まさかの (追記あり)

●うれしくないことは

予期しないときにやって来ますよね。

自然災害も、不幸も。

そもそも不吉なので、予期なんかするわけない、ともいえますが。

で、あの。

誰かが死ぬわけじゃないけど、水回りのトラブル。

そう。

トイレの水漏れとか。

|||(-_-;)||||||

そういうのも、唐突にやって来ます。

(((((((;´д`)))))))

あうう。



前のうちでも、真夜中に水道管(温水管)が破裂して、大変なことになった。

キッチンの壁の向こうの出来事で、こちらには何も知らず、何もできなかった。

あれは災難だった。

(うちがというより、下のフロアの住人が。家財ほぼ全損。大家さんも大変だっただろう。)

ほんのこの間みたいな気がしますけど、何年前か。

それに比べたら、まあ今回は小さい。

給水管の水漏れ。

でも、トイレの小部屋はぷち洪水に。

笑えません。

まるっきり。

ひとり大騒ぎして、バスタオル何枚もダメにしました。

まだ新しいのに。

(ρ_;)。。。

(洗ってまた使えといわれても、トイレの床を掃除したタオルとか・・・無理だろう。)



応急処置、つまりタオルとかバケツとかでは、収まらないレベル。

集合住宅でこれはヤバいので、とりあえず元栓を閉めました。

止水栓というやつですね。

わたし的には、これをする知恵があった自分をほめてやりたい。

※前回の経験で覚えた。

ううう。

たしかに、水は止まりました。

ポタポタの音でノイローゼになりそうだったけど、それも止まった。

でも、あれよ。

当然のことですが、家じゅうの水を止めてしまったから、キッチンの水は出ない。

お風呂の水も出ない。

もちろん、トイレもいけません。

お腹がすいても喉が渇いても、こわくて何も口にできない。

トイレに行きたくなると困るから。

そう。

止水栓は、最後の手段。

引き換えに、生活が止まります。

(ρ_;)。。。



さて、業者さん探しです。

これがまあ、見つからない。

本当に見つからない。

なんなのこれ。

どこに電話しても、本日中の対応は難しいといわれる。

「本日、予約が非常にたて込んでおりまして・・・」

近隣のトイレ、みんなぶっ壊れているのか。

週末とはいえ、お昼ごろですよ。

真夜中でもないのに、ひどい。

(--;)

ひとつの業者なんか、いったんは 「午後4時すぎに伺います」 と引き受けておいて、

「渋滞で遅れてる」

「前の仕事が延びて、もうちょっとかかる」

「やっぱり、今日は行けない」

「明日はいつならいるか?」

と、電話がかかってくるたびに言い訳が変わりました。

ひでえ。

※ちなみに、口頭であっても契約なので、これは不履行にあたります。

もう、ね。

腹は立ちますが、どうしようもないじゃないか。

来いといったら来るもんでもない。

いちど仕事を受けておいて、その5時間後に断るのはないよ。

その間、トイレも我慢してるのに?

先約があったのを、断ってうちにいたのに?

やむを得ない事情があったとしても、ひどすぎ。

最初から断ってくれてれば、ほかの業者を探せたかもしれないのに。

。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。



結局もう日が暮れてから、さらに業者さん探しです。

やり直し。

ふう。

よけいに状況が悪い気がしますよね。

24時間対応、夜間サービスをやってるところを探さないといけない。

(((((((;´д`)))))))

電話対応は、おおむねどこもいい。

電話に出ないところもあるけど、そういうのはスルー。

問題は、その先だ。

オペレーターが優秀なところ、そうでないところ。

差がありますね。

たいていはいったん事情を聞いて、作業員を手配するから折り返す、といわれます。

すぐに返事が来るところは、いいのよ。

それがお断りでも、さっさと次に行けるから。

たちが悪いのは、回答がなかなか来ないところ。

必死で探している・・・のかもしれないけど、返事が来ないとこっちも動けない。

それでだめだといわれると、がっかり感がすごい。

|||(-_-;)||||||

便利な時代で、ネットでなんでも調べられる。

ケータイとネットがあれば、どんなサービスでも手に入る。

―――と、そう思いがちですけど、あれよね。

結局のところ、サービスを提供するのは人間なのだよ。

AIに、水道工事はできまい。

とってもマニュアル、とってもローカル。

それを痛感しました。







●で?

どうなったか?

というと、今やっと業者がつかまったところです。

・・・たぶん。

ネット検索でもいろいろ工夫すると、ちょっと変わった結果になる。

全国組織の水回りお助け系サイトじゃなくて、地元の情報。

そこでようやく、同じ区内の業者を見つけました。

近い。

でも、よく見るとうちは対象エリア外(爆)。

例) 同じ港区なのに、赤坂エリアは対象だけど、隣りの六本木エリアは行きません、みたいな。

極端な地元密着型みたいに見える。

ダメ元で電話をしたら、あっさりと? 承諾してもらえました。

おお。

来てくれるのか。

ホント?

頼むよ。







●というわけで

作業員が無事に来てくれることを祈る。

もちろん、修理があっさり終わることを祈る。

では、またね。。。



<追記>

作業員さん、来てくれました。

水、やっと止まった。

やれやれ。

なんとか水漏れの原因を特定し、給水管を取り換え、パッキンを取り換え。

その他よくわからないけど、まあ、いろいろ直したようだ。

ようだ・・・(笑)。

電蝕がどうのいわれたけど、それは大丈夫だったらしい。

ああよかった。

(^~^;)

いつも思うけど、こういうのって素人には判断がつかないから、あれだよね。

マジなのか、コワいこといってぼったくられてるのか、正直わかりませんよね。

Captive audienceというか、うなずくしかない。

信じるしかない。

愛想のいい、テキパキしたお兄ちゃんだったので、とりあえずは信じよう。

うむ。

ほっとしました。

まるまる一日ご飯を食べてないので、マジおなかすいた~。

では、また。

23:05更新

【17/11/2018 21:46】 雑談☆日々のあれこれ | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

01月 | 2020年02月 | 03月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。