ゲット! (『春抱きALIVE』4巻を入手するまでの超くだらない詳細)

☆追記☆

みなさまのいつも熱い拍手コメント、ありがとうございます!

香藤くんへのお祝いの言葉も、役得みたいにたくさんいただいちゃいました。

ヽ(´▽`*)人(*´▽`)人(´▽`*)人(*´▽`)ノ

大事に拝見しています。

本当にありがとうございます。










●わりと

絶望してたんですよね(笑)。

6月9日(金)、午後6時半ごろ。

バタバタとオフィスで忙殺されながら、内心やきもきしてました。

だって、電話が来ない。

(((((((;´д`)))))))

「入荷したら、ご連絡します」

のはずが、例ののんびりした駅ビルの書店から電話が来ない。

(((((((;´д`)))))))

まじか。

まじですか。

まさかとは思うけど、新刊が発売日に届かないほどの田舎でしたっけ?(汗)

都内で・・・?

_(_"_;)_

それとも、電話をするってこと自体を忘れてるのか?

どういう意識低い系の本屋だよ?(笑)

ああ、アマゾンで予約しとけばよかった。

仕事が終わったら、その手の本が確実に入っている別の本屋に行くべきなんだろうか。

でも、でもなあ。

なんせへとへとに疲れていて、それをする体力に自信がない(汗)。

アニメイトならあるだろうけど、最寄りの店舗がわからない。

というかわたし、人生で一度もアニメイトに行ったことがない(笑)。

|||(-_-;)||||||

さあ、どうしよう。

なんというか、かるく絶望を味わいつつありました。

|||(-_-;)||||||



・・・って、あれですね(汗)。

こんな雑念ばっかりで、それは仕事してるっていえるんでしょうか。

まずい。

いろいろと。

※日中は別にこんなこと考えてなかったのよ、と自己弁護。

ヾ(´▽`;)ゝ



そして午後7時ちょっと前になって、やっとケータイが鳴りました。

「!」

※勤務中の私用電話はいけません。はい。

(残業タイムになると、宅配業者からの連絡なんかもあるので、ま、お目こぼしあり。)

声は、若い男性でした。

「ご予約の・・・春を抱いて・・・あらい・・・えっと」

「はい、わかりました」

無理にタイトル全部いわんでいいから。

そのぐらい、すらすら言えてもいいとは思うけど。

お店の終業時間だけ確認して、電話は一瞬でおわり。

ひそかな絶望感もおわり。

さあ、あとは行くだけだ(笑)。



っていうわけで、その本屋にたどり着いたのが午後9時ちょっと前くらい?

金曜日夜の書店って、意外と混んでるのね。

レジにも長い列ができていました。

めったに行かないので、ちょっと意外。

(いや、リアル店舗が繁盛するのはいいことだけど。)

「これを」

予約票を差し出して、取り置きの新刊をもらいます。

ここまでは予定どおり。

ですが、あれ?

「あ・・・」

レジのお兄さんが商品を確認し、わたしに見せようとしたところで、手が止まりました。

「ん?」

春抱きALIVE』が一冊、『プラチナ・パスタ』が一冊。

商品は正しいけど、予約票には『春抱きALIVE』は二冊。

「お、お待ちください!」

お兄さんは『春抱き』を片手に、BLコーナーに走って行ってしまいました。

本当にダッシュ。

一冊ずつでいいよって、言おうとしたのに(笑)。

よく考える・・・までもなく、これはわたしのミスですね。

痛恨のミス。

発売日に確実に手に入れたいってのが理由なんだから、一冊で十分だ(笑)。

予備がほしいなら、ポイントのたまるネット通販とか。

あるいは、特典のあるコミコミとかで注文しておけばよかった(笑)。

それに思い至らないあたり、わたしもかなりダメダメです。

人生ギリギリなんで、いろんなことに気が回らない(汗)。

ヾ(´▽`;)ゝ

「ふっ、わたしも焼きが回ったぜ・・・」

ヾ(´▽`;)ゝ

お兄さんは、コミックスをもう一冊、棚から持ってきてくれました。

「たいへん失礼いたしました・・・」

いやいや。

そういうわけで、予約票どおりの買い物をして戻ってきました。


170610_043732mini02.jpg


ふう。

ちなみに、こういうやり取りでいちいち恥ずかしがらない。

・・・ってのは、前回すでに書きました(笑)。

厚顔無恥、かどうかはともかく、オバサンになって面の皮が厚くなったのは事実。

(o´_`o)ハァ・・・

ですが、ちょっとだけ。

コミックスにカバーをかけてくれた、明らかにアルバイトの高校生らしき男の子。

その子のチラッ、チラッという視線には気づきましたよ。

ええ・・・(汗)。

うわあ、こんなオバチャンがBL読むのか~。

と言われてるような気がしたのは、考えすぎだろうか(笑)。

その彼からしたら、わたしは母親の世代でしょう。

そのくらいの年齢の腐女子は珍しくもなんともないけど、彼がそれを知ってるかどうか。

(どちらかというと、知らずにいてほしい!)

びっくりした(あきれた)のかもしれないなあ、と思いました。

ヾ(´▽`;)ゝ







●そして

ふへへ。

読みましたよ。

感想は・・・書ければですが、またいずれ。

ただ、ひとこと。



黒 い 靴 下 は、 反 則!!!



では、またね。。。


【10/06/2017 05:44】 春を抱いていた | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム