150年ミラクル

●今日は

ほんのわずかに、寒さがやわらいだ気がします。

暖かくはない。

でも、先週来のキーンとしびれる冷たさもなかった。

ふう。

ほっとしました。



あ、ところで。

寒い寒いと書きますが、必ずしもそれが辛いわけではないです(笑)。

ご存知のとおり、暑いのがキライ。

寒いのは、というか寒い時季は、けっこう好きなのです。

このごろ、ちょっとだけ、日が伸びているのを感じますよね。

それに気づくと、ああ、春が近いのかって。

まだ気配もないけど、それでも春は遠からじ。

そう思うのですね。

春、という言葉には浮き立つ。

無条件に、心がざわめく。

だけど現実問題、花粉が飛ぶよなー。

ぬくくなると、汗をかくよなあ。

それはいやだなあ、と。

―――まあ、そんなふうに考えてしまいます(汗)。

ヾ(´▽`;)ゝ







●最近の

わたしの・・・趣味というか、ブームというか。

もっとふわっと頼りない、気分、というほうが近いかな?

このごろ勉強してるのは、幕末です。

今年が明治維新150年、というのがきっかけ。

最近テレビに引っ張りだこの磯田道史センセも、誘導線のひとつかも。

大河ドラマ・・・は、あんまり関係ないです。



おお?

と、このブログの昔からの読者さんは思うかも。

なにしろわたし、幕末が大の苦手。

苦手というより、ずっと長いこと、あまり興味がありませんでした。

歴史が大好きと自称するくせに、幕末だけがなぜかキライ。

というか苦手。

というか避けて通る。

というか知らね。

ね。

(((((((;´д`)))))))

この時代、とても人気がありますけど、

「なんでやねん」

という感覚でした。



が、しかし。

ひょんなことから、調べてみると面白い。

少しずつわかっていく過程が楽しい。

複雑なのは知ってましたけど、ホント、あっちこっちに闇が、落とし穴がある。

それがなんとなく魅力的に感じる。

なんでしょうね。

ほぼアンチだった坂本龍馬ですら、最近はわりと面白い(笑)。

※アンチというか、食わず嫌い。

人間のエゴがむき出しになると思う一方で、奇跡としか思えない奇才もいる。

カオス。

本当にカオス。

そしてこんな混沌が、いつの間にか、収束に向かっていくミラクル。

血で血を洗う内戦から、なんでこうしれっと解決するんだ。

なんで、欧米列強に踏みにじられなかったのか。

なんでこの時代、世界を俯瞰するようなスケールの大きい人物が次々と現れる?

わけわからん。

でも、そこが面白い。

・・・と、この歳にしてようやく気づきつつあります。

(´∀`σ)σ



最終的に誰が勝者なのか?

いないんじゃないか、と思ってみたり。

敗れ去っていたひとたちが、負け組とも限らないよなあと考えたり。

思考がめぐり、想像力も止まりません。

歴史っておもしろいよね、と。

そんなつまんない感想しか出てきません。

ヾ(´▽`;)ゝ

いきなり、幕末マニアにはなりません。

なれません(笑)。

が、この時代のおもしろさに気づけた。

それだけでラッキーだと思っています。







●というわけで

では、またね。。。


【29/01/2018 23:41】 社会・時事ニュース | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

01月 | 2024年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。