さむい!

●さすがに

雪こそ降らなかったけど。

いや、寒いです。

東京基準ではかなり冷え込んでいます。

それでも、何事もないこの辺は平和なほう。

ニュースを見るかぎり、全国各地で大変なことになっているようです。



吹雪の中での、京都の女子駅伝にはびっくり。

もともと真冬のイベントだし、寒いこと自体は折り込み済みでしょう。

だけど、あれだけの雪だものなあ。

強行開催みたいな感じ?

コースを除雪する主催者も大変ですが、走るほうも怖かろう。

大きなケガなどはなかったようで、よかったよかった。



わたしは根性なしなので、自宅に引きこもっていました。

単なるものぐさですが、言い訳をすると、ちょっと腰が痛い。

年末のぎっくり腰。

いったん治ったというか、痛みは引いたのよ。

もともとあれって、2週間~3週間で痛みは治まるものみたいだし。

でも違和感がどこかにある。

ふとしたときに、あれ? って。

寒さのせいなのか、姿勢や生活習慣のせいなのか。

思い出したように痛みが戻ってきます。

疼痛、みたいな。

まずいですよね。

いただいたコメントにもありましたが、やはり整形外科に行くべきなんだろうなあ。

なんとかしよう。







●ご存知のとおり

ここ半年ほどのわたしは、野球に「復帰」しています。

大谷翔平くんの目覚ましい活躍に引きずられて、先祖返り?してるみたいな感覚(笑)。

もともと好きだったのが、小学生~大学生くらい。

阪神、西武あたりをメインに応援してました。

(阪神は江川事件以来。西武は黄金期ライオンズですね。基本的にミーハー。)

どうでもいいですが、父が南海ホークスのファン。

祖父はジャイアンツ一辺倒でしたので、我が家はわりとカオスでした(笑)。

いちばんよく通ったのは、横浜スタジアム。

横浜大洋ホエールズの本拠地でした。

清原くんが西武を離れたぐらいから、野球をあまり見なくなった。

Jリーグが面白かったし、そのうちヨーロッパに行ってしまったからねえ。

イギリス移住とともに、フットボール(サッカー)優先になったような気がします。

その状態が長く続きました。



もともと、スポーツ全般が大好き。

観戦オンリーですが、テニスも、ラグビーも、相撲も、フィギュアスケートも、なんでも見てました(笑)。

松岡修造はウィンブルドンで生で応援したし!(笑)

(そのときの目当てはレンドルとか、ベッカーだったんだけど。)

アーセナルにいた稲本くんも、スタジアムでライブで見ました。

(いつの話や!)

るいはみ(F1レーサーのルイス・ハミルトン)観たさに、そういえば鈴鹿まで行きましたね。

はまるとかなりディープに調べ倒すので、おたくっぽいとか。

男性脳っぽいとか、言われたこともあります。

そうかなあ。

男性がテレビでスポーツ観戦に夢中。

女性は概してそれをつまらなく感じる・・・ってのは、ステレオタイプでは?

そういう人もいるけど、そうじゃない人もいくらでもいるよね?

「女性はスポーツに興味がないもの」

とか言われると、いつももやっとします(笑)。



野球は、うむむ。

日本に戻ってきて、なんとなく徐々に、ゆるーく興味が復活した感じかなあ。

これといったきっかけは思い出せない。

(ゴルフの某りょーくんとか、某ハンカチ王子ブームは、めちゃくちゃ馬鹿にしてました。すまん。)

野球はもういいや、という気持ちではいたけど。

メジャーに行った野茂くんや、イチローくんはずっと好きだったから、完全に冷めてたわけじゃない。

たぶん、あれだね。

2013年のまーくん

いうまでもなく、新設&弱小の楽天イーグルスのエースだった田中将大が、

「24勝0敗1セーブ」

という前代未聞の、というか空前絶後の大記録を打ち立てたとき。

もっと正確にいうと、彼が連勝を重ねて、その記録を打ち立てつつあったシーズン終盤あたり。

そのあたりから、気になって気になってしょうがなかった(笑)。



今でも思うけど、というか今だから思うけど。

王さんのホームラン記録がどんだけすさまじくても、ね?

イチローくんの安打記録がどれだけ輝かしくても、ね?

大谷くんの球速が時速165キロだろうと、そのうち170キロを出そうと、ね?

彼が二刀流でどんだけ新記録を打ち立てようと、ね?

いつか、いつか、そのうち。

その偉大な記録を破る選手が出てくるんじゃないか、と思うのよ。

ものすごい記録だけど、いつか、どこかで、もっとすごい人が現れる。

その可能性はあると思う。

でも、まーくんの記録だけは、誰にも(本人にも)再現できないし、超えることもできない気がする。

変な話、まーくんを超えるピッチャーはいると思います(笑)。

だけど、「24勝0敗1セーブ」は無理。

本当に無理だと思う。

「24勝」だけなら、相当むずかしいけど、絶対に超えられないわけじゃない。

「1セーブ」は、監督がそういうシチュエーションに登板させればいいだけのこと。

でも、「ひとつも負けない」が無理だ(笑)。

不可能。

いうまでもないけど、先発投手って、自分だけの力では勝てません。

自分が絶好調で、仮に相手チームをゼロ点に抑えても、

①味方チームがまったく点を取ってくれなければ、完投しても引き分けで終わる。

②自分が降板した後で、中継ぎや抑えの投手が打たれれば、勝ちも負けもつかない。

③自分が降板した時点でランナーを残していたら、後続の投手が打たれた場合、自分が負け投手になることもある。

逆も真なり、です。

自分が乱調で5点、6点と失点しても、味方打線が爆発して7点とか取ってくれれば、勝ち投手になる。

つまり、なんていうの?

「24勝0敗1セーブ」達成には、実力は当然ですが、それだけじゃダメ。

それ以外に、神がかり的な、尋常ではない強運が必要なのです(笑)。

野村監督でしたっけ?

まーくん、神の子、不思議な子」

って言ったの。

これ、ほめ言葉じゃないのね(笑)。

まーくんが調子が悪くてノックアウトを食らって、つまり負け投手になるはずだったのに、

「どういうわけか打線が発奮して点差をひっくり返し、まーくんの負けを消してしまう」

現象が続いたために、つぶやいた言葉だったらしい。

ほとんど超常現象レベルの援護運。

それなくしては、「24勝0敗1セーブ」はあり得ません。

※念のためにいうけど、彼は実際とても優秀なピッチャーです。



ちなみに>>

圧巻の2013年ほどじゃないけど、まーくんは今でもスゴイ。

昨シーズンは14勝4敗。

メジャー3年間の通算成績は、39勝16敗。

不振ヤンキーズのエースとして、不思議と負けない「援護運」は健在です。

16敗もしてる?

いや、これ、少ないほうじゃないかなあ。

たとえばダルビッシュ有選手は、メジャー4年間で46勝30敗。

昨年ドジャーズに移籍して頑張った前田健太投手は、16勝11敗です。

この二人の勝率が、だいたい6割前後。

まーくんは7割を超えています。

先発ピッチャーの能力を示す指標には、防御率とか、投球回数とか。

いろいろあるけど、

「この人が投げる試合は勝てる(負けない)!」

とチームメイトやファンが思えるって、まさにエースの証拠だと思います。

すげえや。

彼に関しては、その言葉しか思いつかない。



んまあ、それでも。

ひじの故障や手術で離脱とか、ありましたからね。

まーくんのポテンシャルから見れば、成績はイマイチなのでしょう。

それもあって、超大型契約をもらってるほどには活躍してない、というイメージがついちゃってる。

過小評価されてる、といわれるゆえんです。

今年はメジャー4年目。

本来の能力を発揮して、どんどん活躍してほしいものです。



って、あれ?

なんか変な方向に話が発展してしまった(汗)。

なぜわたしが野球に復帰したのか、って話を書いているつもりだったのに。

結局、まー好きなのね(汗)。

すみません。







●そういえば

去年の今ごろは、ラグビーでした(笑)。

日本が南アを破った例のワールドカップの試合を、しつこいぐらいに見ていました。

あとは、陰陽師か(笑)。

史上最高得点をたたき出した、どっかの絶対王者。

うっとり。

※今でも、どちらもときどき見ます。えへ。

では、またね。。。


【15/01/2017 22:35】 スポーツ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム