How much?

●たくさんの

拍手とコメント、ありがとうございます。

いつも同じお礼ばかりですが、ほかに何も浮かばないの(汗)。

感謝しています。







●お茶会の

今回は日程調整が難航中。

みなさん、一月っていろいろあって忙しいのね。

寒い・・・のは、いうまでもなく。

二月になると、もはや新年会って呼ぶのも変かしらん。

どうしましょう。

岩城さんのお誕生日。

バレンタイン。

このあたりを逃してしまうと、もう次のGOLD発売日じゃない?

今年もあと11か月で終わり。

早い~。







●お年玉で

悩んでいます。

金額問題ね。

今さらすぎて笑われそうですが、だってまだ甥っ子ちゃんに会っていないのよ(汗)。

諸般の事情で、ちょっと遅れてます。

それはいいけど、さて。

今まではいつも、おもちゃやお菓子でした。

お誕生日、クリスマス、お年玉。

彼らのリクエストに応えるときもあれば、自分でアマゾンで見繕って決めることも。

例年通りそれでもいいのですが、うーん。

もうそろそろ小学校高学年、なんですよね。

上のお兄ちゃん。

月日が経つのは早いものです。

下の子はまだ幼いので、どっちでもいいかもしれない。

でも上の子は、そろそろ現金のほうがいいかなあって。

そう思っておりまして。

わたし自身、その年齢にはさすがにお金をもらっていたしなあ。

自分でお金を管理するとか、自分で何にいくら遣うか決めるって、大事だとも思う。

では、いくら?

子持ちの友人や同僚に聞いたり、ネットで検索したりしたけど、むずかしいですね。

相場なんてあるようでない。

ケチるつもりは毛頭ないけど、

「多すぎても子供によくないような気がするし、親が気にするのでは・・・?」

とか、考えてしまう。

甥っ子ちゃんのお母さんが、そういうことにとても気をつかう人なので。

(わたしが独身なので、わたしの子供にあげるっていう「双方向性」がないからねー。)

もし負担に思ってしまったら申し訳ない。

お返しとか、逆にもらっちゃったりすると困るしね。

甥っ子ちゃん、いい子なんだよなあ。

お年玉が少ないからといって文句をいうような子じゃない。

それはありえない(笑)。

だから余計に、あげたくなる。

まして、ほら。

昔とちがって、今は少子化が進んでいるでしょう?

お年玉の担い手というか、そもそも彼にあげる立場の人間がすくない。

彼からすると、おじいちゃんとおばあちゃんの他に、おじちゃんとおばちゃんがひとり(ひと組)ずつ。

それでおわり。

お年玉、もらえる額が少ないんじゃないかと心配になります。

今の子は、そういうのが普通かもしれないけど。

わたしの子供の頃とは全然ちがいますね。

おじちゃん、おばちゃんがたくさんいて、なんだかんだ合計ではけっこういただいていましたから。

まさに、隔世の感があります。

お年玉ソースとしては貴重なわたし(笑)なので、けちりたくはない。

(親とちがって)甘く無責任な親戚として、もしかしたら唯一の存在かもしれない(笑)。

でも、親の教育方針にマイナスになることはしたくない。

いくらぐらいが妥当なの?

学年×1000とか、どうでしょう?

(中学生になったら、7年生、8年生・・・ってことで。)

多い?

(高校生で1万円はあげすぎ? そんなもの?)

少ないですか?

わたしが小学生のころは、2000円~3000円くらいだったかなあ。

あまりに昔すぎて、目安にならないかも。

決められなくて、ほんと悩んでます。

みなさんはどうしてますか?

参考に、こそっと教えていただけたらうれしいです。







●というわけで

では、またね。。。


【17/01/2017 23:11】 雑談☆日々のあれこれ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム