勝ったり、負けたり

※野球ネタばっかりで、すみません。

|||(-_-;)||||||



●ダメだ

この人、おもしろすぎる・・・(笑)。











大田泰示選手。

大谷翔平くんのいない、そして昨年日本一のわりには今年だいぶ苦労しているファイターズ。

(大谷くんは負傷中。運がよければ、来月半ばには復帰らしい。)

(チームは今シーズン、ダントツの最下位スタート。なんとか盛り返して、4位まで上がって来たところ。)

ファンとしてはしんどかったところに、なんなのこれ。

トレードでやって来た大田くんが、台風の目みたいな活躍をしてる。

明るくて、とても楽しそうに野球をやってる。

見ていて飽きません。

お荷物とか、期待はずれとか。

元いた巨人では、要するに鳴かず飛ばずだったそうです。

それが、まあまだシーズン前半ですが、生き生きのびのびとプレイしてる。

環境が変わり、指導者が変わり、もちろん自分でも今が最後のチャンスだと思ってることでしょう。

(26歳というのは社会人としてはひよっこですが、プロ野球選手としては中堅の域でしょう。)

そうした効果なのか、必死なんだよなあ。

そういうのを見てると、応援したくなります。

がんばれ。



それにしても、日本ハム栗山監督の人たらし術はすごい(笑)。

人たらしっていうと語弊があるけど、つまりは人心掌握術。

チームをまとめる管理者としての才能というか。

「球界の盟主たれ」 とかなんとかいう歴史と伝統や、数多の口うるさいOBたちの苦言。

そういう巨人特有の重圧に委縮し、思うようにプレイできなかった大田くんに、

「好きなように打て。全力でフルスイングして三振して来い。中途半端は許さん!」

といったんだそうですよ。

打てなくても俺は使い続けるし、ファンやマスコミに批判されたら俺が責任をとるから、って。

自信を失いかけていたであろう選手に、これは効く。

・・・よね。

事実、最初のころは打率ひどかったけど、栗山監督は大田くんをスタメン固定した。

我慢して起用し続けた。

で、最近すこしずつ変わってきました。

ホームランを打つ爆発力は、これは昔からあったらしい。

(日本人の長距離打者としてはずば抜けていて、大谷くんクラスかもしれん。大谷くんは異次元だけど。)

ただ、今はうまく流し打ってヒットとか。

よく当てたなあ、と思うことが増えた。

いいところで、ちゃんとそれなりに打つ。

三振と併殺は相変わらず多めだけど、あんまり変なボール球は振らなくなった。

ファウルで粘るとか、我慢して四球をもぎ取るとか。

そういうシーンも増えました。

落ち着いて、自信をもってボールを見られているんでしょうね。



もともと、巨人のドラフト1位指名です(東海大相模)。

いきなり(ゴジラ)松井選手のつけていた背番号55をもらうあたり、相当な期待値だったはず。

それだけの才能はあったってことだろうと思います。

期待されすぎて、そのプレッシャーにつぶれたのかもね。

こういうのを根拠に、巨人に 「育成力がない」 という人もいるけど、どうなんだろうなあ。

批判するのは簡単ですが、巨人ってかなり特殊な環境じゃない?

しょうがない部分もあると思います。

伝統だの栄光だの、優勝が使命だとかなんとか、いらんもんを山ほど抱え込んでさ(笑)。

今の高橋由伸監督を見ててもそうですが、自由に柔軟にやらせてもらえるチームには見えない。

偉大なOBが多すぎて、過去の栄光をひきずった、まあ時代遅れの価値観を押しつけてくる。

いまだに髪を染めたらダメとか、ヒゲNGとか、うるさいルールもありますし。

そういうのが苦にならないひとはいいけど、ダメな選手にはつらいでしょうね。

高校生でもあるまいし。

若い人であればあるほど、「巨人は特別(特別にすばらしい)」 って思ってないしなあ。

大田くんには合わなかった、ってことでしょう。



今のファイターズは、まるで正反対の環境です。

若い選手が多く、いつもわいわいやってる。

スターはいるけど、恐れ多くて近づけないようなタイプはいない。

そういう環境のほうが、今の若い選手にはいいのかもね。







まーくん

野球の神様っておもしろいことをする。

残酷というか。

すばらしい投球で完封勝利をおさめた、かと思えば。

その後は運が急降下?して、ホームランぼっこぼこに浴びて大炎上。

「タナカは終わった」

とまで言われたり。

まあ、さんざんなありさまでした。

わたしはまーくんの絶対的な非凡を信じているので、そのぐらいじゃ動じないけどね!

(´∀`σ)σ

まあ、がっかりはするけど・・・(汗)。

それでも彼はめげずに、ちゃんと修正してくる。

彼の冷静さと、強靭な精神力に脱帽。

昨日の試合ではすばらしいピッチングをして、8回までに13奪三振だっけ?

魔法のスプリットで三振をガンガンとっていた、初年度のようでした。

でも、負け投手なのよね(汗)。

たった1点を失っただけですが、味方の援護に恵まれなかった。

不運ですが、それはしょうがない。

相手をゼロで抑えても勝てない(勝ち投手になれない)こともある。

極端な話、ホームラン4本を浴びて9失点しても、味方が10点とってくれれば勝ち投手になる。

そういうもんだ。

しかし、なあ。

調子の悪いときでもそこそこの失点に抑えるってのが、エースの条件だ。

まーくんはおおむねそれができる投手なんだけど、今年はちょっと微妙。

そこは気になります。

怪我とか疲労とか、そういうのじゃないといいけど。







●では、

またね。。。


【27/05/2017 23:39】 スポーツ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム