残念でしたが

●それでも

面白かったですよね。

今回のWBC。

おっと。

まだ終わってはいません。

日本はたしかに負けてしまったけど、大会はいよいよ決勝です。

アメリカ対プエルトリコ。

どちらが勝ってもすごいと思うけど、プエルトリコのほうが勢いがある気がするなあ。



日本対アメリカの準決勝。

結果だけ見ればとっても残念です。

1-2の惜敗。

ヒットの少なさと、思いがけないエラー。

これじゃ勝てないよね、という内容だったかもしれません。

(というか日本、アメリカ本土に渡ってから、練習試合を含めていちども勝ってないですね。)



でも、なんでしょう?

「情けない」

「委縮しちゃって、もう」

とか、そういう気持ちにはならないなあ。

戦力不足とか、大会前はさんざん批判されてたのに、ホントよく頑張った。

監督以下、みんなものすごく必死だった。

準決勝はさておき、打つべき人がちゃんと打ってた。

守るべきひとがちゃんと守り、走るべき人が走ってた。

投げるほうも、ねー。

メジャー投手(ダルビッシュとかまーくんとか)が軒並み出場辞退して、大谷くんもいなくて。

「しょぼい。こんなんでホントに国際大会を戦えるのか」

とまで言われてたピッチャーたちは、ホント健闘したと思うの。

みんな、レギュラーシーズン開幕前の、大事な時期なのに。

非難されるいわれはない。



巨人の菅野投手。

いや、キライっすよ?(笑)

いろんな意味で(笑)。

個人的には好きではないが、それはどうでもいい。

彼がチームのエースで、日本の誇る一流投手なのはまちがいない。

アメリカのバケモンみたいな強打者を相手に、本当に本当にすばらしいピッチングをしました。

気迫と、技術と、熟練の味。

緻密でバランスのいい、実に質の高い選手だ。

彼が無冠に終わるのはあまりにもさびしい、と思わずにはいられません。



そして、彼の後を受けてマウンドに立ったソフトバンクの千賀投手。

切れ味するどいフォークボールと、うなるような速球。

淡々と、(イニングを跨いで)4者連続三振に切って取ったのは、本当にお見事でした。

圧巻の投球内容。

味方のエラーもあって失点してしまったけど、自責点はゼロのままのはずでは?

すごすぎてしびれました。



この試合中、雨がずっと降っていました。

慣れないアウェイの球場で、慣れないつるつるすべるボール。

(日本の公式球とは球がちがうのです。)

おまけに雨で、投手は(野手も)苦労したことでしょう。

バッターは、メジャーで活躍するスラッガーばっかり。

それを、わずか散発6安打(2失点)に抑えたんだもの。

たいしたものです。



打線がもうちょっと点を取れればよかったよね。

それは思う。

今大会、6試合ずっとわりと打ってたから。

惜しい場面はあった。

1点ビハインドで迎えた8回裏、2アウトでランナーが1塁、2塁。

バッターボックスには、4番の筒香選手。

これ以上はない、劇的な逆転のシナリオが見える場面でした。

筒香くんがバットを振り、カキーンと大きな打球がライト方向へ。

あとで録画を見たけど、あれはたしかに、

「行ったか!?」

と一瞬、思ってしまうような打球だった。

奇跡の逆転3ランか。

・・・と思ったのは束の間。

わりと平凡なライトフライに終わりました。

ああ、だめか。

今までの試合なら、あそこで点が入っていたんだよなあ。

結局は、相手のピッチャーの勝ちということです。

すごくよかったもの。

しょうがない。

25歳の4番バッター。

日の丸を背負う重責につぶされず、ここまでよく打ってきたもの。

立派に4番の仕事をしてきた。

しょうがないよ。



ああ、そういえば。

野茂さんとラソーダ監督の始球式。

元気そうでうれしかったけど、さすがに年をとってましたね。

トルネードでもない野茂さん。

まさかの大暴投で、ホントびっくりしました(笑)。

侍ジャパンの鈴木誠也選手(広島)が、なぜかキャッチャーを務めました。

「なんで?」

と思ったけど、あのとんでもない暴投を、必死で飛びあがってキャッチしてるのを見て、

「・・・彼の身体能力がなかったら、取れなかった!」

と、なんとなく(結果論的に)人選に納得(笑)。

いや、なんだろうね。

もしかすると、彼の背番号だろうか。

「SUZUKI 51」

これで想像するのは、やっぱり、イチローくんだもんねえ。

まさかとは思うけど、サイレントイチローリスペクト・・・?

いやいや。

考えすぎでしょう。







●というわけで

まるでまとまりませんが、これで。

では、またね。。。


【23/03/2017 01:07】 スポーツ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム