エミリアーノ幻想

●寝落ち

頻度、高すぎですね(汗)。

ホント最近、ダメだなあ。

で、朝の4時に目が覚めたりする(笑)。

わけがわからんよ。







●日曜の

お茶会はつつがなく、まったりと穏やかにすごしました。

ちょっと人数少なめで、いつものパーティールームが広すぎる気もしたけど(笑)。

お忙しい中、集まってくださったみなさまに感謝。

新幹線に乗って、とおい国から駆けつけてくださった方にも感謝。

楽しかったです。

ヽ(´▽`*)人(*´▽`)人(´▽`*)人(*´▽`)ノ



それから>>

お茶会のお店を決めるにあたって、柔軟な対応をしてくださったホテルの担当者にも感謝(笑)。

それが仕事。

ええ、そうでしょう。

だけど、電話一本でいろいろリクエストを聞いてくれる。

オンラインでは満室で予約できなかったものを、一室だけ空いてますから、と融通をきかせてくれる。

(ホテル的には、こういうのは当然の対応らしいです。)

お料理の相談にも乗ってくれる。

サービスが気持ちよく、本当にありがたいと思いました。

(//∇//)

いいかげん常連なので、顔も名前も、何が好みなのかも把握されてる。

・・・のは、知ってます(笑)。

(//∇//)

多いときは一年に3度、4度と通いますからねえ。

そりゃそうだ。

だけど、大した(お金をたくさん落とす)客ではないのも、また事実(汗)。

お酒も頼まないし、コースもいちばんお手軽なものばかり。

(o´_`o)

だから、お得意様だという認識はありません。

そこをはきちがえるほど、図々しくはない、つもり。

むしろ、

「こんな腐女子の集まりに目をつむり、いつもいつも心地よいサービスをしてくれて感謝!」

と思ってます。

(我々の間では、かくしているけど、とっくにばれてる説が有力。)

ヾ(´▽`;)ゝ



それでも、すらっと背の高い黒服イケメン(寄り)のおじさま、もといお兄さまたちに、

「お待ちしておりました、〇〇さま」

とか言われちゃうわけですよ(笑)。

さすが一流ホテル。

そのそつのなさがいい。

*:.。☆..。.(´∀`人)







●あ。

でも、そういえば、今回。

ひとりなのか、ふたりなのか不明ですが、エミリアーノがいました(爆)。

そう、かのエミリアーノ。

※ご存知ない方で、気になる方は、このブログで検索してみてください。

『春抱き』パラレル☆ツアーのときのことなので、ずいぶん前ですが。



あのハロッズでの衝撃のエミリアーノ以来、わたしたちは、

「一生懸命なんだけど、コミュニケーションに齟齬がありすぎて突拍子もないサービスを提供してしまう」

ウェイターさんを、エミリアーノと呼んでいます。

そう、今ではエミリアーノは普通名詞(笑)。

特定の誰かの名前では終わらず、普遍性を持つに至っています。

ポイントはもちろん、丁寧で一生懸命で、とても頑張っていること。

お客さまの要望を叶えよう、という気持ちがなければはじまらない。

容姿や身のこなしは、ちゃんとしてること。

そして、絶望的に空気が読めない、というか。

状況判断に難があること、ではないでしょうか・・・(汗)。

日本の一流ホテルでは、まずめったに遭遇しないと思う。

でも、日曜日にはいました。

神出鬼没。



「コーヒーのおかわりをください」

というお願いを、インターフォン越しにしたとします。

ここのパーティールームでは、予約したコースに応じてドリンクが決まっています。

(基本的にフリーフロー。)

わたしたちのコースの場合、デザートと同時に、コーヒーがポットごと出てくる。

最初の一杯はお店の人が淹れてくれるけど、あとはセルフサービス。

おかわりしたければ自分で注ぐし、足りなくなれば、インターフォンで追加をお願いする。

するとまた、熱々のコーヒーの入ったポットを持ってきてくれる。

・・・というパターンです。

何年もずっとそう。

先日のエミリアーノは、すました顔で、トレイにひとりぶんのカップとソーサーを持って登場しました。

(ちなみに、その前に一度リクエストして何も起きず、15分後に再度おかわりをお願いしてこれです。)

「・・・ん?」

わたしたちはたぶん、あれれ、って顔をしたと思う。

想定しているのは、銀色のサーモポットですからね。

「・・・ん?」

すらっと涼しげな笑顔のエミリアーノも、あれれ、と思ったらしい。

「・・・お待ちくださいませ」

カウンターの陰の見えないところに、自分が持ってきたトレイを置く。

隠した、というべきか(笑)。

素知らぬふりで、テーブルの上のカラのポットを取り上げる。

そしてそのまま、そそくさと部屋を去る。

「あれ・・・」

わたしたちは、ちょっと目が点。

なんだったんだろう?(笑)

彼が隠し置いていったものを見てみると、やっぱり、ひとりぶんのコーヒー。

「どうするんだろう、これ・・・」

どうするつもりだったんでしょう。

要するに個室カラオケで、飲み物おかわり自由なわけです。

省力化のために、大きなピッチャーでオレンジジュースとか、ウーロン茶を用意しておく。

そういうサービス。

グラスやカップ単位で、個々にオーダーを運ぶことはない、はず。

・・・はず・・・(笑)。

結局、彼は新しいポットを置いて、トレイを持って帰りました。

一杯のコーヒー、もったいない。

(´-`).。oO...



ああ、うまく書けませんね。

これだけじゃ、そんなにおもしろくもおかしくもない(汗)。

他にも、いろいろ。

似たようなことが重なり、エミリアーノだ、と小鳥さんが言い出したのよね。

うん。

なつかしい。

日本ではめったに会えないお人です。

(´∀`σ)σ







●では、

またね。。。

【13/06/2017 05:03】 「ゆすらうめ異聞」関連 | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム