秋の企画にふさわしい・・・

●日曜日の

午後にちょっと、散歩に出かけました。

ご近所をちょっと遠回りして多めに歩いた、その程度ですが。

その程度のささやかな運動ではあるけど、あれだ(笑)。

それをする気になったのは、ほんのわずかとはいえ涼しかったからです。

涼しい、うん。

大げさな気もするけど、そう感じました。

暑がり汗っかきのわたしがそう思うぐらいだ。

きっと普通のひとは、もっと涼しいと思ったことでしょう。

(風がやや涼しいと感じるからといって、汗をかかずに済むわけじゃないんですけどね。残念。)

「ふう・・・」

一息つける、そんな気温。



w14aug2016a.jpg



w14aug2016c.jpg



最高気温が30度いかなかったぐらい。

なるほどね。

体感的にも、30度バリアを突破してないような気はしてました。

友人たちとの昔話でもよく出てくるのですが、

「子供のころは、30度を超える日があったら日記に書いたよね」

そう。

今日は特にあっついなあ、と。

そう感じた日は気温が30度を超えていたような、そんな気がします。

イベントとまではいかないけど、30度超えはちょっとしたネタだった。

今も、8月のこの時期に30度行くか行かないかだったら、たぶん話題になります。

ただし今は、まるっきり逆の意味。

「盛夏なのに、真夏日(30度以上)の連続記録が途切れた!」

「珍しく涼しい!」

みたいな、そっち方向のネタだよね・・・(汗)。

※気象庁の用語で、最高気温が35度以上=猛暑日、30度以上=真夏日、25度以上=夏日です。

※ちなみに熱帯夜の定義は、夕方~朝の最低気温が25度以上。



でも今日は、かすかな秋の気配も感じました。

①ツクツクボウシの声をたくさん聴いた。

②リンリンチロチロ、虫の声も聞こえた。

③この頃ちょっと夕暮れが早い。

むりやり・・・?

いやいや(笑)。

秋はもうそこまで。

・・・そう、固く信じているわたしです。

そろそろお菓子の世界にも、秋の新製品が並ぶのよね。

栗とか、かぼちゃとか、そういう系。

ハーゲンダッツも秋になると、ほら、ラムレーズン味を出しますしね。

それも秋の風物詩。

もうすぐ。

もうすぐです。



w14aug2016b.jpg



ただし、いいことばかりではない。

台風もそういえば、秋の季語です。

こればっかりは、来なくていいものを。







●秋といえば

芸術の秋よね。

というわけで、これをぜひともご紹介せねば。



ryoko-yamagishi08912as231.jpg



山岸凉子展 「光 -てらす-」 ―メタモルフォーゼの世界―



山岸凉子原画展です。

※「りょう」はにすい。

9月30日から、根津・・・というか東大そばの弥生美術館で。

これは見たい。

絶対に見たい。

先日、池袋のLaLa40周年の原画展で、ちらりと。

ほんの数枚ですが、山岸凉子のカラー原画を見たばかりです。

すさまじい細密画のような美しさでした。

そういえばわたし、その昔、この人のカラー原画集を買ったこともあるかも・・・?

むろん、「日出処の天子」の、です。



お茶会の常連さんのひとりに、この展覧会のことを教えていただきました。

ほかにもきっと、行きたい人がいるはず。

「みなさんで行きましょうよ~」

とのことですので、参加をご希望の方はご連絡ください。

日程が合えば、ゆす茶会の秋イベントになりそうです。







●では、

またね。。。


【15/08/2016 01:07】 書籍・マンガ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム