我ながら・・・

●つまらない

と思うけど、ダメだ・・・(笑)。

ちょっとでも面白いことを書きたいのですが、思いつきません。

疲れとか眠気とか。

そういうもんのせいにしよう!(笑)

(´∀`σ)σ



「雨の日のすごしかた」

なる、TBのお題がありました。

秋ですし、しっとりとお洒落なことを書こうと・・・思ったけど・・・うむむ。

あかん。

ロマンの心が休眠状態らしく、ロクなことが思い浮かびません。

・・・はあ、雨?

仕事に行かなくちゃいけないなら、雨もクソもあるかい。

お天気にいちいち左右されてたら、世の中やっていけないじゃん。

出かけなくていいなら、家にこもる。

あたりまえじゃん。

以上。

・・・とかなんとか、思ってしまってびびるわ。

|||(-_-;)||||||

すさんでるなあ(汗)。







●ところで

昨日の、スポーツ観戦のはなし。

「わたしもそうだよ!」

的なお便りを、いくつかいただきました。

ありがとうございます。

そうですねー。

見たいけど見たくない(心配だから)、というのともちょっと違って、もはや、

「確実にうまく行ってるとあらかじめわかってるときしか見たくない」

状態。

成功しか認めない、といってるに等しいかも・・・???

ファンとしてそのひとの生きざまを見届けるとか、不調でも好調でも変わらず声援を送るとか。

そんな立派な心がけ、姿勢とはほど遠いですね(汗)。

自分が気持ちよくいたい、なりたいだけ。

身勝手ですが、まあ、それをするのもたしかに自由です。

「昔はこうではなかった気が・・・」

これもちょっとした老化なのかしらね。







●ちょっと

例の病気の話。

・・・じゃないかな(汗)。

傷口はさいわい、再び化膿することもなく、ほぼ塞がっています。

人間の体の神秘、まさに。

切開部が深いので、完全に見た目でわからなくなるには、なが~い時間がかかるでしょう。

というか、痕はそのままかも。

「痕が残るかもしれない」

とは、イケメン主治医にも言われてます。

初動が遅れて(これはわたしがいけない)、細胞がけっこう壊死したから。

そのときの彼の、なんともいえない気の毒そうな表情といったら。

医師として無念に思うのかもしれないけど、なんでしょうね。

それを聞いているわたしのほうが、若干いたたまれない気持ちになりました(笑)。

だって、ねえ。

身も蓋もないいいかたをしますが、たかだかオバチャンの太腿です。

そこにわずか数センチほど、引き攣れたような傷跡があったとして、誰が困るんでしょう。

誰も悲しまないし、わたし自身それを気にしない。

そもそも外から見える位置でもないし、誰かがそれを見てショックを受けることもない。

つか、誰が見るんだ(主治医以外)。

要は、実害があるとは思えない。

岩城さんの太腿とはちがうのです(笑)。

(岩城さんの脚に傷が残るような事態になったら、香藤くんがどれほど嘆くか。ねえ。)

とくに自虐的、卑屈になってるつもりもありません。

オバチャンだろうが何だろうが、たとえばこれが顔なら、そりゃ気にしますとも。

若いかどうか、美人かどうかに関係なく、できるものなら顔に傷は避けたい。

でも、内腿に関しては、顔と同レベルでは語れない。

そういう感覚です。

でも、おもったのよね。

それでも一応、女性の身体に傷が残ることを心配してくれた先生は、いい人だなあって(笑)。

そういう配慮があるかないかって、患者にしてみれば大きい。

医者としては当然のことなのかもしれないけど、なんとなく嬉しかった。

よりめんどくさい手術をして傷を取り除く方法もあるようですが、いやいやいや。

要らないです、そういうの(汗)。

手術も入院も、絶対に必要でない限りは避けて通りたいものです。







●そういえば

最近ですが、オフィスの健康診断がありました。

通常ならどんな数字が出るのかドキドキものなのですが、今年は事情が事情です。

先月まで入院してたし、検査検査検査・・・の日々。

妙に検査慣れしていましたので、きわめて平静でいられました。

まあ、法定の健康診断って、ごく簡易なチェックにすぎませんしね。

ひとつ、嬉しかったのは身長測定です(笑)。

中学生の終わりごろからこっち、わたしはずっと身長170センチちょっと。

ときに 「でかい!」 と言われつつも、なんというか、このタッパはわたしのアイデンティティでした。

長年の外国生活で、

「日本人って、もっと小さいと思ってた・・・」

どれだけ言われたかわからない(笑)。

がっかりさせてごめんね。

可愛げがなくてごめんね。

―――といいつつ、このぐらいの身長でよかったと思っていました。

ずっと。

それが、ですね。

先月、いやもう先々月になりますね。

入院に際して身体測定をさせられまして、その際に、

「身長は・・・えっと、168.9センチですね」

なんてあっさり、言われてしまったのですね。

「ええっ!?」

Σ(゚д゚lll)ガーン

アホな話ですが、ショックでした。

ガ━(゚Д゚;)━ンゴ━Σ(゚Д゚;)━ンギ━Σ(゚Д゚||;)━ン!!!

そんな馬鹿な。

ついにわたしも、老化で縮みはじめたのか・・・!?

ォ━━(#゚Д゚#)━━!!

ン10年ぶりに170センチ台から陥落して、ひたすら動揺しました。

お風呂の前で髪の毛ぺったんこだったし!

そもそも足が痛くて、まともに立ってなかったし!

・・・必死で、自分に言い訳してました(笑)。

バカですね。

1センチやそこら、冷静に考えれば誤差の範囲なのに。

だけど、本当に衝撃的でした。

だから、健康診断でね、

「身長は・・・170.3センチですね!」

キュートな看護師さんに言われたときは、ひそかにガッツポーズ(笑)。

だよね、だよね。

そのくらいあるよね。

自信?を取り戻してほっとしました(笑)。

落ち着いて考えるまでもなく、こんなん、ホントにどうでもいいことです。

その日の服装、髪型で変わってしまうレベルでしかない。

血圧や血糖値とはちがう。

数字に一喜一憂するようなことじゃない。

そうなんですけど、でも、気になるんだなあ。

自分にとって、身長はけっこうなこだわりポイントだったんだなあ、と。

あらためて思い至った次第です。

ふへ。







●では

またね。。。

【04/11/2016 23:34】 雑談☆日々のあれこれ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム