涼しいといえば、そうなんだけど

●最近の

「トシをとったなあ・・・」

は、たとえば、アレです。

スーパーでお買い物をしたあと、レジ袋に商品を詰めるとき。

するっと、つるっと、さらっと。

「あう・・・んもう!」

(--;)

指先がすべりまくって、ロクにポリ袋を開けることができない。

とにかく、ビニール袋はダメですね(汗)。

イライラしちゃう。

しょうがなくて、サッカ台の上の濡れ布巾(のようなアレ)に手を伸ばします。

※「サッカー」台などと呼ばれていますが、ホントは「作荷」台らしいですよ。

(他説もあるので、どれが真実かは不明です。)

あんまり清潔そうに見えないから、できれば触りたくない。

でも、あれで指先を湿らせないと、どうしようもない(汗)。

指先の乾燥、とでもいうのかなあ。

老化現象ですよね。

ページをめくったり、書類をパラパラとやるのに苦労する。

お財布からお札を一枚だけ引っ張り出すのは、ときに至難の業。

ペロッと・・・ね?

ときと場合によっては、ついついやってしまう(汗)。

いや、必死ですよ。

外でやらずに済むように、ものすごく自制しています。

でも、完全に防げているかどうかは微妙(汗)。

ねえ。



昔むかし、その昔。

うら若き20代、花のOL(ん?)だったころのことを思い出します。

ファイルを開いて、指先を舐め舐め、書類を繰って見ているオッサン。

「ぎゃあ、キタナイ!」(心の声)

(((((((;´д`)))))))

それがえらい上司だろうと、内心ものすごーく嫌悪感を覚えていました。

「オッサンってどうしてあんなキモイことするの!?」(心の声)

やめてやめてやめて。

なんで舐めるの。

その書類、わたしだって触るのに・・・!

ああ。

不潔不潔不潔・・・!

あのころの葛藤をリアルに覚えているだけに、今の状況はせつないわ(笑)。

いやあ、もうね。

今でも、だれかがそれをやっていたら気持ち悪いとは思うので、後悔はしてない。

してないけど、あれよね。

残酷だったと反省はする。

若いひとには絶対に理解できないことって、たしかにあるよね・・・(笑)。

トシをとらないと実感できないこと。

若いときには想像もつかないこと。

指先を舐め舐め書類をめくるのは、今でもやっぱりやらないでほしい。

つか、やるべきじゃないと思う。

自分もやらない。

(自分ひとりで、自宅でやるぶんにはご自由に。)

が、なぜその行為が出てしまうのかは、痛いほどわかる。

指先に、かつてのような潤いがないのよ。

ねえ。



子供の手に触れる機会があったりすると、びっくりしますよね。

お手々をつないだ幼児の、やわらかい手の圧倒的なしっとり感(笑)。

きめが細かくてつるつるなのに、たっぷり潤ってるもん。

若い生命力!

ヾ(*´∀`*)ノ

・・・って感じ(笑)。

たとえば子供が、ケーキ屋さんのショーウィンドウに触る。

※よい子はやってはいけないのよ。

うわあ、おいしそう!!

夢中になってガラスに手をつき、下手をすると顔もくっつけるようにする。

※マナー違反ですよ。

で、もちろん、べったり手形がつきますよね。

今もし仮に、わたしがあれをやったとしたら・・・???

※まちがいなく警察に通報されます。

いや、でも。

たぶんショーウィンドウに軽く手をついたぐらいじゃ、大した跡はつかないと思う(汗)。

※跡がつかないからやってもいいとか、思ってるわけじゃありません。

だって、乾燥してるんだもの。

うるおい、足りてないもん。

ε=(o;´ρ`)o-3ハァ







●わたしは昔から

ゲームに興味がありません。

たしかに、子供のころに(今でいう)ゲームはありませんでした。

いや、まあ。

ちょっとはあったと思うけど、ゲーム文化はまだなかった。

世間の人たちがゲームに夢中になるころには、すでに成人してました。

おかしなもんですが、あれです。

マンガはおとなになっても好きで、ずっと好きで、大人の文化でもあると思ってるのに。

ゲームとかアニメに関しては、いいおとなが夢中になるなんて、とクールに思っていたりする(笑)。

第三者から見たら同じオタク、同類でしょうにね。

変な話だ。

でも、あれです。

友人にはゲーム好きもいるし、アニメ好きももちろんいる。

他人の趣味ですので、わたしなんぞがとやかくいう筋合いはないと思ってます。

バカにしたりはしません。

関心がないのと、バカにするのとは違いますから。



で、さて。

そんなわたしでも、時事ニュースになるほどのゲームなら知ってます。

というか、特に何もしなくても耳に入ってきます。

そう。

例の、ポケモンGOね。

ここ一週間かそこらの間に、爆発的にニュース量が増えた気がします。

リアルに、どれだけ流行っているのか。

それを今朝、まざまざと見せつけられましたよ(笑)。

満員電車の中で、スマートフォンをいじってる人たち。

それは通常の光景だけど、画面がみんな同じ。

みんな・・・いや、8割ぐらいかな。

かなりの確率です。

あの特徴的な、明るいグリーンの3D地図みたいなやつね。

(なんで知ってるかって? そりゃもう、ネットでいやになるほどニュースを見たからです。)

あっちの人も、こっちの人も。

意外と・・・というか、中年世代が多かったなあ。

女性もけっこういた。

他人のスマートフォンを覗くなんて、悪趣味だとお思いでしょう。

その通りです。

でもわたし、あえて覗いてはいません。

身長170センチのわたしが立っていると、よそ様の手元はたいてい丸見えです。

よっぽど背の高い人でない限り、わたしの視界からスマートフォン液晶を遠ざけるのは難しい。

5台、10台のスマートフォンに囲まれているんですもの。

いやでも、目に入りますって。

というわけで、ね。

ポケモンGOがいかに流行っているのか、リアルに体験した気分です。

しゅごい。

ブームってこうやって生まれるのか、と。

ふとそう思ってしまったりして。







●そういえば

LaLa原画展に関しては、また別の機会に。

一応ひとこと言っておくと、なかなか面白かったです。

日曜日の午後でしたが、さほど混み合ってはいませんでした。

旧世代の作品は、やっぱりというか、若干少なめ。

ツェットくんが2枚、摩利くんが数枚。

厩戸皇子が1枚。

ま、しょうがないね。

※クオリティはすごい。

成田美名子さんのファンはきっと喜ぶと思う。

たっくさんあったから。

あと、もっと現代に近い人たちね。

では、またね。。。



【25/07/2016 22:23】 雑談☆日々のあれこれ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム