ぼへ雑感

●みなさんの

たくさんの拍手と感想、ありがとうございます。

コメントはいつも嬉しく、たのしく読んでいます。



このところはもちろん、『ボヘミアン・ラプソディ』ですね。

※公式では『ボヘミアン・ラプソディ』なんですけど、なぜか、いつも長音記号つけちゃう(汗)。

見たよ! 行ったよ! というご報告がいっぱい。

ヾ(*´∀`*)ノ

(行きたいのに行けない! という嘆きも。いいですか、何を措いても、見てください!!)

ホント、ありがとうございます。

みなさんの感想ね、とても楽しいです。

(//∇//)

ファンじゃないのに、行ってハマった! というひと。

昔から大ファンで、涙が止まらなくて大洪水になったというひと。

息子さん、娘さんと一緒に見に行って、一緒に盛り上がったというひと。

声が嗄れるほど歌った、というひと。

ヾ(*´∀`*)ノ



みんなそれぞれ、どこか心を動かされる。

クイーンにとくに興味なかったけど、映画を見たら知ってる曲ばっかりで驚いた」

という声も。

それはねー。

わかるわ。

ヒット曲、本当に多いのよね。

CMやドラマで使用されるから、無意識に覚えてる曲もけっこうあるしね。

あと、わたしたちの世代だと、ほら。

ベストヒットUSAとか、そういう番組を見て、聴いてるじゃない?

ミュージックトマトとか。

だから、自然とクイーンも聞いてるんだと思います。

自分たちのお目当てが、別のバンドや歌手だったとしても。

(´∀`σ)σ



かくいうわたしも、クイーンファン・・・ではない、と思う。

もともとは、という意味で。

(^~^;)

昔からのファンを自称できるほど、当時は興味を持っていなかったから。

わたしの場合は、遅れてきた洋楽ファンです。

最初に意識して聞いて、好きになったのがカルチャー・クラブ。

と、デュラン・デュラン。

あはは。

絵に描いたようなミーハー路線ですよね(笑)。

(´艸`*)

王道といえば、王道だわ。

で、どういうわけか、たどり着いたのがデイヴィッド・ボウイ。

☆⌒└( ̄・  ̄*)♪

グラムロックの時代を知らない、80年代のボウイファンです。

(あとで、さかのぼるように彼の以前のアルバムを聴いて、若いころの異様さにびっくり!)

わたしにとってのボウイは、スーツを粋に着こなしたダンディーなおじさんだから(笑)。

当時はマイケルジャクソンも、おかしくなる前でホントにかっこよかったなあ。

ちなみに、リック・アストリーも好きだった。。。

(生まれてはじめて行った洋楽のコンサートが、リックでした。うひ。)

これはひょっとして、黒歴史なんだろうか(笑)。

(--;)



この路線のどこにも、クイーンはいない。

いないですね。

当時のわたしが、リアルタイムで聞いたはじめてのフレディは、あれだよ。

「I was born to love you」 まさに、これ。

https://youtu.be/yR0YjRfkQPk

クイーンではない、ソロの曲です。

曲がすばらしくて、素晴らしすぎて、声が美しくて、すさまじい衝撃だった。

と同時に、あのヘンテコなPVに・・・えっと。

引いた、かな(汗)。

こんなにあからさまにゲイゲイしいビデオって・・・なのにゲイと認めてないって・・・(汗)。

すみません。

(´∀`σ)σ



そんなわたしは、小鳥さんに引きずられてクイーンを聴くようになった。

ファンになっていったのだと思います。

どうやら、ブライアン・メイのファンみたいだけど(笑)。



クイーンのいいところ。

・・・いや、たぶんわたしに語る資格はない。

ないけど、ヘンテコなバンドであったのは間違いないよね。

異色。

オンリーワン。

大人気で、ヒットメイカーで、でもどこかイロモノだったんじゃないかと。

そんな気がします。

映画の中で、フレディ(ラミ)がいってますよね。

We are four misfits who don't belong together, playing for other misfits.

・・・たしか、こんな感じのセリフ。

意訳しますが、

俺たちは社会にうまく適応できないはみ出し者で、お互いに共通点も何にもない。

そんなおかしな俺たちが、俺たちと同じような社会不適応者のために音楽をやってる。

こんな感じ?

日本語にするのはむちゃくちゃ難しいなあ。

フレディの自称が 「俺」 でいいのか、それすら自信ないわ。

ともあれ。

これが彼らの存在理由だとしたら、あれだ。

そりゃあ、他のロックバンドとちがって当然だ。

立ち位置がちがう。

目指すものがちがう。

んね。



これは私見ですが、クイーンの曲に社会への怒りはあんまり感じない。

社会の不条理さをからかうような、皮肉や笑いに変えてしまうところがある。

あざといことをして見せて、周囲の反応を面白がっている。

これは憶測なんですけど、彼らって、ほら。

わりと珍しいと思うけど、お勉強ができるんだよね。

学がある、のだ。

大学を出て、それぞれふつうに就職する・・・道もあったんだと思う。

(ブライアンみたいに、博士論文を書くか、ロックスターになるか迷った変なひともいるし。)

だけど彼らには音楽があって、音楽の道を選んだ。

社会のはみ出し者かもしれないけど、自ら選んではみ出したところがある。

そういう意味で、世の中のいわゆる不適応者とは、ちょっとちがうんじゃないかと思います。

真の変わり者(笑)。

クイーンが変で、ほかのロックバンドとはちがう理由。

その辺にあるんじゃないかなあ。

うふ。



もうひとつ。

クイーンにリーダーがいない、というのもおもしろいよね。

もっとも民主的なバンド、とかいわれてる。

フレディを 「クイーンのリーダー」 と書くジャーナリストは、クイーンを知らない。

―――というのは、クイーンファンの間では定番のネタらしい。

さもありなん。

そのあたりは、映画でもきちんと描かれていると思います。

フレディは、舞台でどんだけ派手にふるまおうと、実はあんまりインタビューとか応じない。

好きじゃないみたい。

そういう広報的なもんは、ブライアンとロジャーが担当してた。

経済的な、ロジスティック的なものはジョン。

音楽は、みんなが書く。

歌も、ほぼ全員がうたう。

フレディは・・・あれ・・・?

オタサーの姫、みたいなもんだったりして(爆)。

※冗談です。







●なんか

まとまらないので、おわり。

|||(-_-;)||||||

では、またね。。。


【09/12/2018 17:43】 オペラ・演劇・映画 | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

09月 | 2019年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。