マダックス!

●コメントと拍手

たくさん、本当にありがとうございます。

いつも楽しく読んでいます。

「危機感がない」というのは、ときどき言われます(汗)。

すみません。

自己管理、できていません。

そういうのきっちりできる性格だったら、いいんですけどね・・・(汗)。







●うれしかったこと

まーくんのマダックス。

ォ━━(#゚Д゚#)━━!!

いやあ、すごすぎて顎が外れるかと思ったわ。

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

ボストン・レッドソックス相手に散発3安打、97球。

うちストライク72球。

(これは驚かない。)

もちろん無四死球。

(これも驚かない。)

完全に、相手チームを手玉に取ったといっていいでしょう。

しかも舞台が、相手の本拠地のフェンウェイ・パーク。

もっというと、相手のピッチャーが超エース。

クリス・セールという、メジャーを代表するピッチャーのひとりです。

「セールに投げ勝った!」

ってね、これ以上ないぐらいの完勝。

ヽ(´▽`*)人(*´▽`)人(´▽`*)人(*´▽`)ノ

やったねまーくん

開幕試合では絶望したけど、よくぞ持ち直してきた。

さっすが。

(開幕投手だったまーくんがボコボコに打たれたのは、わたしにとっても悪夢でしたわ。)



マダックスというのは、あれだ。

人名です。

メジャーリーグで殿堂入りしてる、すごく偉大なピッチャー。

そのひとが何度も成し遂げているからその名がついた「マダックス」とは、

『先発ピッチャーが、投球数100以下(未満かも)で完封すること』

・・・だそうですよ。

知らなかったけど(笑)。

(完封というのは、9回まで投げて相手チームに一点も取られず、勝ち投手になることね。)



今の世の中、そもそも完投自体が少ない。

完投っていうのは、試合終了までひとりのピッチャーが投げて勝つことね。

(そう。たとえ最後までひとりで投げても、負け投手になってしまったら、それは完投とは呼ばれない。)

昔はそれがふつうだった。

それでこそエース、みたいな風潮だった。

でも、時代は変わりました。

今は先発がいて、中継ぎがいて、抑えがいるという、投手の分業制が確立してるからね。

「ピッチャーの肩は消耗品」

(ひどい言い方ですが、要は、使えば使うほど減っていく=壊れるということ。)

という考え方が浸透してます。

だから、先発投手には「100球ルール」があります。

先発投手の投球数が100球を超えたら、時期を見て交代。

試合の流れやチーム事情にもよるかもしれないけど、だいたいそんな感じ。

いい投手なら、だいたい100球前後で7回までは投げる。

それが大ざっぱな指標です。



まーくんはもともとコントロールがいいし、無駄に遊び玉をつかわないタイプ。

だから球数すくなめの、効率的なピッチングが持ち味ではあります。

省エネ投法、とか。

そんなふうにも言われますね(笑)。

でもさー。

97球で完封はやっぱりすごい。

ヽ(・∀・)ノ

日本でもすごいが、メジャーならなおさらすごい。

めったにできるもんではありません。

(2桁ピッチングで完封ってのを13度もやったマダックスって、どんだけスゴイんだか。)

ちなみに昨シーズン、メジャーでの「マダックス」は3回だけ。

たったの3回です。

今年は、まーくんが初めて。

♪(´∀`σ)σ



「97球完封はすごいが、三振数が少ないのがなあ」

って思うひとはいるでしょう。

9回まで投げて97球で済んでるってことは、凡打の山を築いたってこと。

相手が早打ち、かつゴロやフライでのアウトが多かったってことになります。

(ヤンキーズの守備陣がちゃんと仕事した、ということでもある。)

いわゆる「打たせて取るピッチング」。

まだカウントが若い(そのバッター相手に投げた球数が少ない)うちに、

「お、いけそうじゃん!」

バッターがついつい手を出しちゃう(そしてひっかけてゴロやフライになる)球を、うま~く投げていた。

―――そういうことになります。

技の冴えですね。

コントロールがよくないと、こういうことはできない。

(〃^ー^〃)

そもそも相手チームのバッターが早打ちに走ること自体、

「このピッチャーはコントロールがいい。あっという間にツーストライクに追い込まれるから、その前に打とう」

という心理がはたらくからです。

(まあ、そもそもメジャーの打者は早打ちの傾向があるけど。)

制球のいいピッチャーって、マウンドにいるだけで相手にプレッシャーを与えるんですね。



びゅんびゅん剛速球で、バッタバッタと相手を三振に切ってとる!

・・・のは、たしかにカッコいい。

エースとしての華がありますよね。

そういうまーくんも、もちろん見たい。

見たいが、簡単な算数の話です。

三振をとるためには、最低でも3球は投げなくてはならない。

あたりまえね。

ときにはボール球もあろうし、ファウルを打たれたりもする。

つまり三振でアウトをひとつとるのに、平均して5球とか、7球とか。

そのぐらい球数が要ることになる。

少なめに見積もってひとり5球だとして、1イニング3アウトをとるのに15球。

それを9回まで続けたとすると、135球です。

チーン。

100球ルールがありますから、これでは完投できません。

7回までがやっと(105球)。

※念のためにいうと、7回終わって100球ちょっとならいいほうです。かなり。

メジャーに移籍した当初のまーくんは、そんな感じでした。

一方、97球で9回を投げ終えるためには、1イニング10球ほど。

ひとりあたり、せいぜい3球。

これでは奪三振ショーはむり。

内野ゴロと凡フライの山になるはずです。

初球や2球目にさっさと、相手がつい振りたくなる/打てそうに見える誘い球を、うま~く投げてる。

そういうことだ。

まだ28歳にして、この老獪さ(笑)。

たいしたもんだ。



この試合では、ストレートが最速151キロだったとも聞きました。

正直、あんまり早くない。

実に微妙な数字です(笑)。

もともと彼の最速が155キロぐらいなので、そこから見ると落ちてるともいえる。

でも、どうだろうなあ。

今までのまーくんを見てると、速球を使い分けてる気がするのです。

昨日のマダックスみたいなときは、完全に技巧派。

だけどときと場合にによっては、そこそこ速球派にもなれる。

実際、打者の目には(数字以上に)うんと早く見える球って、あるらしいですし。

時速165キロの球を投げても、大谷くんはときどき打たれるしね・・・(汗)。

※このあたりは、「球辞苑」の知識(笑)。

というわけで、あれだ。

球速が出ないから衰えたとか、もうダメだとか。

そういうわけでもなさそうですよ。

効率のよいピッチングを追求していたら、もしかして、

「あれ? 必死で155キロなんか出さなくても、ちゃんとアウト取れてね?」

とか、気づいたのかもしれない(笑)。



以上。

まーくんネタになると長いですね。

すんまへん。

ほかにも野球ネタは腐るほどありますが、自重します。







●かなしかったこと

・・・かな?

哀しくはないか。

羽生三冠が負けた!14歳プロ藤井四段が快挙...非公式戦で格上棋士つぎつぎ、なぎ倒す

羽生善治さんはいうまでもなく、史上おそらく最強の棋士です。

46歳。

生きるレジェンド(バリバリの現役だけど)。

最盛期はすぎたものの、今でも実力ナンバーワン。

いったいいつになったら羽生は衰えるのか?

羽生世代はいつまで棋界を牛耳るつもりなんだ?

・・・なんて、真面目に言われるほど。

その羽生さんを、14歳の最年少プロ棋士が破ったとか。

聞いたこちらがびっくりしました。

わお。

すげえ。

ヤフーのトップニュースにも出てましたね。

なんだろう。

「イチローが落球!」

みたいなもんかな、と思いました。

あまりにも想定外の、まるで起こりえないことが起きたからニュースになる。

それを地で行く気がします。



ちなみに、あれは故意じゃないかと思うけど、ネットニュースの記事タイトル。

「天才羽生が14歳の新星に敗れる大波乱!」

みたいなヘッドラインだったので、どきっとしました。

「・・・羽生善治のことか? それとも羽生結弦くんのほうなの?(汗)」

まぎらわしい記事はやめれ。



しかし、羽生さんに勝つってすごいなあ。

そりゃ羽生さんだって負けます。

今もってるのが三冠で、かつて七冠だったんだから、それだけ負けてるのよね。

あたりまえです。

天才だろうと史上最強だろうと、それは100%勝つという意味じゃない。

とはいえ、やっぱりね。

中学生に負けたとなると、おや、とは思います。

いよいよ世代交代か。

その彼自身も中学生でプロになって、どんどん大人を倒してきたわけですから。

将来たのしみな子ですね。

羽生さんに勝った!というのが、変なプレッシャーにならないといいけど。







●では、

またね。。。


【30/04/2017 16:00】 スポーツ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム