Showtime!

●il|i(p′Д`;)il|i ・・・

暑いです。

マジで暑いですね。

死ぬかと・・・いや死んでないけど・・・まだ。

アッチィ―――ヽ(´Д`;≡;´д`)ゞ―――!!!!

やさしい人に、

「あと1日、2日すれば涼しくなるから。猛暑はいずれ終わるから。だから、がんばれ」

と言われた。

言われたけど、信じていいの?

本当に?







●いいことが

そういえば、あったんでした。

お友だちが、あまりに不調なので医者に行ったら、胃に穴が空いてるって(爆)。

工エエェェ(´д`)ェェエエ工

ちょっと待て。

(((((((;´д`)))))))

誤解するな。

|||(-_-;)||||||

そのニュース自体は、いいこと、じゃないですよ(汗)。

そうじゃなくて。

念のために精密検査をしたけど、悪性ではない、という話です。

(o´_`o)ハァ・・・

ああ、よかった。

本当によかった。

(〃∇〃)

この年齢になると、洒落や冗談ではすまないような、深刻な病気にかかることもあります。

そういう年代です。

他人事ではないだけに、ひとまず大丈夫そうだ、と聞くとほっとします。

病気があることに変わりはないけど、ほら。

治るんだから。

良くなるんだから。

それだけで、明るい気持ちになります。

うれしい。

がんばろうね。







●そして

大谷翔平くん。

この週末は、ニックネームの入ったユニフォームでプレイしています。

そういう企画、いろいろあるみたいね。

彼の場合は 「Showtime」 だってさ。

これを日本語に意訳すると、 「さあ、大谷だ!」 になるんじゃないかと思う(笑)。

※「さあ大谷だ」を検索すると、日本ではいろんな意味で使われ、揶揄されてたのがわかります。



まず、いっておこう。

残念ながら、エンジェルズはあんまり成績が芳しくない。

今日だって、大谷くんは打ったけどさ、チームは負けてます。

あかん。

(((((((;´д`)))))))

故障者が多すぎるのと、投手陣が、とくに中継ぎ陣がダメダメすぎる。

打線はむろん波があるし、右打者ばっかりだとは思うけど、戦えないほどじゃない。

プレイオフ・・・遠いねえ。



本拠地アナハイムでの、アストロズ戦。

相手は優勝候補、つよいです。

大谷くんとバッテリーを組んでいたマルドナド選手が、トレードされた先ですね。

久しぶりに再会して、よほど二人とも、嬉しかったらしい(笑)。

なんだよこれ(笑)。





アストロズの公式ツイッターの画像。

マーティン&ホルヘの試合前らぶらぶショットです。

まるさん、なんなんですかねこの顔。

ホルヘ(ことショーヘイ)は、純粋にうれしそうだ。

頼む。

まるさん、シーズンオフにエンジェルズに戻って来て。

一緒に勝とうよ。

(来年ね。)



んで、ね。

この日のエンジェルズの打順です。

3番 マイク・トラウト (センター)
4番 大谷翔平 (指名打者)
5番 アルバート・プホルズ (ファースト)

もはや驚かないけど、大谷くんはふつうにクリーンアップを打ってる。

当然のように。

投手してはともかく、打者としてこれだけ見事に開花すると、誰が想像したでしょう。

わたし。

・・・(笑)。

うそ。



対戦相手は、かのジャスティン・ヴァーランダー投手です。

メジャーきっての名投手。

このあいだ、200勝目を挙げたばかり。

最初にヴァーランダーに当たったとき、大谷くんは手も足も出なかった。

3タコ(三振)くらって、でも嬉しそうにしてましたね。

こんな凄い投手と対戦できるだけで、ものすごい勉強になるって。

2度目に対戦したときは、2塁打を打ったんじゃないかな。











そして今回、3度目の対戦。

第1打席で、2塁打。

これは、泳がされながらうま~くボールを右翼線に転がした、イチローくんみたいなヒット。

こんな小技も使えるのか、という感じ。

このとき打ったのは、ヴァーランダーのチェンジアップ。

第2打席では、初球をかっ飛ばした2ランホームラン!

14号ホームランです。

ヾ(〃^∇^)ノ♪♪♪

同じく、チェンジアップ。

狙っていたというよりも、自然に、打てそうだからバットが出た、みたいに見えました。

いつもの、非常にシンプルなきれいなスウィング。

ほぼセンターに飛んでいくのも、もはや恒例です。



(想像)

おおたにくん 「前回チェンジアップをヒットしたから、今度はチェンジアップでは来ないだろうな・・・」

ばーらんだ 「と、思うでしょ? 前回打たれた球から入る。・・・ってのは、実はセオリーなのよ」

おおたにくん 「あれ、さっきと同じ!? 打てるじゃん! 打っちゃお!」

ばーらんだ 「ええ・・・」

※「前回打たれた球から入る」は、配給のセオリーなんだそうです。

他ならぬ古田敦也さんがいってたから、本当だろうと思います。



うむ。

それにしても、結局エンジェルズは負けてるからなあ。

だめだよね。



ちなみに大谷くん、メジャー2個目のデッドボールを食らいました。

腰・・・というか、お尻の上?

いわゆる報復死球、らしい。

この報復ってのはよくわからないけど、大谷くんが何かしたから、ではない。

前の回あたりに、エンジェルズの投手が、相手方のスターに死球をぶつけてるのね。

アルトゥーベ、昨年のMVP選手。

そっちのほうが、めちゃくちゃ痛そうだった。

それが意図的だった、とはいわない。

いわないけど、それに怒って、アストロズの投手が大谷くんにぶつけたんだろう、と。

憶測じゃなくて、審判がそれを見て両チームに警告してます。

※ぶつけたのはヴァーランダー投手じゃないです。その後のひと。

(((((((;´д`)))))))

報復死球、なあ。

デッドボールって下手をすると、相手の選手生命を断ちかねない。

そこまでいかなくても、怪我にはつながります。

おまけに、ヒットも打ってない相手を、一塁に行かせるわけだから。

味方に不利になります。

どう考えても、デッドボールをわざとぶつけるって、理屈に合わない。

バカじゃないの。

と、思います。

まあ、なんというか、ホントにひどいノーコン投手っているからなあ。

信じられないデッドボールってのは、ある。

腹が立つことも、いっぱいある。

故意かどうかは、誰にもわからないけどね。







●では、

またね。。。


【27/08/2018 01:04】 スポーツ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

07月 | 2019年08月 | 09月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。