ぼんやりと

●TBのお題から

「どんなマフラーが好きですか?」

わお。

これに答えるのは簡単じゃないかも。

まずはじめに、マフラーはほぼ、わたしの一部です(笑)。

一年を通じて、なんというか、マフラーなしで家を出ることはあまりない。

ほぼない。

真冬であれば、もちろん防寒のために。

ですが実際には、夏だろうと冬だろうと、おもに汗対策のためですね・・・(汗)。

((((^ー^;)ゝ

冬でも、そりゃ室内や車内は思いがけず暑いでしょう?

なにしろ汗っかきの上に、汗が大嫌いと来てますからね。

汗を吸う、ぬぐう布地は必要不可欠なのです。

マフラーなしでは、こわくて外出できません。

(タオルハンカチ程度で済むなら苦労はしないよね、ってやつです。とほほ。)

要は、あれだ。

現場労働者のおにーちゃんたちが、首にかけてるタオル(手ぬぐい)。

それと効果は同じです(汗)。



ゆえに、わたしのマフラーはほぼ全部コットン100%です。

ちょっとしたコレクション、ってぐらい数はありますが、高級品は少ない(笑)。

木綿だもんね。

吸水性のよい、肌にやさしい日本製のコットン最強です。

ざぶざぶ毎日洗うので、品質のよしあしは如実に感じます。

タオルマフラーだったり、ガーゼマフラーだったりいろいろ。

夏物はUVカット機能とかいろいろついているけど、それはオマケみたいなもんです。

大判で、かつ幅もあるものが好きだなあ。

数字でいうと長さが180センチ以上、幅が60センチ以上・・・が理想かも。

今の季節だと、同じコットンでも、サーモ機能つきのものを愛用しています。

ガーゼが何重にも重なっていて、かつふんわりと蓄熱効果があってあったかい。

1本だいたい1000円から2000円ですから、お財布にもやさしい。



もちろん、通常の・・・というか、冬のマフラーもありますよ(笑)。

プレゼントにもらったカシミアとか、パシュミナとか。

イギリスで買ったタータンチェックとか。

フリースのかるくてあったかいマフラーとか。

あと近年のトレンドですので、スヌードもいくつか。

シルク製のブランドものもあるけど、それはマフラーというよりスカーフか(笑)。

オブロンではあるけど。

発色のきれいなレーヨンやポリのものも多いのですが、汗を吸わないから、結局あんまり使わないなあ。



というわけで、さて。

どんなマフラーが好きかと言われたら、

「大きくてかるくて、吸汗性のあるコットンマフラー」

というのが結論になります(笑)。

あう、いかん。

こんなことを書いていたら、またマフラーを買いたくなってしまった・・・(笑)。







●ニュースランダム

いよいよアメリカ大統領選挙の投票日。

運命の日です。

正直、スキャンダルもネガティブ・キャンペーンもひどすぎる。

どこまで落ちれば気が済むんだ。

(と、実は選挙のたびに思いますから、要するにこんなものなのかも?)

・・・でも、やはり結果は気になる。

そして選挙が終われば、まるで今までのえげつない泥仕合がなかったかのように、

「全国民の融和を」

なんて寛大な態度で、理想主義にもどっていくアメリカの逞しさには脱帽する。

それも毎度のことかなあ。



博多駅近くの道路の陥没事故。

画像、映像を見て、あまりの恐ろしさに呆然としました。

なんだあれ。

あれだけの規模の事故が起きて、死傷者が出ていない(らしい)のは奇跡じゃないのか。

それにしても、信じられない。

地下鉄を掘ってて道路が陥没しましたって、ちょっと待て。

今日日、技術大国日本でそんなことが起きるのか。

愕然。

そしてこれ、損害賠償額が天文学的な数字になるだろうなあ、とも。

延伸工事の中断とやり直し、破断してしまった水道管その他の修復だけじゃない。

あの周辺のビル群。

基礎の安全性や耐震性を全部、調べ直さないといけないでしょう。

たぶん、それだけで何か月もかかる。

補強工事が必要なら、年単位の時間がかかるかもしれない。

その間あたりまえだけど、オフィスも店舗も使えない。

おそらく仮店舗等を探して営業するんだと思いますが、それにもコストがかかる。

そういうすべてが、賠償額に乗ってきます。

おそろしい。



木製のジャングルジム(ふうのアート作品)に、おがくずを配して、そこに白熱電球(投光器)。

引火して火災が起き、ジャングルジムで遊んでいた子供が死ぬ。

・・・冗談ではないのが、なによりも怖い。

神宮外苑。

デザインしたどこぞの大学生は、白熱電球が発火の原因になるとは知らなかったそうな。

予見可能性。

そんなわけあるかよ、と最初は思ったけど、今はなんとなく不安に思う。

白熱電球が熱くなることは知っていても、燃えやすいもののそばで点灯したらどうなるか?

知らなかった、というより考えなかったんじゃないか。

リスクについて考えもしなかったんじゃないか。

そういう気がしてしまう。

LEDなら大丈夫だったんだろうか。

LEDなら、絶対にその点は安心って言えるんだろうか。

ふと疑問が浮かびます。

いうまでもなくまもなく、街中がイルミネーションで彩られるシーズンです。

今まで気にしたこともなかったけど、ああいうの全部だいじょうぶなんだろうか。

最近はLEDが主流ではあるけど、全部がそうとは限らないよね。

あらためて、身の回りには危険がいくらでもあるのだと思った。

しかし、5歳の男の子だよ。

最高に愛らしく、元気でかわいいころでしょう。

なんでこんなことに。

想像するだけで胸が痛む。



もうひとつ、悲惨な話がありましたよね。

高齢で、もしかしたらぼけているかもしれない運転手が、小学生をはねた交通事故。

刑法上、責任を問えるかどうかもわからない。

が、おそらくポイントはそこですらない。

運転する高齢者というのは、おがくずのそばの白熱電球みたいなものじゃないか。

必ず引火するわけじゃないけど、火災を引き起こす確率は高い。

そういうとたぶん、猛反発を食らうんだろうな。

自分はそうじゃないとか、うちの親はまだまだしっかりしてるとか。

運転免許証を取り上げたら生活に困るひとがどれだけいるか、とか。

そのすべてがまっとうな反論だと思うのだけど、それでも、なんというか。

まったく健常であっても、高齢だというだけで、たとえば反射的な判断力は鈍る。

とっさの運動能力も、視力も低下する。

それは人間の老化と不可避な自然現象で、誰かが悪いわけでもない。

でも、1トンの走る鉄のかたまりを操作するには、危険すぎるんじゃなかろうか・・・?

運転免許証の返納制度。

それをどう活用すべきか、考えなくてはいけないような気がします。







●では、

またね。。。


【08/11/2016 23:55】 社会・時事ニュース | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム