ぼへ雑感 2

●毎日、まいにち

よく飽きないよなあ、と。

自分でも思うぐらい、いつも動画を見てます。

探してます。

(^~^;)

映画 『ボヘミアン・ラプソディ』 の予告動画。

(とっくに始まってるのに? と思うでしょうが、それでも新しいバージョンが出来てるのだ。)

キャストやスタッフのインタビュー映像。

スコットランドだろうが、アイルランドだろうが、アメリカのチャットショーだろうが。

イタリアのとか、オーストラリアのとか。

通常インターネットで見つかるものは、ほぼ見尽くしたかも(笑)。

(//∇//)

そしてもちろん、クイーンそのものも。

こちらも、大量にネットに情報がありますからね。

過去の映像とか、どっかの国でのテレビ番組とか。

えらい古いインタビューとか、いくらでも探せる。

映画がきっかけで、なんというか。

クイーンという、ほぼ半世紀前に結成されたロックバンドについて、今さらお勉強をしてる感じ。

変な感覚です(笑)。



ホント、映画が公開されたのが11月でよかった。

うん。

11月ともなれば、野球のシーズン終わってますからね(笑)。

今年はだいたい大谷翔平くんと、歴史家の磯田道史センセを中心に。

ネットを徘徊してましたけど、いつの間にか、ぼへ一色に。

あはは。







ラミ・マレックのインタビューは、そらもう山ほど見た。

全部たしたら、数時間になるかもしれない(笑)。

上の動画は、その中でもわりと好きなほうです。



ラミの、いいところ。

非常に頭がいい。

どれだけ本を読んだのか?

どういう教育を受けたのか知らないけど、とても語彙力がある。

すさまじい、というべきか。

フレディのステージ上のパフォーマンスを 「levitates off the ground」 とか例えてるけど。

こんなこと言えるひと、めったにいないっしょ。

ふつう芸能人のインタビューでは登場しないであろう、豊富な表現力があります。

(フレディ自身がきちんとした教育を受けたひとなので、そういうのは評価するんじゃないだろうか。)

そして謙虚で、絶対にインタビューなどで調子に乗らない。

映画がこんだけ世界中で話題になって、大ヒットして。

彼自身にも、アカデミー賞ノミネーションの話すら出ていて。

ちょっとぐらい有頂天になっても許されると思うけど、とても冷静です。

共演者や、お世話になったというスタッフを、かならずフルネームで呼ぶ。

身内トークにしない。

それは視聴者への礼儀でもあるし、名前を挙げることで、その彼らのPRにもなるから。

なんだろうなあ。

シャープで切れるタイプじゃなくて、しゃべる前に一瞬タメをつくって考えるタイプ。

思慮深い。



この映画の前に、ラミ・マレックという名前を知ってたか?

いや。

知りません。

誰だよ、というのが正直な第一印象でした。

でも、それでよかった。

なんの予備知識もなく、まっさらな心でラミ=フレディを体験できたからね(笑)。

予断がなくて、ホントよかった。

この映画でブレイクして、どんどん活躍するでしょう。

※今まで無名だったわけじゃないけど。

いいことだ。

それはたぶん、他のキャストにもいえますね。

楽しみです。







●などと

つらつら考えています。







うは。

では、またね。。。



【25/12/2018 23:30】 オペラ・演劇・映画 | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

09月 | 2019年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。