究極のワケワカラン☆彡

●ぼへ

と、わたしたちは呼んでいます。

『ボヘミアン・ラプソディー』、略して「ぼへ」。

ぶ。

(´艸`*)

ぶふふ。

*:.。☆..。.(´∀`人)

あまりに変すぎて、つい口にしてしまふ。

もとは、いうまでもなく、クイーンの曲のタイトルです。

今だとどうしても、映画のタイトル扱いですけどね。



この曲。

クイーンの代表作であり、代名詞であり、超がつくほど有名であり。

もちろん、名曲です。

あらためてYouTubeで聴いたひとも多いと思いますが、あれだよね。

今きいても、いつ聞いても、へんな曲だ。

(´-`).。oO...

うふ。

※誉めてます。

ワケラカラン。

空前絶後。

ごった煮みたいにいろんなフレーズが、アイディアが、キラキラ輝く音のカケラが飛び交う。

詰め込みすぎ。

オマエハナニヲイイタインダ。

くらくらする。

混乱しつつ、あのきらびやかなコーラスに、旋律に酔う。

ほとんど悪酔い、かもね。

(´艸`*)

あのめくるめく躍動感と、テンポのよさと、メロディと響きの美しさ。

ワケワカラン感、たっぷりなのに。

ホント、へんな曲だ。

最初に聞いたときは、なんじゃこりゃ、と思った。

今も思います(笑)。

でも気になる。

でも好き。

一度きいたら、忘れられない。

耳に残る。

(^~^;)



ぼへ、がリリースされたのは、なんと1975年です。

※香藤くんの生まれた年だね。

※わたしは当然ながら生まれていましたが、まだピヨピヨした・・・ランドセル女児。

今から、なんと43年前。

ほぼ、半世紀前!

いいですか。

1975年。

この年にリリースされた曲を、ウィキ先生からランダムに引っ張ってきました。

中島みゆきの「時代」。

イルカの「なごり雪」。

子門真人の「およげ!たいやきくん」。

五木ひろしの「千曲川」。

布施明の「シクラメンのかほり」。

さくらと一郎の「昭和枯れすゝき」。

ダウン・タウン・ブギウギ・バンドの「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」。

沢田研二の「時の過ぎゆくままに」。

キャンディーズの「年下の男の子」。

ォ━━(#゚Д゚#)━━!!

うひゃ、なつかしい。

知らないのもある。

名曲と呼ばれるものも多い。

が、今きいても斬新だと思う、いいと感じる、今の若い世代にもうける曲があるか?

と考えると、ちょっと微妙な気がします。

古い、と。

そう感じてしまうのは否定できない。

でも、ぼへは違う気がするのよ。

もっと普遍的な、時代を超えたパワーがあると思うのです。

個人の見解ですが(笑)。







●それにしても、

映画ボヘミアン・ラプソディー』ブームが、すごい。

クイーンの、何度目? 三度目のブームかな。

さすがに、マスコミで騒がれてますね。

とうとうNHKのクローズアップ現代でも、取り上げられたとか。

うは。

(´∀`σ)σ

興行収入もすごいが、動員数がすごい。

右肩あがり。

封切の最初の週よりも、次の週末。

2週目よりも3回目の週末、3回目よりも4週目。

と、どんどん数字が延びているそうです。

いうまでもなく、こんな映画はめったにない。

ふつうは初週が最高値で、そこから徐々に減っていくから。

ぼへ、の場合は話題が話題を呼んでいる。

そして、小鳥さんやわたしみたいに、

「また会いたい。フレディに会いたい」

と、ね。

そう。

フレディ(と仲間たち)に会いたくて、いても立ってもいられない。

時をおかずに、映画館に何度も足を運ぶファンがいる。

オバチャンだけじゃなくて、若い世代もね。

ライブエイドを、だね。

あれを(追)体験するために、また行く。

映画館がコンサートホール、なのだね。

ウェンブリーだといってもいい。



これはわたしの勝手な憶測ですが、たぶん、ね?

仮にこの映画のDVDが発売されても、それでも、みんな映画館に行くんじゃないかな(笑)。

いや、もちろん、DVDは買うのよ。

Extended versionが出るという噂もあるし、当然、買う。

(映画ではカットされたシーンや、ライブエイド完全コピー版が収録される予定。らしいよ。)

うちのPCで、きっと毎日のように見る。

それでも、映画館でやってる限り、そっちで見たいんじゃないかなあ。

だって、映画館はアリーナなんだもの。

ライブ感がちがう。



若い世代が、この映画に感動するという。

(//∇//)

いろんな理由があるだろうけど、おそらく、あれだ。

あの頃の過剰なロッケンローラー(笑)の時代を知らないから、それが新鮮なのだと思う。

栄光と孤独と、めちゃくちゃな私生活。

最近のミュージシャンはお利口さんで、極端に羽目を外して自滅したりしないもんね。

それと、ライブ感。

音楽や映画を、PCの画面どころか、今はスマホの小さな小さな画面で見る。

もちろん全部、YouTubeなどの動画サイト経由だ。

それが普通、って子は多い。

今の子はテレビですら、あんまり見ないらしいから。

クイーンのライブエイドでのパフォーマンスだって、もちろんネットで見られる。

知った気になるのは易しい。

それがデフォだとしたら、そりゃあ、映画館で観たら仰天するでしょう。

迫力がちがう。

映画自体、意図的に、観客がウェンブリーにいる錯覚に陥るように撮られているしね。

あの臨場感に、圧倒されるのだと思います。

凄いもん。

あのド迫力を知ってしまったら、ちっちゃな液晶画面で満足するわけがない。

だから、また映画館に行くんだと思います。







●アメリカでも

記録を更新しましたよ。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』の全米興行収入が音楽伝記映画カテゴリーの歴代1位に!

まだまだ、数字は伸びるでしょう。

さすがクイーン

さすがフレディ。

ブライアン・メイが明かす、実はカット寸前だった『ボヘミアン・ラプソディ』のあのシーンとは? 「あれが残るようにロジャーと戦った」

あう。

ブライアン、すき。

(´∀`σ)σ






●最後に

これには笑った。

キュート。

ホンモノの4人は、きっとこんなことはしなかったと思う(笑)。







では、またね。。。



【08/12/2018 05:15】 オペラ・演劇・映画 | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
Tokyo station clock
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

11月 | 2018年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。