久々に、猫。 (つづき)

●けっこうな

反響をいただきました。

前回のブログ。

いえ、あの、ちゃんじゃなくて。

(それもあったけど。ちゃんに拍手をくれたみなさま、ありがとう!)

ケータイなりスマホなりを、常に手の届くところに置いておく話です。

不測の事態に備えて。

ひとり暮らしでなくてもそう思うよ、と。

そんな声もありました。

たしかに。

ご家族がいても、「そのときに」 いるとは限りませんね。

たまたま自宅でひとりだったら、同じことだ。

わたしも、なるべくそうしようと思っています。

思うようになりました、かな。

でも、慣れないものですねー。

そういう習慣がないので、たとえばトイレに座り込んでから気づく。

「・・・あ!」

遅いよ、もう(笑)。

(>。<")

そう笑っていられるうちに、習慣づけが要りますね。







●さて、

今日も猫ちゃんを、少しだけ。

みんな違う子ですね、今回。



P1214074asss.jpg



ひとに慣れない、馴れない、鋭い目つきのこうたろうくん。

・・・だったと思う。

どうやら悲惨な環境を生き抜いてきた子らしくて、人間を信用しない。

というか、嫌うのかな。

そばに寄れないし、触ろうとすると本気で攻撃をしかけてきます。

の爪、凶器ですからね・・・(汗)。

そうやって必死に、ほかの(幼い)ちゃんたちを守ろうとするんです。

お兄ちゃんなんですね。

きれいな子なだけに、なんというか、いたたまれない気分になりました。

この子もいつかやさしい里親さんにもらわれて、気を許す日が来るんだろうか。

安穏とすごせるようになるんだろうか。

そうなってほしい。

よね。



P1214130bsss.jpg



こちらも、男の子。

・・・というか、かなりの高齢なので、おじいちゃんと呼んでいいのかな。

高齢で病気がちなので、ガラス戸の向こう側になかば隔離されています。

(人間は向こうの部屋に行けるけど、どうしは行き来できない。)

が、ご覧のとおり。

緑の瞳がものすごくきれいで、好奇心いっぱい。

おだやかな性格で、誰にでも好かれるのだそうです。

これで15歳とか、16歳ぐらいだったかな?

信じられないくらいかわいい。

猫ってずるくない・・・?(笑)

歳をとってもずうっと、このチャーミングな見た目のまま。

いいなー。



P1214149asss.jpg



名前はわからないけど、愛嬌のある顔つき。

だけど怖がり。

怖がりなので、人間たちのいるフロアになかなか降りてきてくれない。

ずっと、天井にいちばん近い吊り棚やキャットタワーにいました。

でもじゃあ、興味がないかっていうと、そうでもないのね。

ほかの猫がおもちゃで遊んでいるのを、上からじっと見てる。

人間がからかうようにもちゃを上に向けると、思いっきり捕獲に走る(笑)。

「遊びたいんじゃん・・・」

おいで、こっちにおいで。

がんばったけど、ダメでした。

きっと、そのうち慣れるんじゃないかなあ。



P1214150asss.jpg



この写真は、あれです。

この構図といい、配色といい、そこにぽつねんと居るサビちゃんといい。

「ひゅう、すばらしい!」

絵になる、としかいいようがない。

なかば感動しながら、シャッターを切りました(笑)。

が、後で見てみると、ダメじゃん。

(ρ_;)。。。

ピントが甘いし、そもそもまっすぐですらない。

「ひどい・・・」

自分の腕前のなさに絶望した瞬間でもあります。

悔しい。

きっちり撮れてたら、ポスターかカレンダーかっていうほどの絵なのに。

とほほ。

間抜けな言い訳をすると、目、なのですよ(汗)。

このごろカメラのファインダーを覗いていても、自分の目のピントが合わない。

自分が撮ろうとしている写真のピントが合っているのかどうか、自分でわからないときがあります。

ええ、老眼というやつです。

手元の液晶画面を確認するときと、実際の被写体(ねこ)を肉眼で見るとき。

それぞれ、別のメガネがいる・・・(汗)。

世の中の、いわゆるプロの写真家は、これをどう克服しているんだろうか。

腕前もカメラの品質も段違いですが、年をとって目が・・・って部分は同じはずだ(笑)。

そのうち、聞いてみようと思います。



P1214167asss.jpg



なんだろうね、これ。

いかにも日本の雑種の猫ちゃんらしい。

真冬でしたが、ちゃんと日差しのあたる場所を選んで、こうやって寛いでいる。

ひとがわさわさと出入りしていても、まるで動じない。

素敵。



P1214169bsss.jpg



大統領、と呼ばれた猫。

いや、マジです(笑)。

段ボールの爪とぎの上で熟睡してました。

そろりと撫でても、肉球をさわっても、ぜーんぜん平気。

いっぱい写真も撮らせてくれた、なかなか肝の座った大統領でした。

ありがとうね。



P1214273asss.jpg



最後に、ふたたび子供の猫ちゃん。

三毛猫ですから、女の子ですね。

きょとんとしたお目々がかわいすぎる。

甘えんぼです。

先日ブログに載せた茶白くんがおもちゃで遊んでいるのを、脇でじっと見てる。

ときどき、無意識に身体がぴくぴく動く。

ちょこちょこついてくる。

ふと飛びかかりそうに見えるけど、でも我慢しちゃうんだよなあ。

そういう性格なんだろうし、そういう力関係があるのかも。

ものすごーく遊んでほしそうなのに。

ご覧のとおり、とってもかわいい子だ。

すぐに引き取られて、たっぷり遊んでもらえますように。







●そんなわけで

では、またね。。。


【09/02/2017 06:44】 写真☆カメラ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム