Shohei the power hitter (not that we did not know it)

●わお

わーい。

ヾ(〃^∇^)ノ♪♪♪

すげー。

ヽ(*´∀`*)ノ












久しぶりでしたね。

豪快な代打ホームラン。

うほほ。

(*´▽`*)♪



このところ何試合か、出番がなかった大谷くんです。

なぜないのか?

体調のせい、ではありません。

故障のため投球をしない大谷くんは、現在のところは 「バッティング専門」。

投手以外のポジションで守備につくことはありません。

※彼自身は日本ハム時代、一時期はライトを守ってました。

※でも今はエンジェルズの方針で、外野などの守備にはつかない、と決まってます。

守備をしないとなると、指名打者(DH)でしか出場できません。

じっさい、怪我から復帰してからはずっと、指名打者オンリー。

が、エンジェルズにはさ、プホルズ選手という偉大な大打者のおじさんがいるのだ。

年齢的には、そろそろ40歳。

野球の殿堂入り確実の、生けるレジェンド。

大谷くんが来るまでは、ほぼいつも指名打者でした。



昨年オフシーズン、エンジェルズが大谷くんを獲得しようと一生懸命だったころ。

エンジェルズの首脳陣は、偉大なプホルズ選手に、お願いをしてます。

「お願い。日本から、こうこういう選手を獲得したいんだ。その青年は二刀流なので、DHのポストを空けなくてはいけない」

「つうわけなので、悪いんだけど、来期は守備(ファースト)にもっともっとついてね?」

偉大なホームランバッターは、内心どう思ったかは知らないけど、

「いいよ」

と答えたらしい。

おじさん、なかなか大人の対応である。

そしてそのとおり、今年は昨年よりすでに10倍くらいの試合数、守備についています。

おっさん、がんばる。

ちなみに、昨年よりもファーストをやってる今年のほうが、成績はいい(笑)。

負担は確実に増えたはずなのに、不思議よね。



とはいえ、あれです。

大谷くんよりも15歳ぐらいは年上ですし、やっぱりね、疲れるから。

ときどきはDHに置くのも必要です。

大谷くんがピッチャーでも活躍してるときは、問題なかった。

彼は登板日の前後の2試合、事実上のオフというか、試合に出ないから。

そのときにプホルズ選手が指名打者に座るってことで、ちょうどよかったのよね。

でも今の大谷くんは、DHオンリー。

ほぼ毎試合、指名打者(としてしか出場できない)。

となると、プホルズ選手のために、ときどきその座を譲らないといけません。

んなわけで、定期的に大谷くんはベンチスタートになります。

(ベンチスタートのときは、たいがいどこかで代打で登場する。)

ほかにも、

☆ナショナル・リーグのチームとのアウェイ試合のとき
(DH制がないので、その日の投手がそのままバッターボックスに立つ)

☆先発投手が左投げのとき
(わたしはそうは思ってないけど、大谷くんは左腕が苦手ってことになってるので、外されてしまう)

なんかのときも、大谷くんはベンチスタートです。

要するに、思うように出場できない。

怪我が理由とはいえ、本人にとってはストレスでしょうね。

毎日、野球をやりたいのにね。







●そんなわけで、

今日も代打の大谷くんでした。

お互いに点を取り、取られるシーソーゲーム。

やっとエンジェルズが1点を勝ち越した、7回の攻撃。

ランナーは1塁、2塁。

代打で登場して、このぶっ飛んだホームランです。

一気に相手を突き放し、ほぼ試合を決めた3ランホームラン。

いやあ。

凄かった。



何がすごいって、この無理やりな打ち方(笑)。

豪快、というか強引。

ぐうっと思いっきりボールをひっぱたいて、上半身と両腕のパワーで跳ね飛ばした。

この圧巻のアッパースウィング。

動画を見てください、かなりぎゅっ!と強振してるのがわかる。

珍しいよ、こんなの。

ステップほぼなし。

テイクバックもコンパクト。

それなのに、センターまで腕で持っていってる。

それを支える下半身のつよさ。

膝がほとんど、地面につきそうなぐらい。

普段の彼の、力みのないきれいなスウィングとはえらく違います。

普段だと、かるーく気持ちよく振ってる感じ。

誰もが誉める、やわらかでシンプルな天才のスウィング。

だけど今日は、これがメジャーだ! って感じのパワープレイ。

ヽ(*´∀`*)ノ

すげえ。

めったに見られない打ちかたです。

外角高めの、いかにも打ちにくそうな球を、あそこまで飛ばす。

実況のとおり、すばらしいパワーヒッターだよなあ。



これで代打ホームラン、2本目。

エンジェルズの代打ホームランは、2016年に1本。

2017年に1本、記録されてるのみだそうです。

大谷くんひとりで、過去2年に並んだ感じね。

(〃∇〃)



日本人で、メジャーでパワーヒッターというと・・・?

最初に思いつくのは、やっぱり松井選手ですかね。

その松井選手が、メジャー1年目に打ったホームランの数は16本(695打席)。

大谷くんはそのわずか半分にも足りない打席で、今のところ13本。

すごい。

もしも大谷くんが打者オンリーだったら、どのくらい打つのか?

そんな妄想をしたくなるファンが多いのも頷けます。

ヽ(*´∀`*)ノ

でも、ね。

いちおういうと、だから大谷くんが松井選手に近づいたとか、追い抜くとか。

そういうことではないです。

(おそらくあと3本ぐらいは打つでしょうから、数字の上では並ぶかもね。)

シーズンずっと試合に出続けてるからね、松井選手は。

一年間ずっと守備につき、降っても照っても、怪我をしないで出場し続ける。

疲労も、不振も、気苦労もいろいろあるでしょう。

怪我は不本意とはいえ、大谷くんは今のところ投げるほうも守るほうも、満足にやってないからね。。。

その中でのホームランなので、単純に数字だけで優劣は決まらないと思います。

ま。

とはいえ。

わたし的にはやっぱり、ゴジラの記録を抜いた! ってのを見たいですけど(笑)。







●なお

不完全な状態でもなお、大谷くんは今でも新人王の候補です。

(4月デビューが華々しすぎて、その後がどうしても地味に見えますが。)

獲るかどうかは知らない。

ホントに肘に問題がないとして、9月に投手として復帰するとして。

そこからあと1勝、2勝。

できれば3勝、どうかなあ。

チームの頑張りにもよりますね。

今の時点で4勝していますから、あと2勝は積んでほしい。

それで防御率が今ぐらい(3.10で、なかなかいい数字です)。

打者として、打率270以上。

ホームラン15本以上(すでにもう当確かもしれないけど)。

―――くらいなら、新人王いけるかも。



今さら新人でもないけど、でもね。

誰もやったことのない二刀流選手を、どう評価するのか?

どの辺が当確ラインになるのか?

という議論が、MLBで巻き起こることに期待します。

上記の数字は、「投手として」の数字だけ見ると、いまいち物足りない。

「打者として」の数字を見ても、やっぱり物足りない。

だけどその2つを、ひとりの若い選手が同時に成し遂げた、というとき。

その価値を評価するのか、しないのか。

それが楽しみではあります。







●では、

またね。。。

【20/08/2018 01:29】 スポーツ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

09月 | 2019年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。