Simply the best

●ほかに

何をいう必要があるでしょう。

なんて(笑)。

なーんもない。

岩城さんのお誕生日。

ふふふのふ。

それだけで、今日は特別な日のような気がします。



岩城さん

お誕生日おめでとう。



40ン回目とか、数えても数えなくても、どっちでもいいよ。

たぶん本人もきっと、もはやあんまりこだわっていない。

・・・んじゃないかなあ?

(希望的観測。といいつつ、こだわっていてほしいとも思ったりして。)



香藤くんが22歳で、岩城さんが27歳のときは、そりゃあ年齢差も感じたでしょう。

若い香藤くんのパッションに、流されまくったわけだけど。

その後の番外編で、大学生の香藤くんを知ってたことになったから、なおさら(笑)。

岩城さんが32歳の花嫁で、ダンナがまだ20代だったときも。

ちょっと気にしてた、ときもあったね。

へへ。

なんかもう、なつかしいアルバムをめくっている気分ですね。



それが、ねー。

なんか気がついたら、18歳だか19歳だかの子供が現れて?

「おいおいおい」って展開を迎えて。

ドタバタやって。

悩んでぐるぐるして、開き直ってはまた落ち込んで。

岩城さんらしいグダグダですが、まあ、あれだ。

歳をとるはずですよね。

成人にも近い年頃の息子がいるぐらいなんだから。

そして、40歳代も終わりに近づいてる。

振り返れば、香藤くんも40歳をとうに超えている。

そうなると、ね。

たぶん5歳の年齢差なんか、ささいなことに感じるんじゃないかなあ。

あんなに大きなギャップに感じたものが、どうでもいいように思えてくる。

「俺のがずっと若いもん!」

「・・・不惑をすぎて、何を今さら」

みたいな感覚ではないでしょうか(笑)。

いいねえ。

一緒に歩いてきた年月が、すべてを凌駕する。

ちがうことよりも、同じことのほうが増えていく。

ふふ。



そしてふと、思い出します。

いつぞやの、銀婚式ネタ。

そのときはさ、いったいいつの話なんだよって、思ったものです。

気が遠くなるような先の話、に感じられた。

でも、あれ?

あのおうちに引っ越した日が、結婚記念日・・・なんだっけ?

あの当時、岩城さんは30歳前後。

あれ(笑)。

銀婚式、そんなにものすごく先の話でもないですね(笑)。

それで 「京介!」 なのかしら。

えへへ。







●などと

とりとめのないことを考えています。

岩城さん、お誕生日おめでとう。

今日もあしたも、これからもずっと、幸せでいてね。

健康には気をつけてね。

そして、あんまりダンナを困らせないであげて。

たまには、香藤くんを甘やかしてあげてください。



なんとなくですが、今日の香藤くん

自宅の玄関で、タキシード姿で岩城さんを待っているイメージです(笑)。

「ただい・・・ま・・・っ!?」

キメッキメの笑顔で迎える盛装の香藤くんに、目をまるくする岩城さん。

あああ。

想像するだけでドキドキします。

ひひひ。

では、またね。。。


【27/01/2017 23:45】 春を抱いていた | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム