あたりまえに、あたりまえを

●TBのお題から

「あなたが好きな100均のアイテム」

なんだろう。

定期的に買ってるのは、除菌ウェットティッシュ。

化粧用コットンとか綿棒。

キッチン用のポリ袋あたり。

そういうフツーの消耗品ですね。

「好き」

かどうか考えたことないけど、定番アイテム。

それで大きな不満がないから、いいんじゃないの?

※ただし、

①100均よりも安い同等商品が、スーパーのPBラインにあったりするので要注意。

②ホイルやラップなど、クオリティに難があって使えないものも多い。

・・・とは思います。

あは。



それから、いろいろな形状のプラケース。

「あ、かわいいかも♪」

たまにオシャレなのに遭遇すると、ついつい手が出てしまったりする。

手軽さ。

そこが100均のコワイところですよね。

「どうせ108円だから」

と油断して、要るか要らないか、よく吟味せずに買ってしまったりする。

買ったけど結局は使わなかったもの。

サイズが用途にフィットしなかったり、すぐに壊れてしまったりしたもの。

そういう小さな失敗、案外あるような気がします。

金額が金額なので、なんというか、失敗しても大きなショックにはならない。

「あーあ、ダメだったか」

ぽい、で終わり。

そこが落とし穴なのかな。

学習しにくい、ってことですね。



あとは、背景(撮影)用の小物かなあ。

ちょっとした雑貨や造花、文房具、季節の飾りものなど。

(お正月飾りとか、クリスマスのオーナメントとか。リボンや包装紙など。)

テーブルフォト撮影に、便利な小道具になってくれます。

実際にはチャチなつくりでも、お人形の背景としてなら映える。

・・・こともある、という感じですね(笑)。







●なんとなく

食べ物関係のネタ。

グチというか、単なるおしゃべりです。



①玉葱テロ

文字通りです。


aaa-thinly_sliced_onions_close.jpg


その日はたまたま、小鳥さんの帰りが遅くてね。

「まだかな・・・」

夜ごはんの仕度をしてたわたしは、他にやることがなくなってしまった。

その日は炒め物だったから、具材の用意も簡単。

洗うとか、皮をむくとか、刻むとか。

そこまで準備しておいて、帰宅を待ってから調理するつもりでした。

「やることないな・・・」

で、魔がさした。

ええ。

いつもならやらないのに、なんか手持ち無沙汰でね・・・(汗)。

「いいや、これも切っちゃえ!」

唯一、切らないで放置しておいたタマネギ。

それに手をつけてしまったのだよ。

うぐ。

(^~^;)

ザクザクと粗いくし切りにして、他の野菜と一緒に放置。

どうなったか?

いうまでもありません。

タマネギを刻んで、あたたかい部屋にながく放置するとどうなるか。

ねえ・・・(汗)。

部屋中に、あのツーンとした匂いというか、刺激物というか。

なんなんでしょうね、あの成分。

徐々に広がり、やがてめいっぱい充満して、大変な事態になりました(泣)。

とにかく、部屋中が臭う。

目がシパシパ痛くて涙ぽろぽろ。

そのうち息まで苦しくなる。

うるうるズルズル、アレルギー性鼻炎みたいな症状まで発症しました。

いや、もうねー。

辛かったなあ。

ホント、ひどい目に遭いました。

自分がアレルギー持ちで、とくに鼻からの刺激に過敏に反応する体質だってこと。

ころっと忘れていたわ。

帰宅した小鳥さんが、

「なにこれ!?」

悲鳴を上げたほど、部屋中がタマネギ地獄と化していました。

タマネギ爆弾。

なんかもう、テロ行為に近い。

たかが玉ねぎ。

されど玉ねぎ。

まさか、あれほどの威力があるとは・・・(汗)。

料理のコツなどで、

「タマネギは刻んでからしばらく放置しておくとよい」

なんて聞いたこともありますが、とんでもない。

とーんでーもなーい。

わたしには無理。

なんかいいことがあるとしても、危険すぎる。

舐めてかかったらいけません。

玉葱テロ(自爆)、おそるべし。



②いちご責め

これはどちらかというと愚痴。

他愛ないグチです。


aaa-StrawberryBellini21.jpg


この時期、めちゃくちゃに多いですよね。

イチゴをつかったお菓子や菓子パンの類。

いちご=春のイメージなんだろうな。

「これでもか!」

っていうぐらい、毎日のように見かけますよね。

わたしは、イチゴそのものは好きなのです。

ふつうに洗ってふつうに食べる、フルーツとしてのイチゴ。

それはいい。

苺の乗ったケーキぐらいなら、わりといける。

だけど、その先がダメです。

どういうわけか、イチゴをつかったお菓子類は苦手。

※「キライ」じゃなくて「苦手」ね。

イチゴ大福も、イチゴ入りのチョコレートも、イチゴ味のビスケットも要らん。

「あまおう」や「とちおとめ」を使った菓子パンも、シュークリームもイヤだ。

興味ないの。

あまおう、好きですよ。

とちおとめもすごく好き。

(あと知ってる品種名というと、さちのか、とよのか・・・あたり?)

いちごに罪はない。

そのまま、フレッシュな状態で食べさせてほしいだけ(笑)。

「なんで苺をアレンジしたがるんだよ・・・」

そう。

定番のお菓子がこぞって、苺モードになってるじゃない?(笑)

ワケがわかりません。

どのスーパーに行っても、なんでもかんでも苺。

コンビニですら、これでもかってイチゴ。

視覚的に、とにかくいちご。

自分的には 「いちご責め」 に遭ってる気分なのですが、誰も理解してくれません。

「はあ?」

イチゴを嫌いな人間がいるのか、って感じで呆れられる。

ちょっとした変人扱いですね。

いや、だから。

イチゴそのものは好きなんだってば。

あの甘酸っぱさは好きなの。

ベッタリ甘い、香料まみれの、ピンク色のつぶつぶっぽいナニカを

「これはイチゴ(味)です」

「季節感あふれるお菓子でしょ? おいしいよ?」

って、ゴリ押しされるのがイヤなんだってば・・・(汗)。

イチゴ味といいつつ、本当にイチゴっぽいと感じることはあんまりない。

そして100%甘いもの(例: チョコレート、あんこ)に、酸味のつよいイチゴは合わないと思うの。

なんかだめなの。

説明してもわかってもらえないので、わたしの味覚がヘンなんでしょう。

マイノリティらしいのは理解しました。

でも、苦手なもんは苦手なんですもの。

しょうがないじゃない。

いつまで続く、いちご責め。

あぐぐ。



③たまごジレンマ

卵の価格が上昇してる、という話は以前にもしました。

1パック(10個入り)が100円前後でふつうに買えたのは、昔の話。

今はヘタすると、定価でその倍ぐらいしますよね。


aaa-17is4vmhrqmmbjpg.jpg


卵が、おうちの常備品だという方は多いでしょう。

うちもそうです。

冷蔵庫になくてはならない。

でも普段は高い。

根っからセコイ性分のせいか、

「特価だと100円ぐらいで買えるものに、今ここで213円(仮)を出す」

というのに、ひどく抵抗を覚えます。

※滋養のある高級タマゴの話ではなくて、廉価な白たまご(たまにサイズミックス)のことです。

いや、抵抗なんてもんじゃないかも(笑)。

そのお金が出せるか、出せないかって話ではない。

底値がわかっているものに対して、それを大幅に上回る対価を払うのがイヤなんですね。

なんか嫌だ。

どうしてもイヤ。

ケチ。

ええ、そうですとも(汗)。

当然ながら、

「どのスーパー&ネットスーパーで、いつ卵が安くなるか」

といった情報は、ちゃんと把握してるわけです。

が、これがねー。

いつもいつも、そのタイミングでお店に行けるわけではない。

あたりまえですが、買い損ねることもある。

(タイムセール方式で、その時間ぴったりに並んでいないと買えないとか、あるしなあ。)

「あ、まずい・・・!」

気づいた時には、卵がない。

あるいは足りない。

どうしても使いたいのに、在庫を切らしてしまった。

そういうときの、ジレンマときたら・・・!(笑)

「うーむ・・・」

必要なんだから、多少お高くても買うしかないじゃない?

それはわかる。

だがしかし、心情的には買いたくない。

どうしても抵抗がある。

なんか負けた気がするから(笑)。

でも、要るんでしょ?

だけど・・・ (以下ループ)。

電車やバスの中で、ああでもない、こうでもない。

おそろしくアホなことに頭を悩ませ、深刻なジレンマに陥っている。

「買うべきか、買わざるべきか。それが問題だ・・・」

たまにハッと我に返って、目眩がします。

いやんわたし、どんだけバカなのよ???(笑)

これってそんなに真剣に悩むようなこと・・・???

とほほ。







●そして

食べ物ネタついでに。

「ココイチビーフカツ流出騒動」から見えるCoCo壱番屋の高い危機管理体制

CoCo壱番屋、廃棄カツ流出騒動に見る「ココイチイズム」

ココイチの壱番屋、廃棄食品の転売防止策を発表 ダイコーとの取引は即刻停止

こういうの、なんだっけ。

禍(わざわい)を転じて福と為す・・・みたいな感じ?

微妙にちがうかな。

ココイチって、なんだろう?

ファミレスとは、ちょっとちがう気がする。

なんでもあるのがファミレスで、対照的にココイチはカレー専門店だ。

ファストフードと呼ぶにはお値段がややお高め、なんですよね。

マックや吉野家と同じラインにはいない、でしょう?

よくわからん。

ウィキ先生いわく、世界でいちばん大きなカレー専門店チェーンだそうな。

そして、知らなかったけど、今はハウス食品グループの傘下なんですね。



食の安全

ここ何年か、繰り返しニュースになるテーマです。

この話題で今回はじめて、ものすごく正しい危機管理を見た気がしました。

“廃棄したカツの流出”

最初にそう聞いたときは、ああ大変だな、と思った。

ココイチに落ち度はなくても、ある程度の風評被害は避けられないかも、って。

でも、ちょっと違いましたね。

報道が詳しくなればなるほど、

「すげえ!」

しか言えなくなった(笑)。

※回し者ではないよ。

※現時点での報道内容を見る限りね。

まず、廃棄の基準が明快。

「異物混入のおそれがあるから」

ばっさり、そのロット全部の廃棄処分を決定。

あたりまえのことですが、あたりまえがあたりまえであるのって、必ずしもあたりまえじゃないから(笑)。

「最大で8mmの合成樹脂片が混入した可能性」

のために、4万枚以上のビーフカツをボツにした。

徹底してます。

で、ちゃんとプロに処分を依頼した。

(しいて難癖をつけるとしたら、処理業者の選定が的確だったかどうか、でしょうか。)

だけど、むずかしいね。

いくらココイチの意識が高くても、ほかの業者も同じとは限らない。

横流しして、お金儲け。

まったくね、反吐が出るようなえげつなさです。

でも、ここからがスゴイ。

まさに 「天網恢恢疎にして漏らさず」 を地で行ってます。

スーパーで偶然にも “ココイチのカツ” を見かけたのが、パートのおばちゃん。

ココイチの、ですよ。

「店の厨房でしか見ないはずのものが、なんで売ってるの?」

不審に思い、わざわざ本社に通報したそうです。

なにげないようだけど、とても立派なことだと思う。

(余計なお世話だけど、彼女がちゃんと社内で表彰されてますように!)

そこからは会社が、迅速な対応を見せました。

流出ルートを洗い出し、きちんと証拠を抑えて記者会見。

その数日後には、転売防止策をあらたに発表。

こういうのを見るかぎり、彼らの危機管理はパーフェクトに近いよね。

誰がなにをすべきか、ちゃんとわかってる。

食の安全に関しては、スピードと透明性が何より大事だって理解してる。

そういう印象です。

「ココイチすげえ」

株、あげたよね。

これだけきっちりした会社なら、商品コストが高いのも頷けるかも。

・・・と思ったのは、わたしだけではあるまい(笑)。

ココイチは決して安くない。

でも安全はタダじゃないのよね。

そんなことをふと、考えました。

あうう。

やばい。

カレー食べたくなった・・・(笑)。







●では、

またね。。。


【20/01/2016 01:43】 社会・時事ニュース | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム