たまには観光客(笑)

●土曜日は

すっかり晴れ上がった、清々しい秋空から始まりました。

autumn sky 1

ホント、秋の雲ですよねえ(笑)。


●ふだんは腰の重たい

わたしたちですが。

たまには、まともに「ロンドン観光」をしてもいいんじゃないかなあ、と思いまして(笑)。

何しろ、夏の間しか公開されていないので、今(この週末)しかないよね!・・・ということで、バッキンガム宮殿の公式諸間(って訳されてるらしいけど、英語ではthe State Roomsです)見学に行って来ました。

※どうして夏だけなのかというと、この時期、女王様はスコットランドの夏の宮殿であるバルモラル城に滞在していて、バッキンガム宮殿にはいないからです(笑)。

バッキンガム宮殿の見学に出かけるのは、これでたぶん・・・7回、いや8回目くらいかもしれません(爆)。なんだかね、海外から友人・家族が(夏に)遊びに来るたびに、ご案内してる感じです(笑)。

http://www.royalcollection.org.uk/

女王さまが、バッキンガム宮殿を公開するようになったいきさつや、その当時の時代背景などについては、また機会があればご紹介しますね。(それをリアルタイムで知ってたこと自体、なんだか自分の年齢を感じます。たはは。)

もちろん、宮殿内は基本的にすべて、撮影禁止ですからね(笑)。撮影を許されたのは、以下の程度です。

buckingham palace 1

これは、アンバサダーズ・エントランス近くの、ちょっとした待合い場所。見学はすべて、チケットに指定された時間からスタートするので、ちょっと早めに並ぶと、こういう場所で待たされるんですね。

buckingham palace 2

目がくらむほど絢爛豪華な宮殿の中を、ふらふらしながら見学したあと、ここのあたりで建物の外(バッキンガム宮殿内の裏庭、ですかね)に出ます。これは、建物を裏から撮影したもの。ね、こうやって見ると、けっこう質素に見えるでしょう(笑)?

ホント、シンプルでけれん味のない外観とは対照的に、中身は、壮麗ですよ~(笑)。

buckingham palace 3

広々としたお庭を抜けて、最後は宮殿敷地の外に出るわけですが。これがね、けっこう素敵な(地味ですが)お散歩道みたいなんですよ(笑)。小さい秋みつけた・・・じゃないけど、よく晴れて青空が広がっていても、あちこちに秋の始まりを感じました。

それでは、短いですがこの辺りで・・・!

【16/09/2007 09:42】 London Life | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

08月 | 2019年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。