいほど対等に見えました。

男がコナをかけてるのに、そっけない女性の姿。

いやですよ、なんて風情であっちを向いているのに、下半身は男のほうを向いてたりね(笑)。

しれっと何か他のことをしてるふりで、手がこちょこちょ。

ささっと、着物のあわせにしっかり侵入していたり。

スケベ坊主が大奥に忍び込んだら、逆に女性陣に襲われちゃった!

みたいな絵もありました。

男ひとりを奪い合うたくさんの女性ってパターン、わりと多め。

(これも男性のファンタジーなシチュだから?)

三人以上が同衾してる、いわゆる3Pもいっぱい。

覗きはほぼ、アートの世界。

のぞき構図はかなり頻繁に登場します。

あきらかに女が主導権を握ってると、わかるものも多い。

ユーモアや、遊び心が見えるのも多い。

実におおらかに、大胆に、恥ずかしがることもなくやってます(笑)。

すばらしい(笑)。


かと思うと、超らぶらぶもありました。

所かまわずキスしてる、いちゃいちゃ。

そう、思ったよりも接吻は多かったなあ。

これは嬉しい発見でした。

(頬に女性の口紅、つまりキスマークをつけた男性もいたよ。)

ことの最中、しっかり指と指をからめている男女。

えぐい性描写とは裏腹に、この「手はしっかり」が乙女なのよ。

恋愛してるじゃん!

って感じで、ちょっとほっとする。

正常位でひしと、下から思いっきり抱きついている女性。

これは岩城さん・・・もとい、秋月さんに見えました。

おまえを俺にくれ、の彼。

のけ反った顔は上気していて、恍惚の表情。

目はほとんど閉じている。

そこに覆いかぶさる男も、ものすごーく気持ちよさそう。

(もちろん春画ですので、アレはもろにがっつり奥まで、です。はは。)


日本画の人物は、みんな引き目かぎ鼻で顔が同じ、と思ってますか・・・?

とんでもない。

おへちゃもいれば、見るに堪えないブサイクもいました。

老若男女、なんでもござれ。

その一方で、美男美女もいました。

貴重品です。

絶対この男、自分がイケメンって知ってるよね。

そう思わせる余裕の表情のお兄さん、とかね(笑)。


古い肉筆の春画はね、詞書(ことばがき)があるの。

登場人物の紹介や状況の説明がある。

場所をあらわす背景もしっかり描き込まれている。

それが、時代が下るほどになくなっていくのだそうです。

わお(笑)。

どんどん絵柄がデフォルメされていく。

詞書は少なくなり、やがて消え、背景の草花すらやがて不要となる。

ただひたすら、半裸の男女がからみあう。

なんかね、BLマンガ(というかエロ漫画)の変遷と同じだなあ、と思ったわ。

言い訳がどんどん減って、ただヤる。

どんどん絵が洗練され、どんどん表現が過激になる。

どんどんリアリティを離れ、あり得ない設定でのえっちに発展する。

・・・どこかで聞いた話だ、と思ったもんだ(笑)。


版画の春画。

菱川師宣、鈴木春信、鳥居清長、喜多川歌麿、葛飾北斎、歌川国芳。

オールスターキャスト、という感じですね(笑)。

有名なのがいっぱいでした。

わたしが気に入った作品は、月岡雪鼎、勝川春英、歌川国安、溪斎英泉など。

いいですか?

二次創作/パロディ、いっぱいあるんですよ。

源氏物語の主人公、光源氏を今(=江戸時代)に蘇らせたもの。

伊勢物語の「裏」本。

(表=ご存知、在原業平の物語。その男女関係部分のみを、グラフィックに描いている。)

義経がどうの、ってのもあったらしい。

(「義経千本桜」をパロって「義経専犯枕」とか、おやじギャグも真っ青。)

人気の歌舞伎役者同士をからませた、今でいうナマモノやおい本。

それに近いのが、歌舞伎の台本をマンガ化したもの。

ある意味、王道の二次創作ですね。

人外の生き物と交わる、禁断の獣○ものもありました。

かの有名な北斎の「蛸」も、その一種でしょう。

大蛸と小蛸がくねくねと海女を襲う、例のアレ。

これはひょっとすると、(男性向けエロ漫画に多い)触手モノの走りかもしれない。

都合よく、男がミニチュアサイズになって世間のえろを見て歩くもの。

こっちは、いわば透明人間モノの先駆者かも?(笑)

(現代のエロ漫画には、都合よく女性には姿が見えない状態でイタズラをする、的なのも定番ですよね。)

ああ、そういえば。

人外じゃないけど、ガイジンものもあったな。

よく描いたよなあ、と思います。

ついでにいうと、幽霊モノも。

この世の者ならざるものと交わる、あるいは襲われる。

(日本の文学にはときおり見られるテーマですね。)

男女の妄執。

これは非常に出来がよくて、今でも脳裏にこびりついています。


版画は、雄弁です。

地の文があり、台詞があり、ちゃんと擬音まである。

コマ割りもあり、引きのコマ、主人公アップのコマなんてのもある。

※しつこいですが、春画ですのでやることはやってます。派手に。

「なんだか・・・」

そう。

現代のわたしたちが知ってるエロ漫画のルーツは、みんなここにある。

今の世の中にしかないと思ってたけど、それは間違いでした。

人間の頭の程度って、江戸時代からあんまり変わってないんだなあ(笑)。

昔の人が好きだったアレコレは、今の我々も好きなのね。

まったく新しいアイディアなんか、現代人に思いつく余地はないのかも。

えろくてナンセンスで、ときに辛辣で、だけど決してユーモアを失わない春画。

一貫して、えっちを肯定してるのが凄い。

それもそのはず。

今とは倫理というか、道徳というか、えっちに対する感覚が違いますよね。

決して、昔はモラルが低かったとか言いたいわけじゃありません。

その反対。

幕府による規制はあったかもしれないけど、庶民の感覚として罪悪感があったのか・・・?

その辺、ずいぶんちがうと思います。


豆版。

これは生まれて初めて目にしました。

9センチ×13センチのちいさな世界。

携帯に便利なミニサイズの紙面に、超絶技巧のフルカラー版画。

何十回、重ね刷りをしてるんでしょう。

とにかく細密画みたいで、めちゃくちゃに細かくて美しい。

エッチングみたいに、画面に凹凸があるものもあるのよね。

まじわる男女の身体が立体的に、盛り上がっているように見える。

どういうことなんだ、あれ。

目を凝らして見るのは大変ですが、その価値は十分にあります。

髪の毛、一本一本かいてあるよ。

おくれ毛がほろり、とか。

着物の合わせからちょっとだけ覗く女性の乳○とか。

そんなのまで、こまやかに描かれている。

鳥肌もののクオリティです。

それにしても、ルーペが欲しかったなあ(笑)。







というわけで、さて。

これでも、ざっと大まかな感想のつもりです(汗)。

実に豊潤な時間でした。

これはたしかに、一級の美術品だわ。

ここにある作品を「わいせつ物」だと思う人がいたら、そっちのほうがオカシイ。

だってエロいかえろくないかで言ったら、えろくはないもの(笑)。

少なくとも現代人の目には、エロには見えないと思います。

(いわゆるオカズにならない、という意味。)

そういう次元じゃない、と思う。

まあ、たしかに、生牡蠣とフランスパンが大量発生してたけどね・・・(汗)。

「ぱ・・・秋のパン祭り(爆)」

失礼しました。







●というわけで、

では、またね。。。


【22/12/2015 03:58】 アート | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム