東芝の行く末は・・・

●TBのお題から

「好きなスイーツは何ですか?」

ええ・・・(汗)。

これに即答できるひとって、いるんだろうか。

(´-`).。oO...

わたしにはできません(笑)。

好きなスイーツで打線を組め、とか。

好きなスイーツのベスト10リストをつくれ、とか。

つまり9種類、10種類は選べるという状況でも、かなり迷うと思うけどなあ。

プリン。

シュークリーム。

バウムクーヘン。

チーズケーキ。

アップルパイ。

チョコレートは・・・素材扱いなのかな。

でもほら、ピエール・マルコリーニのチョコレートとか。

完成品というか、アートの領域よね。

アイスクリームとジェラートは別カウント?(笑)

ソルベはどうしましょう?

どっちにしても、好きなフレーバーはいくらでもある。

モンブラン。

オペラ。

サバラン。

シブースト。

洋菓子のバラエティをぜんぶ別カウントしたら、それだけで大変な数になりそう(笑)。

日持ちのする焼き菓子も、いろいろありますよね。

フィナンシェやマドレーヌ。

そういえば最近は、成城石井の「和三盆ポルボローネ」にはまってます(笑)。

みたらし団子。

草餅。

どら焼き。

塩大福とか、水ようかんとか。

和菓子もいろいろ好きです。

(^~^;)

えらべないよ。

むり。







●東芝さん

・・・と、なぜかさん付け。

そこに意味はありません(笑)。

わたしの歴代パソコンのかなりの割合が、東芝のDynabookです。

たまにDellだったりAcerだったりするけど、基本は東芝さん。

廉価でそこそこよくできいている。

正直そこまで愛着はないけど、信頼はしてる感じ。

その点だけでいうと、つぶれたら困る。

ってことになりますね。

が、しかし。

ここ数年はよくないニュースばかりです。

シャープしかり、東芝しかり。

日本を代表するような巨大企業が、どんどんとんでもないことになって行く。

東芝はなぜ苦境に? 日本企業の文化も背景か

家電業界はどこも大変だけど、なんというか、

「時代は変わったなあ」

と思わざるを得ません。



で、さて、東芝。

決算を発表するといっては延期し、また延期し。

最終的にはどうしようもなくなって、監査法人の意見なしで発表を強行しました。

つい先日のことです。

これ、本当に大変なことです。

大騒ぎになったけど、あたりまえです。

「どういうこと?」

ごく乱暴に、おおざっぱにいうと、会社には決算を公表する義務があります。

決算って、会社の成績表ですからね。

取引先にも、お役所(税務署とか)にも、株主にも。

「うちの会社は昨年度こんなことをやって、これだけもうかって(損して)いるんです」

と開示するのは、基本中の基本の責任なのです。

「決算って何?」

・・・ネットで調べてください(笑)。

会社の財産と借金の状況、会社がつかったお金と受け取ったお金とか。

そういう情報です。

「なにを、どこまで公表するの?」

会社の規模や種類によってちがいます。

個人事業主が、自分と家族のお金で設立した会社で、外部の株主なんかいない場合。

そういう場合は、決算を見せる相手も限られてきます。

そもそも関係者が少ないし、社会経済に与えるインパクトもあんまりないから。

対照的に、株式を上場してる大きな会社の場合。

(自分の会社の株が公開され、金融商品として取り引きされてる、流通してるわけです。)

そう、東芝とかね。

そういう会社の場合には、公表する情報量も、頻度もずっとずっと多い。

その情報が正確かどうかチェックする仕組みも、段違いに複雑です。

だって彼らは、世間一般(まあ投資家のことですが)から、お金をもらってる。

株を買うってことは、その会社の将来性に期待してお金を預けるってことだから。

証券取引所や、金融庁や、財務省や、日銀。

いろんな機関がたくさんの情報を要求するし、それを提出するタイミングも法律で決まっています。

書類に不備があったり、期日に遅れたりしたら、そらもう大変です。

「遅れてごめんね!」

では済まない世界です。



で、そうしたチェックの目のひとつに、監査法人があります。

監査法人は会社に雇われるから、いわゆる公的機関とはちがう。

「雇われる」以上は、まあ、お客様にサービスを提供する義務がある。

つかまあ、お客様をハッピーにしたいよね(笑)。

だけど、ここが微妙なところでねー。

チェックの目である以上、ときにはお客様に苦言を呈さなくてはならない。

不正を見つけたら、黙っていてはダメ。

なあなあズブズブではいかん。

・・・のですよ。

そう。

利益相反は常にある、といっていい。

「エンロン」という会社を、ご存知でしょうか。

あるいは、かつて存在した大手の監査法人「アーサー・アンダーセン」を覚えていますか?

http://www.ifinance.ne.jp/glossary/world/wor018.html

大企業の、非常に悪質な粉飾決算。

(粉飾決算とは、業績がよくないのによく見せようと、数字をいじったり架空の取引を仕立てて、決算を実際より立派な見かけにすることです。嘘つきです。株主を、市場をだます犯罪行為です。)

それがばれて、その会社はつぶれました。

それがエンロン。

で、その粉飾決算に手を貸していたエンロンの監査法人もまた、崩壊しました。

それがアーサー・アンダーセン。

これが世界の市場に、そして業界に与えたインパクトは計り知れない。

ホントにホントに、めちゃくちゃ大変だったのよ・・・(汗)。



というわけで、話は東芝に戻ります。

残念ながら東芝さんも、アメリカの子会社などの不正会計が疑われています。

つまり粉飾決算(疑惑)ですよ。

東芝の監査法人は、プライスウォーターハウスクーパース。

超有名、たぶん世界最大級の監査法人です。

あまりにも名前が長いので、ふつうはPwCと略して呼ばれます。

(厳密にいうと、日本での法人名は「PwCあらた」らしい。)

彼らの脳裏には、エンロン事件・・・というか、アーサー・アンダーセン消滅の悪夢がチラついてることでしょう。

決して二の舞になってはならない。

彼らも必死だろうなあ。



監査法人のお仕事。

ひとことでいうのはむずかしいけど、いちばん象徴的なのは、

「会社がつくった決算書類をチェックし、問題がないならないという」

点です。

監査報告書の冒頭に、わかりやすく、「opinion」というのがあってね。

そこで決算書が適正だと思うとか、思わないとか、表明するわけです。

というか実務上は、そこで「適正」と言われなかったら、監査を通ったことにならない。

(そして監査を通っていない監査報告書なんか公表しても意味がないから、適正と書いてない監査報告書は世の中にほぼ存在しない、といってもいいかも。)

東芝 「これでいいじゃん、全部説明したじゃん。何がまだ不満なのさ?」

PwC 「いやいや、これは? こっちは? イマイチ気に入らないんだよね。ちゃんと納得させてよ」

東芝 「だーかーら! これはこうで、あれはああで・・・」

・・・という感じの。

実際にはもっと緊迫して、もっと深刻なやり取りが、今も続いていると思われます。

決算発表の期日を延期する。

これだけで、相当なアウト。

株式市場的には、超アウト。

それがわかりつつ、ふたたび延期する。

さらにアウト。

監査法人がOKしてくれないんです、って理由を説明せざるをえない。

ホントは言いたくないだろうけどね。

延期の理由を説明する義務があるし、なにより。

もし説明しなかったら、よけいに憶測が飛び交い、市場がさらに疑心暗鬼になるだけ。

もっと株価が下がる。

いいことなんかない。

そしてとうとう、監査法人の「適正」意見のない決算を発表したわけです。

わたしの感覚からすると、

「終わったな・・・」

って感じ。

監査法人がOKしてない決算を発表する。

上場企業にとって、これがどれほどヤバいことか。

うまく説明できないけど、信頼は地に落ちます。

いろいろルールにも抵触してるでしょう。

特に、証券取引所の基準を満たしてない。

上場廃止(=株式の売買をさせてもらえなくなる)が見えてきます。

それでもやらざるを得なかった時点で、なんというか、終わってないか・・・?(汗)

たとえは悪いけど、これはイメージ的には、

「マンションが火事。あちこち燃え広がって、もうドアや廊下や非常階段からは逃げられない。

唯一、最上階のベランダにはまだ行けるが、はしごもロープもクッションもない。

さあ、飛び降りますか、やめますか・・・?」

という絶体絶命の状況で、東芝が 「ままよ!」 と飛び降りた。

―――っていう印象を受けます。



上場廃止かあ。

実現するんだろうか。

すでに要注意銘柄にはなってるはずだけど、これは大変なことですよ。

ちなみに>>

上場廃止基準はこちら。

http://www.jpx.co.jp/equities/listing/delisting/

「虚偽記載又は不適正意見等」 という項目がありますね。

ほかにも債務超過とか、有価証券報告書等の提出遅延とか。

引っかかってるんじゃないでしょうか。

かなり深刻な状況です。

もっとも、東証も大きな決断を迫られている。

東芝を上場廃止にすることのインパクト。

それを考えると、ためらうところもあるのかもしれません。

ルールを公平に適用しなければ、自分たちの信用問題になるしね。

どうなるんでしょうね。

みんな固唾をのんで見守っていると思います。







●では、

またね。。。


【22/04/2017 12:55】 社会・時事ニュース | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム