Snub after snub after snub...

●今日は

寒い? 暑い?

それとも、なんかが降ってる・・・?

(^~^;)

という、なんか変なお天気が続いてますね。

週末は気持ち悪いぐらいぬくかった。

ああ、花粉が飛ぶなあ、と絶望的に思ったぐらい。

その後、きゅんと冷えた。

あぐぐ。

冷えるのはいいけど、今度はだ。

まさかがあんなに降るとは、まったく予想だにしてなくって。

通勤の途中、すっかり濡れました。

ぐえ。

カラッカラに乾燥してるから、はほんとうはありがたいんだろうな。

あんまりそうは思えないけど。



そして、おいおいおい。

週末は、なんなんだ?

せっかくの三連休ですが、なんか暗雲が立ち込めている・・・(汗)。

(((((((;´д`)))))))

【動画解説】極渦崩壊 日本列島へ 日米寒波の原因は

きょくうず。

まったくもって、初めて聞いた言葉です。

ナニソレ。

きょくうずの崩壊。

あーそうかい。

ウェザーマップのお姉さんによれば、つまり、あれだよ。

ふだんは北極圏のあたりにとどまってるはずの、超絶つめたーい空気。

そいつがどういうわけかぶっ壊れ、その破片がバラバラと南に、南に下りて来てる、って。

そういうことみたいです。

えらい迷惑だわね。

誰が壊したんだよ。

先週、アメリカ中西部が大変なことになってましたよね。

超!強烈な寒波が来て、ありとあらゆるものが凍ってた。

いいですか。

世界最高峰エベレストの山頂部の気温が、マイナス30度とかです。

イリノイ州とか、ミネソタ州では、先週の気温がマイナス30度とか、マイナス40度。

エベレストより寒い

いや、このレベルになるとたぶん寒いんじゃなくて、痛いだろうな。

市民生活に多大な影響が出たのは、いうまでもありません。

|||(-_-;)||||||

で、そのマイナス30度の世界が、週末の日本にもやってくる、と。

こわれた極渦が、北海道あたりに漂ってくると。

そういうことみたいです。

まじか。

やめてください。

(--;)



ちなみに>>

大学時代、アメリカ中西部にちょっといました。

一年ぐらいだけど。

途中まで、イリノイ州の大学に留学してました。

そのおかげで、中西部はとてもなじみがあります。

イリノイだけじゃなくて、ミネソタも、オハイオも、アイオワも、ウィスコンシンも。

あのあたりはひととおり行ったんじゃないかなあ。

ザ アメリカの田舎です。

途方もなく広くて、途方もなく田舎で、途方もなく・・・いや、良かったなあ。

夏は、最高気温が40度くらいにもなる。

死ぬほど暑いけど、湿気が少ないので意外と暮らしやすい。

冬は、気温がぐんと下がる。

マイナス10度とか、そのぐらいは体験したと思います。

十分に、衝撃でしたよ。

ほんのちょっと外に出るだけで、指が痛い。

耳が痛い。

まつ毛も、鼻の中も凍る・・・(笑)。

南関東平野部、海岸沿いの温暖な気候で育った人間には、驚異の世界でした。

あれが、マイナス10度。

マイナス30度とか、いったいどんな世界なのか。

まさに想像を絶します。

ぐえ。







●らみ

うほほ。

ジョー(ジョン)のスピーチがいい。

すごく。

ボヘミアン・ラプソディ』は、もっと評価されていい。

ラミ・マレックは、さすがにというか、ちゃんと評価されてるから心配してない。

静かにみなぎる自信が見えます。

うひ。
















●では、

またね。。。


【06/02/2019 23:58】 オペラ・演劇・映画 | Comments (0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
雑想記☆カウンタ
(counting since 3 Dec 2006)
ゆすらうめ☆カレンダー
降順 昇順 年別 プルダウン

11月 | 2019年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ゆすらうめ☆タグクラウド

プロフィール

藤乃めい

Author:藤乃めい
ロンドン在住の自称☆ヘタレ甘々ほもえろ字書き(兼エッセイ&レビュー書き)。別名=ましゅまろんどん。

2008年秋より、出向で六本木に島流し中。

純愛☆官能大河ドラマ『春を抱いていた』をこよなく、果てしなく愛してます(笑)。岩城さん至上主義。寝ても醒めても岩城京介氏のことしか考えられず、日常生活に支障が出ることもしばしば(爆)。・・・いや、マジで。

常に人生破綻の危機に怯えつつ、今日も愛の溢れる純文学☆ほもえろ道の探求に精進してます(笑)。

ブログ内検索
案内板




『春抱き』を大好きな方なら、どなたでもご自由にお持ち帰りください。リンク用バナーではありませんので、ご連絡不要。直リンクはご遠慮くださいね。