花火大会に・・・

●行くつもり、

だったんですよ。

今年も、例年どおり。

首都圏でも規模の大きい花火ですし、たまたまうちに近いし。

(徒歩で10分とかからないし、もちろん無料で見られるし。)

夏の風物詩。

見に・・・というより、おもに撮りに。

ここ3年ほど、飽きずに毎年せっせと行ってましたし。

気乗りしない小鳥さんを引きずって、なんだかんだと(笑)。

そう。

暑くて死にそうでも、それでも汗だらだらで出かけてました。

でっかい三脚とカメラを抱えて。

いつの日か、最高に美しい花火の写真を撮ることを夢見て。



が、ダメだあ。

今年は結局、やめました。

断念したというより、なし崩しとか、時間切れ。

ずるずると挫折したといったほうが真実に近い。

暑すぎる、というのもあります。

今日は首都圏、35度レベルですものね。

il|i(p′Д`;)il|i

それはホント。

でも、それだけじゃないなあ。

カメラの調子がよくない上に、わたしの諸事情で、このところ気合を入れた撮影をしていない。

一年ぶりに三脚に触れるとか、そんな状態。

そこまでご無沙汰だと、なんというか、気力が萎えます。

どう言ったらいいんでしょう。

カメラって、非常に精神的なものだと思う。

撮ることへの欲求。

対象物への興味。

それを表現することへの執着。

そういったものの発露がないと、撮影ってできない。

だって、手入れとか準備とか下調べとか、基本めんどくさいんだもの(笑)。

撮影しなれていると、それが当然になります。

しばらくまともにやってないと、その逆。

その「下準備」の段階で、なんだか億劫になったり、疲れてしまう(汗)。

「さあ、今日は△△を撮るぞ・・・!」

それだけで純粋に盛り上がればいいんだけど、そうじゃないと大変。

「今日、もしかしたら、自分史上最高の一枚が撮れるかもしれないじゃないか・・・!」

そんな鼓舞が要る(笑)。

自分で自分を奮い立たせるのに非常に努力しなくちゃいけない。

・・・んだけど、それ自体がもう無理。

今日は、そういう心理状態でした。

ああ、残念。

本当に残念だけど、ダメはときはダメです。

諦めます。



「行かない」

と小鳥さんが断固として言ったのもあるけど、それも付随的な理由だなあ。

わたし自身の迷いというか、優柔不断のせいですね。

あーあ。







●それにしても

あっついですねえ。

あついんじゃ~!!(ノ-_-)ノ ~┻━┻

どういう酔狂か、今日は真っ昼間から小鳥さんと買い物に出かけました。

あ、いや。

土日の買い物にご一緒するのはいつものことなので、単なる習慣です。

でも、今日の日差し。

今日の照り返し。

どうだ、真夏だ!

・・・という感じで、なかなか迫力がありました(汗)。

どれだけ猛暑でも出かけてしまうあたり、習慣ってコワイ。

(((( ;゚Д゚)))

まあ、スーパーとかマツキヨとか、大したもんじゃないですが(笑)。



w6aug2016a.jpg



そして・・・わお。

35度でバテているわたしには、ちょっと想像のつかない数字だ(汗)。

毎年この時期に思うけど、甲子園の高校野球。

昔とちがって、今は生死の心配をしなくちゃいけないほどの過酷な環境です。

なにもこんな、熱中症で倒れそうな時期にやらなくても。

人が死んでからでは遅いのに。

そう思ってしまう。



w6aug2016b.jpg



この毒々しい赤と紫の列島。

「夏だ・・・」

という、ため息しか出て来ない。

ふう。







●というわけで

では、またね。。。


【06/08/2016 18:54】 雑談☆日々のあれこれ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム