流鏑馬を撮る (小田原 梅まつり)

●2月11日

三連休の中日。

とても暖かな日でした。

朝、起きた瞬間からちがいました。

雨上がり。

しっとり、ぽかぽか。

「え、お昼の気温が13度? もうちょっと上がるかも?」

お天気予報を見て、ひと思案。

暑がりで汗っかきのわたし的には、これはマズい。

そんな予感がする。

・・・というわけで、Tシャツにブラウス。

その上には冬コートではなく、春先用のトレンチ。

そんな軽装で出かけた自分の、珍しくも正しかった判断を誉めてあげたい(笑)。

ヾ(´▽`;)ゝ







●というわけで、

小田原に行って来ました。

(首都圏からみるとずいぶん遠く感じるようですが、わたしの地元からだと電車で30分です。近い。)

曽我の林のまつり。

http://soganosato.com/index.html

曽我(そが)、ご存知でしょうか?

神奈川県民にとっては馴染みのの名所なのですが、都内では知らない人も多い。

そんなのあるんだ、といわれてがっかりしたことも数知れず(笑)。

神奈川の常識が、世間一般の非常識なのか?

それはわかりませんが、ほら、あれです。

歌舞伎でも有名な、曽我の兄弟

曽我十郎(兄)と、曽我五郎(弟)のものがたり。

日本三大仇討ちのひとつ、とか言われてますよね。

その曽我兄弟のゆかりの地、だったりするらしいです。

よくは知らないけど。



P2116931sss.jpg



また、小田原は地味に干しの産地でもあります。

紀州南高が有名すぎて、それ以外は知らない人が多いけど(汗)。

曽我の梅林というのは、実は、梅の実をとるための梅畑・・・なのよね。

それが観光資源にもなっている、という感じじゃないかと思います。



P2116928sss.jpg



蝋梅の写真は、ただのオマケです。







●梅まつりの

ハイライトは、たぶん、流鏑馬の神事です。

それを見る(できれば撮る)ために、御殿場線でコトコト出かけました。

流鏑馬

やぶさめ。

そう、馬に乗って弓矢で的を射る、あれです。

正確にいうとそれは神事の名称なので、「騎射」というべきらしい。

いちど、まともに見たかった。



P2116740sss.jpg



P2116746sss.jpg



いちおう言い訳をしておくと、撮影環境は悪い(笑)。

なんせ、まったくの逆光です。

真正面に、ギラギラ光る太陽がある。

「どうしろと・・・」

絶望したねえ。

観客がたくさんいるので、身動きできず、角度を工夫することもできない。

わたしのカメラが古いせいで、液晶画面の野外での視認性が非常に悪い。

つまり、自分がなにをどう撮っているのか、ろくに見えない(笑)。

三脚ダメなので、手持ちで撮るしかない。

馬、早い。

そんなこんなで、ヤケクソ気味に撮りました。



P2116753sss.jpg



P2116758sss.jpg



馬が、全部で5頭。

日本馬の血統をひく変わった子から(走ると尻尾が立つ)、サラブレッドまでいろいろ。

(かつて天皇賞で優勝したことのあるメジロマックイーンの子供、とかなんとか。)

意外と間近で見られたので、迫力がありました。

射手が、10人。

うち2人が女性で、凛として素敵でした。

的が三つ。

この画面でいうと左からひとつ、ふたつ、三つ目の的です。

わたしが立っていたのは、三つ目の的のさらに右寄り。

つまり、端っこです。



P2116765sss.jpg



P2116861sss.jpg



馬の名前。

たしか天山(てんざん)。

源太産衣(げんたうぶぎぬ)。

彗星(すいせい)。

初陣の蓮華(れんげ、牝馬)。

そして八龍(はちりゅう)。

いちいち、かっこよすぎる。



P2116872sss.jpg



背景の土手が、御殿場線の線路ね。

たったの4両しかない、かわいい電車です。

構図的に、馬と矢と電車が全部、同時に重なるのを待ってましたが、無理だった(笑)。

撮り鉄垂涎のスポットじゃないかと思いますが、この日は不発。

・・・まあ、わたしのカメラじゃ、どっちにしても無理だったかも。



P2116887sss.jpg



これが、わたしの位置から左、つまり馬の走り始める方向(馬場元)を望んだ写真



P2116888sss.jpg



そしてこちらが、馬の駆け込んでいく方角(馬場末)です。

右手の大きな民家の屋根の向こうには、富士山がかすかに見えます。

見える・・・?

ちなみに、武田流古式馬術。

鎌倉にある大日本弓馬会・・・とかいう団体だったような。



P2116895sss.jpg



P2116908sss.jpg



ちょうど電車が来る。

だけど、馬は来ない・・・(汗)。

残念。



P2116915sss.jpg



P2116916sss.jpg



P2116917sss.jpg



上の3枚の写真は、連写です。

的には当たってないけど、でもまあ、格好はいいから。

メジロマックイーンの息子も、絵になります。

ちなみにメジロブリット・・・とかなんとかいう名前で、競走馬だった。

でも引退して、今は八龍という名前。

そこにもロマンを感じます。

(´∀`σ)σ







●なんか

流鏑馬、また見たくなった(笑)。

次は、鶴岡八幡宮かなあ。

(*´∇`*)

などと、しょうもないことを考えております。

では、またね。。。


【12/02/2018 04:08】 写真☆カメラ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

09月 | 2018年10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。