岩城京介、4回目の年男

●なんだろう

春抱き』と出会ったのは、今から約13年前。

2005年のことです。

オギャアと生まれた赤ちゃんが、中学生になるぐらいの時間が過ぎました。

長いようで、短い。

短いようで、長い。



そんだけ経てば、そりゃあわたしも歳をとります(笑)。

春抱き』仲間もみんな、同じだけ年齢を重ねました。

当時はギリ若者・・・だったような気がしますが(ん?)、それも遠い昔。

あは。

今では、まあ、精神的に若いつもりの(というかいつまでもオトナになりきれない)オバチャンだわね。

残念?かな。

どうでしょう。

歳をとったなあ、と思うことが増えた。

成熟したなあ、と思うことはめったにない。

ヾ(´▽`;)ゝ



それなりに長いこと、ずうっと『春抱き』を好きで。

岩城さんと、香藤くんを好きで。

ひたすら好きで好きで、これ以上に好きになれるものはない、と。

決めてしまったけど、後悔はしてない(笑)。

迷うこともなかったなあ。

実際、2005年以降、これ以上に愛する作品には出会っていません。

たぶん、これからもない。

つまり、岩城京介。

おまえがパラダイス。

じゃなくて、おまえが俺の最後の女・・・じゃなくて、男だ。

うふ。

(´∀`σ)σ



熱が冷めることはない。

終わることもない。

だけど、それなりの年月が経ったぶん、愛のかたちは変わっているかもね。

暑苦しく、爆発的に、激しくそのことしか考えられない、みたいな。

そういう好きとは、今はずいぶんちがいます。

落ち着いているつうか、余裕があるというか。

まあ、他のことに、関心を振り向けることもある。

でも、それは、冷めたわけじゃないのよ(笑)。

自分では、そんなつもりはない。

だって、岩城さんが不動の一位だ。

世の中の何がどう変わろうと、それだけは変わらない。

絶対に。



いつも、いつでも、いつまでも。

心のど真ん中に、彼はいます。

あ、もちろん旦那と一緒にね(笑)。



いうまでもないですが、香藤洋二も好きです。

本当に好きだ。

めちゃくちゃに好きだ。

ここ最近のお話の展開で、よけいに惚れた。

岩城さんにじゃなくて、香藤くんにね。

彼だけがひとり、なんも悪くない。

本当に、まったく、後ろめたいことがない。

それなのに、いちばん苦しみ、傷ついている。

それなのに、絶対に岩城さんを責めない。

彼は今、ある意味で完全な被害者だと思うけど、本人はそういう考えかたをしない。

悩みつつ、でも迷いはない。

まっすぐに、前だけを見ている。

香藤くんがもがいている姿を見るのは辛いけど、それでも、彼は雄々しいよね。

しかも雄々しいだけじゃなくて、成長している。

ひとはこんなに強くなれるのか。

そういう意味で、尊敬もしています。



そして、最後の男。

岩城さんには、たくさんの注文があります。

でも、究極にはひとつだけ。

香藤くんを幸せにしてあげて。

貴方には、その義務がある。

貴方の人生に、彼を引き込んだ責任がある。

あは。

まさかこんなことを、岩城さんにいう日が来るとは思わなかったね(笑)。

いつもなら、逆です。

岩城さんを幸せにしてよね、と。

いつもなら、香藤くんにいいたくなる(笑)。



わたしは、年をとった今の岩城さんがいちばん好き。

今の香藤くんがいちばん好き。

あら。

ということは、今の『春抱き』がいちばん好き、ってことですね。

あは。

不思議だ(笑)。

大人になった二人の、抜き差しならない関係が好き。

パッションだけでは片づけられない面倒ごとも含めて、ふたりの人生が好き。

深化したふたりが好きです。

どうしようもなく。



というわけで、岩城さん。

お誕生日おめでとうございます。

健康に留意して、たのしく長生きしてね(笑)。

いつまでも、ふたりでいてね。

わたしはそれをずっと、ずっと見ていたいです。







●では、

またね。。。


【27/01/2018 23:41】 春を抱いていた | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。