トロピカルにもほどがある

●うぐぐ・・・

毎度まいど、お暑うございます。

明日(もう今日)の東京。

予想最高気温が37度って、ホント・・・?

工エエェェ(´д`)ェェエエ工

ご冗談を。

冗談だよね・・・?

(・_・)なの?

真夏の都心、トロピカルにもほどがある。

アッチィ―――ヽ(´Д`;≡;´д`)ゞ―――!!!!

うへえ。

想像するだに恐ろしい。







●不吉なことを

書く、と怒られそうですが。

(同じこと、以前にも書いたと思いますが。)

これだけ暑くても、どんだけ暑くても、甲子園では高校野球が始まる。

炎天下、一生懸命の球児たち。

そら青春だし、筋書きのないドラマだし、見てるほうはドキドキする。

彼らも、すべてを賭けて臨んでいるのはわかる。

「栄冠は君に輝く」 を、ついつい口ずさんでしまう人も多いと思う。

風物詩だし、美しいとも思う。

まぶしい。

かつて夢中になっただけに、応援したい。

でも、でもね。

先日、野球部の女子マネージャーが、亡くなりましたよね。

練習の帰りに、いつもなら乗るはずの車に乗れずに。

ほかの選手たちと一緒に走って帰って、倒れた。

この件だけでなく、不幸にも部活中に亡くなる生徒の話は毎年きく。

熱中症がとくに多い気がする。

(しつこく書きますが、熱中症で倒れる選手がいたとして、それはその子がヤワだからでも、練習不足だからでもない。)

いつか、いつか。

甲子園の球児の誰か、あるいはアルプス席で応援している生徒たちの誰か。

誰かが倒れて、取り返しのつかないことになるんじゃないかと危惧する。

大げさじゃなくて、そういう事故がいつか起きるんじゃないかと思う。

思ってしまうのです。

その昔、甲子園で大会をやり始めたころとは、気候がちがいすぎる。

暑いといっても、せいぜい30度」 だったころと、今はちがう。

選手の技術や体力レベルも上がっているけど、その分、過酷な練習をしてるのでしょう。

グラウンドでは35度どころか、40度くらいあるかもしれない。

そんなところでスポーツ、していいんですかね。

連日100球、200球と投げる(こともある)ピッチャーの、肩への負担。

どれをとっても、健康的ではない。

子供(高校生ってまだ10代ですし)の教育にはさらによくない。

「じゃあ、中止しろと?」

「誰よりもいちばん夏の甲子園に来たがっているのは、生徒たちでは?」

「長年の伝統が」

いくらでも、反論はあろうと思う。

でもなあ。

すべてを賭けてる選手といっても、本気で命をかけてるわけじゃないでしょう。

本当に死んでもいいわけじゃないでしょう。

悲劇が起きてからでは遅い。

(いや、甲子園では起きてないというだけで、すでに高校野球の世界では起きているわけですが。)

でも、子供の安全のために、何かしなくてはいけないと思います。

「じゃあ、空調の効いたドーム球場でやるの? ありえない!」

青空と入道雲と、カキーン! と金属バットの音。

それがセットで刷り込まれているから、変えるのは容易ではないでしょうね。

伝統、なくなってほしいわけじゃない。

夢とロマンとノスタルジア、大事だと思うよ。

でも、命と引き換えにはできない。

誰かが、英断を下さないといけないと思っています。

日本の夏はトロピカルになってしまったんだもの。

ね。







●では、

またね。。。


【09/08/2017 01:39】 スポーツ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
恋する香藤くん鯉の池
ゆすらうめ☆タグクラウド

Tohaku collection
お天気は?
プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。
ブロとも申請フォーム
ヒマつぶしゲーム