現実逃避的に・・・

●おそろしく

たくさんのお見舞いのお言葉、ありがとうございました。

お見舞いの品もいただいてしまった。

本当に、ほんとうにありがとうございます。

感謝の気持ちでいっぱいです。

まだ完治まで時間がかかりますが、がんばります。



この2日は、何もしませんでした。

できない、というのが正確ですね。

(要するにこの1週間ほど、ほぼ仕事ができていない。おそろしいわ。)

ほぼ動けない。

ずっと痛い。

ひたすら痛い。

じっとしてるしかないけど、じっとしてると落ち込むのよねえ。

で、現実逃避のために。

何をしていたかというと、パリーグの首位攻防戦を見ていました(笑)。

日本ハムファイターズ対SBホークス。

大谷翔平くんがかわいいから、見てたら楽しいかも。

と、その程度の意識でした(笑)。



ああ、いや。

彼の顔自体は好みではありません。

まーるくて可愛らしい、パンダ顔だもんね。

体格はホントにすごいと思うけど。

彼がカワイイというのは、何だろうなあ。

今年は投打に大活躍で、なんというか、ひと皮むけてさらに大きくなって。

その自信が前面に出ているのがいい。

純粋に勝ちたい、優勝したい、という前のめりの気持ちがまぶしいというか。

むき出しの闘志も含めて、その一生懸命さが美しい。

タイトルほしいとか、お金がほしいとか。

そらまあプロなんだから、ないとは言わないけど。

でもそのすべてを凌駕する、優勝したい、という純粋な気持ち。

それが表情にも、仕草にも見てとれるのがいいなあと思ってます。



しかし、あの子はすごいねえ。

ピッチャーで先発して、DH解除で8番バッターとしても登場。

(ここまでは、セリーグなら当然のことなので、特別の負担とは言えない。)

でも8回まで投げたその翌日に、今度は3番指名打者でフル出場。

どんだけしんどいだろうね、肉体的に。

それでも2安打でちゃんと勝利に貢献してるんだもの、ホントすごい。

「二刀流」を、ついに現代のプロ野球に認めさせてしまった。

「なに言ってんの、大谷はピッチャーでしょ・・・」

と思っていたわたしも、彼のホームランを・・・えっと。

22号かな。

長い腕をナチュラルに折りたたんで、うまーく内角の球をすくったやつ。

そんでバックスクリーンに運んで行ったやつ。

あれを見たときに、

「イチローだあ・・・」

と思いました。

正確にいうと、長打力のあるイチローくん的。

日本では野球で最高の才能を持つひとは、どうしても投手に行きがちなんですよね。

大谷くんが野手として、打撃に専念したらどんだけすごい?

そんな想像もしてしまう。

二刀流でどこまで行ける?

どう評価する?

メジャーでもやれる?

ずっと?

・・・夢は広がります(笑)。



ちなみに>>

単に外見の好みでいうたら、あなた。

ファインプレイ連発でSBのサヨナラ勝ちを阻止した、ヨウダイカンたらいう選手のほうが・・・(笑)。

なんなのあれ。

あのメガネごと全部、かっこいいなあ。



あれ。

なんか変なノリに・・・(汗)。

わたしの人生で、日ハムを応援したくなる事態、というのが起こり得るとは思わなかった(笑)。

ですが今だけ、優勝までの期限つきで応援します。

優勝して、シャウエッセン大安売りにならないかな・・・(笑)。







●以下は

病気の話です。

つか愚痴です。

いやな方は読み飛ばしてね。



まずは、ひとこと。

ほうそうえん、とか、ほうかしきえん、とか。

さほど珍しい病気ではない、らしいです。

とりあえず質問に答えると、といってもわたしは素人ですが、うつりません。

細菌とか、感染症とか。

そういう言葉にびびってしまうけど、あれだ。

てめえの体内で勝手に、ばい菌マンとアンパンマンが戦っている。

そういうイメージでおります(笑)。

なお、重症化すると深刻な事態にもなり得るそうです。

怖いので、そうならないことを祈る。



誰にでも起こり得る、とはいうものの、なりやすいタイプというのはあるようですね。

わたしは20代のころにも細菌系の病気になっているので、なりやすいのかも。



あと、ですね。


痛えんだよ。


マジで痛いです。

何をしても、しなくても、動かしても、動かさなくても、触れても、触れなくても痛い。

激痛です。

脂汗をかくぐらい、ひたすら痛い。

どんだけ鎮痛剤をもらってても痛い。

寝てても痛い。

皮膚を引き裂くような、まるでケンザンで肌を打つような、そういう痛み。

ズキズキズキズキ、いや、もうね。

勘弁して、って感じです(汗)。



痛い。

それが延々と容赦なく続きますので、疲弊もします。

食欲なんか出るわけない。

もしかすると、患部の位置にもよるのかな。

立ったり座ったりが超しんどく、座っていても腫れがひかない。

高い位置にたもつとやや楽になる、とかさ。

ネットの解説で読みましたが、膝~内腿ですよ。

負担をなるべくかけない、高い位置にたもつとしたら、もう寝るしかない(笑)。

かといって横になっても、皮膚がつれる感じで痛い。

足を延ばすと痛く、伸ばさなくても痛い。

どうしろと!?

・・・と、ブチ切れたくもなります。

というか泣きます。

自分がかわいそうで(笑)。



痛い、以外にもいろいろと問題はあります。

不都合なことはいっぱい。

が、あまり詳しく書くとグロくなりそうなので、やめます。



正直にいおう。

こんだけ痛い病気、親の仇にすら罹ってほしくないよ。

(親の仇がいるわけじゃないけど。)

職場でいっちばん嫌いなひとがこの病気にかかったら、心底お気の毒に思うよ。

(あんまり嫌いな人いないけど。)

それで、もし最愛の人がこの病気にかかったら、

「代わってあげたい!」

・・・と、本気で言える自信が・・・ない、かもしれない(汗)。

すまん。

まだ治ってもいないけど、治ったとして、もう一度やりたくはない。

ものすごくいやだ。

痛みを知ってしまったから、よけいに恐怖が増すのかもしれません。



現在、わたしの痛みは第2ステージに達しています。

進行というより、投薬の効果でしょう。

昨日から、気づいたら痛みの質が変わっています。

激痛から、鈍痛へ。

キリキリ引っかくような痛みですが、疼くようなストレートな痛みではない。

前よりはマシ?

そういえなくもないけど、楽になったとは感じません(汗)。

脚なので、体重をかけないわけにもいかず、そうなると前と同じ。

負荷をかけずに放っておくなら、たしかに鎮静化してますが。



と、まあ。

こんな泣き言につきあってくださってありがとうございます。

この病気の困るところは、自衛のしようがないこと。

「細菌を体内に入れなければいい」

と言われたとして、ねえ?

どうしたら防げるんですか(笑)。

好きで入れたわけじゃないし、いつどうやって入ったかもわからない。

ある日いきなり、ボン!と爆発するわけです。

たちが悪いやね。。。







●というわけで、

では、またね。。。


【23/09/2016 06:56】 雑談☆日々のあれこれ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム