あの涙

●たくさんの

コメントや拍手をありがとうございました。

お心遣いが嬉しい。

コメントもみんな興味深いです。

いつも、本当にありがとうございます。

たまに(不本意ながら)ブログをさぼりますが、あfれです。

どうでもよくなったとか、めんどくさくなったとか。

そういうことはありません。

「疲れた・・・」

が多いのは、年のせいってことで許してください。

(o´_`o)ハァ・・・

5年、10年前は、そりゃねえ。

それなりに、いちおうは若かったのですよ(当社比)。

午前1時までオフィスで仕事をして、タクシーで帰宅して。

それからPCを立ち上げて、うっすら外が明るくなるまで小説を書いて。

サイトをつくったり、ブログを更新したり。

時差のある日本の仲間とチャットしたり、メッセンジャーでおしゃべりしたり。

それから慌てて2時間ほど寝て、また起きる。

―――なんてアホな生活をしてましたものね(汗)。

何年も。

若かったなあ。

バカだったなあ。

そのころは『春抱き』歴も浅くて、つまり盛り上がりもそれだけすごくって。

情熱のままに、刹那的に生きてましたね(汗)。

今は、それだけのことをする体力がありまへん。

目がしょぼしょぼして、物理的に無理(笑)。

わはは。



生まれ変わる話で、とある方からのコメントが印象に残りました。

女でよかったと思うって。

女じゃなかったら『春抱き』を理解できていないだろうから、って。

Σ(^o^;)

たしかに。

それ以上の真実はありませんね。

ファイナルアンサー。



クックパッドについて、多くの共感コメントをいただきました。

言うまでもなく、わたしは別に批判もしてないし、擁護もしてません。

情報の豊富なサイトです。

上出来のレシピもあれば、「おいおいマジかよ」なレシピもある。

役に立つときも、もちろんある。

だけど、

「だって、クックパッドのとおりにつくったもん」

(=だから、なんらかの世間のお墨つきを得た、正当なものである、という弁明)

には、なんの価値もない。

―――とわたしは思っている、というだけです。

たとえばアマゾンで売ってるからって、それが品質がよいものである、という保証にはならないでしょう?

それとおんなじじゃないかしら。

昨日もたとえで出したけど、これがさ?

もし「今日の料理」だったら、世間の反応はちがってくると思うのですよ。

もしも、仮に、はちみつ入りの離乳食のレシピが、今日の料理にあったとしたら・・・?

そうしたら、サイト運営者の、監修者の責任は問われるんじゃないかな。

天下のNHK様ですし、お料理の本(番組)の代名詞ですからね。



ああ、そうだ。

もうひとつ、常識とはなんぞや、というコメントもありました。

赤ちゃんにはちみつダメって、知らなかった!

・・・という方もちらほら。

そうか。

縁がなかったら知らないかも。

その情報にふれる機会すらないかも。

実はわたしがそれを知ったのも、おそらくこの10年くらいです(汗)。

甥っ子ちゃんが生まれて、それがきっかけ。

甥っ子ちゃんたちのお母さんが、うちの母に話しているのを聞いて知りました。

赤ちゃんに食べさせないほうがいいもの、ダメなもの。

出産前から講義を受けたり、母子手帳に書いてあったり。

「まあ、今どきは至れり尽くせりで、いろいろ教えてもらえるのね~」

という話を聞いて、なるほどって。

はちみつが生ものだっていう意識すら、わたしは希薄だったからなあ・・・(汗)。

たとえば、犬にチョコレートあげてはだめ、とか。

猫にタマネギは与えてはいけない、とか。

ありますよね。

飼ってるひとにとっては当然の基本の常識かもしれないけど、そうじゃないと、

「へえ、そうなんだ?」

的な、豆知識みたいなこと。

それと似たような性質なのかもしれません。

※べつに、人間と動物をいっしょくたにしてるわけではない。

興味を持って、あるいは自分が関係者になって、はじめて知ること。

でもほかのひとにとっては、あまりにも当然の知識。

どこで 「常識」 の線を引くか、あんがい難しいのかも。







●そして

浅田真央ちゃん。

引退の記者会見をちらりと見ました。

しっかりした、落ち着いた大人の女性だった。

天才少女として、世間にずっと認識されて。

それにふさわしい活躍をし、かつ、挫折もあって。

思春期を、万人の注目する中で生きてきた。

さぞかし大変だっただろうと思う。

(天才子役が、その成長過程の一部始終を世間に注視され続けるのと同じ。)

波乱万丈だったと思いますが、なんだろう?

すがすがしい笑顔でしたね。

素敵だな、と思いました。

お疲れさまでした。

ソチのフリーでもらい泣きしたのは、忘れないよ。

若い女の子がしたいこと、これからいっぱいしてほしい。

きっとこれまで、すべて我慢してきただろうから。

では、またね。。。


【13/04/2017 07:02】 スポーツ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム