猛暑到来

●いやあ

来ましたね。

猛暑。

キタ──ヽ('∀')ノ──!!

・・・って、喜んでる場合じゃないって(汗)。

真夏らしい一日でした。

ギラギラ太陽。

もっくもく積乱雲。

こういう日に限って外出の用事があって、ええ、出かけましたよ。

真っ昼間、赤坂の細道を上がったり下りたり。

「あつい・・・」

il|i(p′Д`;)il|i アツスギィ…ι(‘A`υ)

元来ヘタレなので、ばてるのも早い。

蝉しぐれ。

(そう、都心はけっこう緑が多い。つまり、蝉がうるさい。)

「ああ・・・」

昼間はなんといっても、アブラゼミですね。

聞いてるだけで暑くなる。

「おまえら・・・」

(゚Д゚;)ゞ暑ィなオィ!!!

暑いとついつい不機嫌にもなります。

つまらんことでキレそうに・・・いや、まずいまずい。

冷静に冷静に。

「心頭滅却すれば火もまた涼し」

呪文のように唱えます(笑)。

小さいころ、祖父にさんざん言われたよなあ。

「しんとーめっきゃく・・・すれば・・・えっと・・・」

・・・いや、無理だわ。

ないわ。

意識が朦朧としてるのに、そんな難しいこと考えられない(笑)。

「あちい・・・」

たぶん、実際に口に出してる。

たまらんぜ、という感じで。

もちろん、日差しと熱をシャットアウトする、例の優秀な日傘は持っています。

持ってるけど、でもねー。

都会の熱は下から、つまりアスファルトから来るでしょう?

照り返し、なんてカワイイもんじゃないでしょう?

上から、下から。

オーブンの中を歩いているようなものです。

だから、思ったほどの効果はありません。

ないよりはいいけど、焼け石に水。

「やけいし・・・」

あかん。

ふと口にした言葉すら暑苦しい(笑)。



「あっついですねー」

にこにこにこにこ。

・・・そう話しかけてくるのは、オフィス最寄りのコンビニのお兄さんです。

アジアからの留学生。

なんとなく話すようになって、ほかに客がいなければ足を止める。

ま、ほんの数十秒ですが。

手際がよく、わたしのオーダーをちゃんと覚えてる。

(なにを買うとお箸をほしがるとか、温めるとか温めないとか。そういう些細なこと。)

「ありがとねー」

おばちゃんなので、こっちも愛想よくする(笑)。

どう考えてもめっちゃくちゃにシフト入ってるので、搾取されてるんじゃないかと心配になる。

※首都圏のコンビニは慢性的な人手不足です。

でも、にこにこしてるからなあ。

なんでこのくっそ暑いのに笑っていられるんだ。

(((((((;´д`)))))))

ある意味、お天気ごときで不機嫌になるわたしより、よほど人間ができてるのかも。

「アイスカフェラテあるよー」

(たまに、営業もされる。あはは。)

「ううん。ホットがいい」

というとものすごくびっくりして、何度も確認する。

Σ(゜Д゜;≡;゜д゜)っ

「ホットのカフェラテなの?」

なんとなく、これはホットのほうが好きなんだよね・・・(笑)。

まあ、いいか。

あの青年が

「あついけど、お仕事がんばってねー」

とかいうもんだから、なんとなく、うんうんとうなずいてしまう(笑)。

サラリーマンが、ドトールやマックのアルバイト女子に癒される、とかいう意味がわかるかも。

・・・いいのか、おい(笑)。







●とかなんとか

ぐだぐだと、今日も書いてしまいました。

まっとうな記事にならなくてごめんね。

なにしろ暑いからね・・・(汗)。

向こうしばらくは、猛暑の予報です。

みなさま、どうぞお大事に。

では、またね。。。



【04/08/2016 21:50】 気象・自然 | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム