うるうる。。。(ρ_;)。。。

●うっかり

超うるうる。。。

。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。

あかん。

おばちゃん涙もろくなってあかんわ。

(ρ_;)。。。

今日の記事は、いつも以上に異常です。

マニアックです。

野球・・・といっても、まあ大谷くんなら人気だしさ。

何をやっても、ふつうに大きなニュースですけど。



でも、今日は矢野謙次くん、なのね。

知ってる人がどのぐらいいるんでしょう。

今日をもって引退した日本ハムファイターズの選手。

代打の切り札。

というと、カッコいいよね。

実際、なかなか勝負強かった。

でも、聞こえはいいですが、要するに控え選手なのだよ。

巨人に入団して、ながいこといて、それから日本ハムにトレードでやって来た。

わたしは最近の、ハムの選手としての矢野くんしか知らない。

小柄で、しかもすごく童顔なので、カワイイ。

くりくりとかわいいんだけど、選手の中ではかなりの年長でした。

あ。

見た目がカワイイ系というだけで、中身は超がつく体育会系だと思う。

直情型、情熱型という意味で。

おにーさんキャラでもある。

大谷くんあたり、かなり可愛がられていた(笑)。



そんな矢野くんが、16年間のプロ生活にピリオドを打ちました。

「16年間、いちどもレギュラーを取れたことがない」

自虐であり、誇りでもあるかもしれない。

レギュラーになれないままで、それでもずっと仕事があった。

それでもずっと契約をもらえてた。

そして、めちゃくちゃに愛されていたよなあ。

他に褒める場所がないから、しょうがなくていうんじゃありませんよ(笑)。

ホントに、ファンはみんな矢野くんを好きだった。

選手も、みんな彼を慕っていた。

その他大勢の、どうでもいい選手じゃなかった。

不思議ですよね。

本当に、なんていうんだろう?

人徳?

持って生まれた周囲を引き寄せる魅力。

そのあたり、この動画を見るとわかります。

(ρ_;)。。。







ファイアーズもそうですが、巨人サイドの錚々たる顔ぶれ。

原監督から、阿部慎之助から、鈴木尚広から(笑)。

エンジェルズの大谷くんがかすむぐらい・・・?







こちらでは、大谷くんとのお立ち台での 「ファイターズ最高!」 が見られます。

ああ、なつかしい。

移籍してきた、いわばよそ者の矢野くんが、毎回でっかい声で叫ぶ、

「ファイターズ最高!」

これが本当に、とても意義があったものでした。

矢野くんの、いちばんのイメージはこれですね。

(*´∀`*)



おそらく、一般的な意味では地味な選手でしょう。

いわゆるスターではない。

16年間のプロ生活で稼いだ年俸は、おそらく大谷くんの5年にも及ばない。

(大谷くんは5年間、日本ハムにいました。)

でも、なんだこれ。

控え選手でありながら、これだけど派手な引退セレモニー。

ファンが泣き、同僚が泣き、監督が泣く。

別れを惜しむ。

あたたかい拍手。

こんな幸せなことってあるんでしょうか。

プロ選手冥利に尽きる、といっていいのではないでしょうか。







うるうる。

。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。







●そんなわけで

もらい泣き。

では、またね。。。


【11/10/2018 02:02】 スポーツ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

11月 | 2018年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。