Sensitive age (be-boy GOLD 2016年12月号) No.0

●まずは

無事に金曜日、終了。

みなさまお疲れさまです。

ウィークエンド万歳。



今日はもう死ぬほど寒くてさむくて、おかしくなりそうでした。

都心の最高気温が、15度行くかいかないかぐらい?

冷たい雨が降っていたこともあって、冬かよ!?

って感じでした。

(((((((;´д`)))))))ガタガタ

ぷるぷる。

寒暖差が激しすぎ。

((( ´w` )))サムゥイ!!

あれれ、この ↑顔文字↑ なんかハロウィンのパンプキンっぽいですね(笑)。



ホントに冷え冷えの一日でした。

でも、さー。

こういう日でもやっぱり、満員電車は暑いんですよね。

(;´д`) ι(´Д`υ)アツィー

サウナみたいに蒸し暑くて、汗がたらたら。

それも困る。

何とかならないもんでしょうか。

ふう。







●そして

はい、買いましたよ(笑)。

残業のあとで駆け出して、なんとかGOLDをゲットしました。

どうしても待ちきれずに、そのままドトールへ(笑)。

(自宅まで、駅から歩いてもせいぜい5分なんですけどね。たはは。)

さいわい閑散としていたので、いや、ちがうか。

となりのテーブルに人がいようが、いまいが、おそらくもう気にしない(汗)。

しれっと雑誌を取り出して、『春抱き』を探しました。

(^ー^* )フフ♪



※以下、とりあえず第一印象っぽいひと言です。

※ネタバレではありません。

厳密にいうと、ね(笑)。

とりあえず、ストーリーは説明しません。

プロットも、オチもばらしません。

話の中でキーになる台詞の抜粋もなし。

・・・ね?

じゃあ何かっていうと、あれだ。

しいて表現するなら、キャッチコピー?(笑)

†。+゜*。+゜†(´∀`)†゜+。*゜+。†

今回の『春抱き』を読んだ感想を、なんとなく、雑誌の見出しふうにまとめた感じ。

ネタバレじゃないよ。

・・・とは思うけど、ヒントすら知りたくないひとは、読み飛ばしてください。

お願いします(笑)。







そういうわけで、本日のひと言。

いや、一行か。



岩城京介、大いに恋を語る。



以上!(笑)

「なんなんだよ、もう!」

そんなリアクションしかできません。

あはは。







●正直に

いうと、あれです。

ドトールなんぞで読むんじゃなかったわ。

しれっと無表情で読むの、大変だったもの(笑)。

にやつく、うん。

ふやける、うん。

それはたしかにある。

でもそれ以上に、なんつうか、もうねー。

脳内にBGMが高らかにかかるのよ(笑)。



♪あなたの燃える手で あたしを抱きしめて

♪ただ二人だけで 生きていたいの

♪ただ命のかぎり あたしは愛したい



っていう、あれです。

越路吹雪のうたう 「愛の讃歌」 ・・・(汗)。

(^~^;)

店内で歌わないでいるの、大変だった。

ふう。



古すぎる?

センスが悪い?

あの声がイヤ・・・?

そういう方もいらっしゃると思います、ごめんよ。

その場合はぜひ、ご自分のお好きなラブソングに差し替えてください。

わたしの趣味を押しつけるつもりはありません。

できればスローバラードで。



が、しかし。

ひとくちにラブソングといっても、いろいろありますけど。

若さ真っ盛りの、恋に浮かれる歌ではダメだと思うの。

それじゃ足りない。

そうではなくて、もう何年も、何十年も添い遂げた大人の夫婦の愛情を連想させる、そういう歌であってほしい。

まったり、こっくり、じっくり。

酸いも甘いも噛み分けた、年月がものをいう世界ね。



で、それともうひとつ。

今回のお話を読んだあとで、よろしかったら、「愛の讃歌」の歌詞を見てみてください(笑)。

越路吹雪版(岩谷時子さん)ね。

まさに、まんま、今回の岩城さんだと。

ぴったりすぎて、笑っちゃうぐらいだと思います。

(*´∀`*)







●というわけで

では、またね。。。


【28/10/2016 23:08】 春を抱いていた | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム