菊花の契り

●菊花の約(ちかい)

一日遅れてしまいましたが、9月9日は重陽の節句・・・って、もしかしたら、昨年のブログにも同じようなことを書いたかも(爆)。

何しろ基本、発想がワンパターンなもので(歳をとってその傾向がますます顕著になりました、うぐぐ~)。自分では、違うことを書いてるつもりですが、ちょっと内容が重複してたらゴメンなさい(汗)。

萌え・・・と呼ぶには美しすぎるというか、まあ淡すぎますが。でもわたしの思考回路上、この日になるとどうしても連想してしまうのが、コレです(笑)。

大江山花伝―夢の碑番外編 大江山花伝―夢の碑番外編
木原 敏江 (1986/04)
小学館

この商品の詳細を見る

あうう、大好きな大好きな作家さん(世界でいちばん好きな漫画家かもしれない)の、宝物みたいに大事なコミックスなので、ご紹介できるのが幸せです。あは、涙が出ちゃいます・・・(笑)。

このコミックスに収録されてる「花伝ツァ」(カデンツァ)が、わたしにとっての悲しい「重陽の節句」の決定版です。(この「花伝ツァ」自体、かつて白泉社でコミックスになってますが、今でも手に入るのかどうか。)


●雨月物語

雨月物語―マンガ日本の古典〈28〉 (中公文庫) 雨月物語―マンガ日本の古典〈28〉 (中公文庫)
木原 敏江 (2001/07)
中央公論新社

この商品の詳細を見る

もちろん「菊花の約」というのは、上田秋成の「雨月物語」が原典となっています。こちらも、木原さんがマンガにしてますので、ご興味がありましたらどうぞ♪


●木原敏江さんのこと

えっとね、ちなみに。

木原敏江さんに関しては、サイトのプロフィールでもさんざん?書いているせいか、「ましゅまさんがそんなに好きなのなら」という感じで興味を持って、読んでくださる方もいらっしゃるらしいのですね。(ときどきそういうメールをいただきます。)

ホント、それってすご~くありがたいことです。20年来の木原さん信者(なのか?・・・会ったこともありますが)としては、これほど嬉しいことはありません(笑)。まして彼女の世界観に共鳴して、同志になってくださったら、もっと嬉しいと思います。

何しろ、「花の24年組」のひとり(←イマドキ実感のわかないコトバですけどね)。三大JUNE漫画家のひとり・・・だってウィキに書いてあるけど、それって、竹宮恵子と萩尾望都と並んでってことでしょうか。(木原敏江とJUNE、そしてBLについては、そのうちまた書けるといいなあと思ってます。大論文になりそうなので;)

でも、やっぱり、時代っていうかね~(笑)。

初期の作品(これには「摩利と新吾」の最初の何冊かも含まれます)の絵柄は、今から見ると、照れて正視できないくらい古いです(笑)。顔の半分がオメメで、マジで瞳にお星さまがキラキラ(笑)。何しろ1969年デビューの作家さんなので(今調べて自分でもびっくり!)、無理もありませんが。

(ちなみに、わたしが彼女を初めて読んだのは、もう「摩利と新吾」の連載が終わりかけている頃でした。わりと最近、って言ったら語弊がありますかね?)

相当なファンを自認するわたしですら、「いやあ、最初のころの絵はツライかもね~」って、思わざるを得ないのですから。ましてや、今の時代に始めて遭遇する場合は、けっこうなカルチャー・ショックを受けるかも・・・というのは、否定できません(笑)。

もちろん、だからと言って、彼女の経歴をけなすわけじゃありません(笑)。それで、「木原敏江」というブランドの価値が下がるわけでもありません。時代が変わって行った、それだけのことです。






って、要するに、何が言いたいのかって言うと!

木原さんは、もちろん!自信を持ってお勧めしますけど(笑)。でもできれば、最初に手にするのは、たとえば「夢の碑」シリーズあたりのほうがいいかなあ、と。・・・余計なお世話ですが、個人的には、そう思ってたりします。

夢の碑 5 (5) 夢の碑 5 (5)
木原 敏江 (1986/07)
小学館

この商品の詳細を見る

このシリーズ、今では文庫になってるようですけどね(笑)。


●昨日ご紹介した

YouTubeの(えらく画質の悪い)デイヴィッド・ボウイさま&ミック・ジャガー。それから、裏ブログで叫んでる(笑)某・天才シンガーについて、いろいろコメントをいただきました☆

ありがとうございます♪♪♪

追体験、擬似体験。お互い知らない人同士だったのに、同世代を生きていた証、って感じがしますよね(笑)。あのころってホント、国産ポップス&フォーク音楽よりも、「洋楽」がわたしたちの日常に入り込み、ヒットチャートを独占し、日本中を席捲した(ような気がする)、ひどく特殊な時代だったのかな~、と今になって思います。

ああ、ノスタルジアだなあ(笑)。
【10/09/2007 03:44】 書籍・マンガ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

09月 | 2019年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。